Web音遊人(みゅーじん)

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

ピアノの練習を続けていると、さまざまな悩みが生まれてくるもの。多くの人が陥りがちな「あるある」な悩みと、その対処法をお届けします。

Q1.短い練習時間でも効率よく上達できる方法はありますか?

A.ひょっとして、曲を練習するときに、いつも最初から弾き始めてしまっていませんか?そうすると、時間がない場合は前半部分の練習だけで終わってしまい、なかなか最後まで進まない。その結果、イントロとか曲のアタマばかりがうまくなってしまうんですよね。多くの人が陥りがちです。
時間がないときは、エンディングから練習するとか、2小節、4小節ごととか、短い単位に区切ってすることをおすすめします。そして、時間が多くとれる日に通してやってみる。そうすることで上達の度合いが変わってくると思います。
曲の途中から弾く練習はとても大事です。たとえ間違えてしまっても、戻ってこられるポイントが多くなりますから。そのポイントが多ければ多いほど、ミスも減ります。ぜひ、途中から弾く習慣をつけましょう。

Q2.苦手な箇所を抜き出して練習するのですが、通しで弾くとうまくいきません。どうしたらいいですか?

A.どのような練習をしているか、またどんなところを間違えるのかによって細かい対処法は変わってきますが、まず指使いがきちんとできているか、確認しながら練習することが必要だと思います。正しくない指使いでやっていると、いつもそこだけ間違えてしまうだけでなく、その間違った指使いが癖になってしまいますから。
あと、片手ずつ練習することも大事です。それから両手のタイミングが合っているかどうかを確認します。合っていなかったら、ゆっくりなテンポで練習しましょう。そして、そのテンポで曲を通して弾けるようにしてから、徐々にテンポを上げていきましょう。こういう練習に時間をかけると上達は早くなると思います。

Q3.「演奏は気持ちを込めて」と言われますが、どう弾けばいいのでしょうか?

A.ピアノを使って曲の世界を表現する、という意味では、私たちが常に取り組んでいることなのですが、そこに「気持ち」や「感情」といった言葉が入ると、急に難しく感じてしまいますよね。
例えば「怒り」がテーマの曲を弾くとします。「怒り」だからといって、自分の怒りに任せて鍵盤を叩けば良いわけではなく、どう怒りを表現するかがポイントです。どんな種類の怒りなのかを考察し、強い怒りならフォルテやアクセントを、沈黙する怒りならスラーなどのアーティキュレーションを演奏しわけることが大切です。しっかりと楽曲解析をし、講師と相談し、たくさんインプットしていきましょう。

Q4.やる気が落ちてしまったときに、モチベーションを上げるいいアイデアは?

A.鍵盤に触れることに飽きたり、辛くなったりしたら、無理することはないと思います。演奏から離れて、いろいろなことをやってみましょう。例えば、音楽理論をさらってみたり、ピアノの仕組みについて調べてみたり。そういった勉強や研究は必ず演奏に反映されます。また、おいしいものを食べに行くとか、気分転換も大事ですよね。レストランでいい音楽が流れていて、思わぬかたちでインプットができるかもしれませんよ。モチベーションの低下は、インプットが足りないときに起こりがちなので、いろいろと行動を起こしてみましょう。
近いうちに発表会があるとか、明確な目標があると頑張れますが、そうでない場合にどうするか。特に中級者や上級者になると、目標達成までのスパンが長くなりますから、いろいろなアプローチでモチベーションをキープしたいですね。

協力:ヤマハミュージックレッスン 吉澤裕司 講師

楽器に関する疑問・質問大募集!

音楽情報誌「音遊人」とWebマガジン「Web音遊人」では、楽器に関する疑問や質問を募集しています。ぜひ、お聞かせください!
詳細はこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 小沼ようすけ

今月の音遊人

今月の音遊人:小沼ようすけさん「本気で挑まなければ音楽の快感と至福は得られない」

18186views

音楽ライターの眼

ロシアン・ピアニズムに育まれた異彩を放つイタリア出身の俊英/エマニュエル・リモルディ ピアノ・リサイタル

1088views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

17034views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

19641views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12705views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

788views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4790views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7739views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

17254views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

5052views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3690views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24664views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2937views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7611views

音楽ライターの眼

英国スペース・ロックの君主ホークウィンドが新作『ソムニア(夢)』を発表

733views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

6111views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

8306views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

4967views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

6053views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

3433views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

22777views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4738views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20823views