Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#032 多様な世界観が導いた普遍的な“聴きやすさ”~オスカー・ピーターソン・トリオ『プリーズ・リクエスト』編

2004年、オスカー・ピーターソンの最後の来日となったステージを観ることができました。

その四半世紀ほど前、まだ高校生だったころに一度、来日公演のチケットを購入したことがあったのですが、残念ながら本人の腱鞘炎が悪化したために来日中止となってしまい、ボクのオスカー・ピーターソン体験は保留のままだったのです。

ジャズを聴き始めたばかりの高校生にとってのオスカー・ピーターソンは、とにかく“速弾き”“超絶技巧”で圧倒するピアニストというイメージで、ジャズがなにかもよくわからなかったけれど「いちばん速い」と思われる人の演奏なんだから「観ておかねば!」と考えて、チケットを買ったんだと思います。

その後は異なるスタイルのジャズ・ピアニストたちに魅了されるようになって、オスカー・ピーターソンとは距離を置く日々が続いていたのですが、ジャズのライターとして活動するようになってから観た2004年の彼の雄姿は、四半世紀前に抱いていたイメージとはまったく違うもので、それがまたジャズの奥深さを解き明かすヒントにもなったと思っています。

そんな懐の深いオスカー・ピーターソンの代表作を、聴き直してみましょう。


プリーズ・リクエスト/オスカー・ピーターソン・トリオ

アルバム概要

1964年にニューヨークのスタジオでレコーディングされたアルバムです。

オリジナルはLP盤でリリースされ、A面に5曲、B面に5曲の全10曲を収録。CD化の際も同曲数・同曲順です。

メンバーは、ピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムスがエド・シグペン。

収録曲はアルバム・タイトルから想像できるように、オスカー・ピーターソン・トリオがファンからのリクエストに応えるという体で、耳慣れた曲が並んでいます。

特に、『コルコヴァード』や『イパネマの娘』といった、アメリカでもヒットを記録していたボサノヴァの代表曲を取り上げているところが、ミュージカルやレヴューのヒット曲が中心だったそれまでの“ジャズ・スタンダード集”とは異なっていると言えるでしょう。

“名盤”の理由

とにかく「聴きやすい!」というのが、ボクの本作に対する30年来の評価です。

それ以前の10年ほど、「ジャズってなにから聴き始めればいいの?」と問われたときにボクが勧めていたのはビル・エヴァンスの『ポートレイト・イン・ジャズ』を中心とした作品群だったのですが、「きれいなジャズだとは思うんだけど、なんだか難しいかも……」という反応が返ってくることがたびたびありました。

そうした反応を示す人への代替案として探していた作品のうち、最も評判が良かったのが本作だったのです。

ピアノ、ベース、ドラムスというサウンド・バランスの良いトリオ編成、ブラジル生まれのボサノヴァというポピュラー音楽を含めたラインナップ、スウィング感たっぷりの粋で軽やかな演奏──。ジャズにおけるアフリカン・アメリカンの“主張”が拡大していく1960年代にあって、1920年代の旧き良き伝統を受け継ぎながらもロックが台頭する新しい時代に新しいサウンドをしっかりと取り込んでまとめあげているところが、“名盤”たるゆえんなのだと思います。

いま聴くべきポイント

本作の“聴きやすさ”はいまも変わっていません。

ただ、制作当時の“聴きやすさ”とは、ロックの台頭によってポピュラー音楽におけるジャズのポジションが変化したことと無関係ではなかったはずです。

そしてその結果、本作のラストに置かれている『グッドバイJ.D.』のような、圧倒的な音数を破綻なく躍動的なリズムのなかに溶け込ませるスタイルの演奏を本領としてきたオスカー・ピーターソンの個性を極力出さずに、リスナーのニーズに応じた商業的なアプローチに傾いたアルバムづくりをした(からこそ“商業的”にも成功した)ととらえられていたことは否めません。

しかし、60年を経たいまなら、そうした“色メガネ”を外して、冷静に本作の“聴きやすさ”と向き合えるのではないかと思うのです。

2025年はオスカー・ピーターソンの生誕100年の年。

多様性を先取りしたその演奏スタイルと音楽的思想について、ようやく再評価できる時期が来ていると言えるのではないでしょうか。

そうした再評価のためにも有用なコンテキストを、本作は持ち合わせていると思うのです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

19750views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.14

2797views

楽器探訪 Anothertake

ピアニストの声となり歌い奏でる、コンサートグランドピアノ「CFX」の新モデル

4585views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

19301views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9451views

カッティング・エンジニア

オトノ仕事人

レコードの生命線である音溝を刻む専門家/カッティング・エンジニアの仕事

1855views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

13075views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5257views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11071views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11340views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4467views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24846views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10374views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22082views

壷阪健登

音楽ライターの眼

ジャズの新時代を拓く瑞々しいリリシズム/壷阪健登ソロ・ピアノ・コンサート“Departure”

901views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

7560views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7682views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

13911views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2393views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5678views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

23224views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7273views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24846views