Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#032 多様な世界観が導いた普遍的な“聴きやすさ”~オスカー・ピーターソン・トリオ『プリーズ・リクエスト』編

2004年、オスカー・ピーターソンの最後の来日となったステージを観ることができました。

その四半世紀ほど前、まだ高校生だったころに一度、来日公演のチケットを購入したことがあったのですが、残念ながら本人の腱鞘炎が悪化したために来日中止となってしまい、ボクのオスカー・ピーターソン体験は保留のままだったのです。

ジャズを聴き始めたばかりの高校生にとってのオスカー・ピーターソンは、とにかく“速弾き”“超絶技巧”で圧倒するピアニストというイメージで、ジャズがなにかもよくわからなかったけれど「いちばん速い」と思われる人の演奏なんだから「観ておかねば!」と考えて、チケットを買ったんだと思います。

その後は異なるスタイルのジャズ・ピアニストたちに魅了されるようになって、オスカー・ピーターソンとは距離を置く日々が続いていたのですが、ジャズのライターとして活動するようになってから観た2004年の彼の雄姿は、四半世紀前に抱いていたイメージとはまったく違うもので、それがまたジャズの奥深さを解き明かすヒントにもなったと思っています。

そんな懐の深いオスカー・ピーターソンの代表作を、聴き直してみましょう。


プリーズ・リクエスト/オスカー・ピーターソン・トリオ

アルバム概要

1964年にニューヨークのスタジオでレコーディングされたアルバムです。

オリジナルはLP盤でリリースされ、A面に5曲、B面に5曲の全10曲を収録。CD化の際も同曲数・同曲順です。

メンバーは、ピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムスがエド・シグペン。

収録曲はアルバム・タイトルから想像できるように、オスカー・ピーターソン・トリオがファンからのリクエストに応えるという体で、耳慣れた曲が並んでいます。

特に、『コルコヴァード』や『イパネマの娘』といった、アメリカでもヒットを記録していたボサノヴァの代表曲を取り上げているところが、ミュージカルやレヴューのヒット曲が中心だったそれまでの“ジャズ・スタンダード集”とは異なっていると言えるでしょう。

“名盤”の理由

とにかく「聴きやすい!」というのが、ボクの本作に対する30年来の評価です。

それ以前の10年ほど、「ジャズってなにから聴き始めればいいの?」と問われたときにボクが勧めていたのはビル・エヴァンスの『ポートレイト・イン・ジャズ』を中心とした作品群だったのですが、「きれいなジャズだとは思うんだけど、なんだか難しいかも……」という反応が返ってくることがたびたびありました。

そうした反応を示す人への代替案として探していた作品のうち、最も評判が良かったのが本作だったのです。

ピアノ、ベース、ドラムスというサウンド・バランスの良いトリオ編成、ブラジル生まれのボサノヴァというポピュラー音楽を含めたラインナップ、スウィング感たっぷりの粋で軽やかな演奏──。ジャズにおけるアフリカン・アメリカンの“主張”が拡大していく1960年代にあって、1920年代の旧き良き伝統を受け継ぎながらもロックが台頭する新しい時代に新しいサウンドをしっかりと取り込んでまとめあげているところが、“名盤”たるゆえんなのだと思います。

いま聴くべきポイント

本作の“聴きやすさ”はいまも変わっていません。

ただ、制作当時の“聴きやすさ”とは、ロックの台頭によってポピュラー音楽におけるジャズのポジションが変化したことと無関係ではなかったはずです。

そしてその結果、本作のラストに置かれている『グッドバイJ.D.』のような、圧倒的な音数を破綻なく躍動的なリズムのなかに溶け込ませるスタイルの演奏を本領としてきたオスカー・ピーターソンの個性を極力出さずに、リスナーのニーズに応じた商業的なアプローチに傾いたアルバムづくりをした(からこそ“商業的”にも成功した)ととらえられていたことは否めません。

しかし、60年を経たいまなら、そうした“色メガネ”を外して、冷静に本作の“聴きやすさ”と向き合えるのではないかと思うのです。

2025年はオスカー・ピーターソンの生誕100年の年。

多様性を先取りしたその演奏スタイルと音楽的思想について、ようやく再評価できる時期が来ていると言えるのではないでしょうか。

そうした再評価のためにも有用なコンテキストを、本作は持ち合わせていると思うのです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:中川晃教さん「『音遊人』のイメージは、雲を突き抜けて、限りなくキレイな空の中、音で遊んでいる人」

6994views

音楽ライターの眼

連載31[ジャズ事始め]渡辺貞夫が自らのジャズとして打ち立てた3本の軸

1749views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

7447views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

41730views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9647views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

6844views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

19160views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3067views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12878views

ギグリーマン

われら音遊人

われら音遊人:誰もが聴いたことがあるヒット曲でライブに来たすべての人を笑顔に

2081views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5219views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9962views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13339views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

13843views

音楽ライターの眼

連載34[ジャズ事始め]自分だからこそ表現できるジャズをやるしかないと気づいた佐藤允彦が渡米するまで

2430views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4395views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5589views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44534views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

19160views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4649views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

56099views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5379views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29917views