Web音遊人(みゅーじん)

ローリー・ブロックが偉大なるブルース・ウィメンに捧げるアルバム『プルーヴ・イット・オン・ミー』を発表

アメリカの女性アコースティック・ブルース・ギタリスト、ローリー・ブロックが2020年4月、ニュー・アルバム『プルーヴ・イット・オン・ミー』を発表した。

1949年、ニュージャージー州プリンストンに生まれたローリーは、ニューヨークのフォークやミシシッピのブルースのシーンに身を投じ、“生”のギター・スタイルを修得。1970年代からソロ・アーティストとして成功を収め、“ブルース・ミュージック・アワード”を6回受賞するなど、人気と実力を兼ね備えたキャリアを築いてきた。

数多くのオリジナル曲を発表、ソングライターとしても高い評価を得てきたローリーだが、近年、彼女は自作曲よりも偉大なるブルース・プレイヤーの音楽を現代、そして後世に伝える活動に従事している。

過去にもブルースの名曲をカヴァーすることのあった彼女だが、2006年に発表した『The Lady And Mr. Johnson』はアルバム全曲がロバート・ジョンソンのナンバーで占められていた。続いて彼女は直接影響を受けた“メンター(師匠)”シリーズを開始。サン・ハウス、ミシシッピ・フレッド・マクダウェル、レヴェレンド・ゲイリー・デイヴィス、ミシシッピ・ジョン・ハート、スキップ・ジェイムズ、ブッカ・ホワイトの楽曲をプレイするトリビュート・アルバムを1枚ずつ発表している。(ちなみにロバート・ジョンソンは直接面識がないため、シリーズには含まれていない。ブッカ・ホワイトは「一度隣に座ったことがある」程度の関係のため、当初はシリーズに含まれないはずだったが、現在ではシリーズの1枚と見做されているようだ)

それに続いて彼女がスタートさせたのが“パワー・ウィメン・オブ・ザ・ブルース”シリーズだ。

「ブルースは“悪魔の音楽”とされて、男性ですら色眼鏡で見られた。女性が旅をしながらブルースを歌うことに対する偏見は、想像を絶するものだった」とローリーは語っているが、そんな偏見と戦ってきたブルース・ウィメンの音楽と人生へのセレブレーションとして、まず第1弾としてベッシー・スミスに捧げる『ア・ウーマンズ・ソウル/ア・トリビュート・トゥ・ベッシー・スミス』が2018年に発表された。

そして2020年、シリーズ第2弾アルバムとして発表されたのが『プルーヴ・イット・オン・ミー』である。

これまでの“メンター”シリーズと“パワー・ウィメン・オブ・ザ・ブルース”シリーズではアルバム1枚ごとに1アーティストを特集してきたが、今回は全10人のアーティストによるブルース・ナンバーを1曲ずつピックアップしている。

マ・レイニーの「プルーヴ・イット・オン・ミー・ブルース」やメンフィス・ミニーの「イン・マイ・ガーリッシュ・デイズ」など、それなりに知名度のあるブルース・ウィメンの楽曲はあるものの、いわゆるスタンダード曲は無し。1920年代から1940年代にSP盤で発表された曲を中心に選曲している。ヘレン・ヒュームズwithビル・ドゲット・オクテットが1945年に発表した「ヒー・メイ・ビー・ユア・マン」やマドリン・デイヴィスの1928年の「イッツ・レッド・ホット」、ロゼッタ・ハワード、アリゾナ・ドレインズ、ロッティ・キンボローなどなど、豊潤なる女性ブルース音楽への扉を開いてくれるアルバムだ。

もちろん、いずれもローリーならではのフィルターを通したアレンジが施されており、オリジナルにはギターが入っていなかったり、バッキングのみの曲も少なくない。また、彼女のオリジナル曲「イーグルス」も収録されている。

また、全10曲中4曲で“母親の喪失”が歌われているなど、アルバムとしてのトータル性があるのも、本作を単なるカヴァー・アルバムと一線を画する作品たらしめている。

このアルバムを発表してツアーを開始する予定だったローリーだが、新型コロナウイルスの猛威で多くの公演が延期/中止に。彼女は“ホーム・コンサート”シリーズと題して自宅からアコースティック・ライヴを定期的に行い、ウェブキャストで公開している。

今後“パワー・ウィメン・オブ・ザ・ブルース”シリーズでどんなアーティスト、どんな楽曲がレコーディングされるか?楽しみでならない。

70歳を迎えてさらに輝きを増すアコースティック・ギターとヴォーカル。ローリーこそが現代の“パワー・ウーマン・オブ・ザ・ブルース”である。

■アルバムインフォメーション

『プルーヴ・イット・オン・ミー』

発売元:BSMF RECORDS
発売日:2020年4月22日
料金:2,400円(税抜)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人 大貫妙子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:大貫妙子さん「言葉で説明できないことのなかに本当に素晴らしいものがいっぱいある。それが音楽ですよね」

12879views

音楽ライターの眼

連載19[ジャズ事始め]ジャズのフィーリングを体得した穐吉敏子が「フィリピン人のようだ」と褒められたワケ

1585views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

2510views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

177454views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

3296views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

7200views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

15088views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10174views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9309views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

6143views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4378views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21702views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3334views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6450views

音楽ライターの眼

ホワイトスネイクが新編成ベスト三部作の完結編『ザ・ブルース・アルバム』を発表

1849views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

3813views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4862views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

5265views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

6790views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

4244views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

23717views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

1361views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25637views