Web音遊人(みゅーじん)

ソロ、室内楽、指揮と多彩な活動を展開するレオニダス・カヴァコスの新たな挑戦

ギリシャ出身のヴァイオリニスト、レオニダス・カヴァコスはブラームスを得意としている。2017年にヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のソリストとして来日したときは、ブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏し、だれのまねでもない、“自分の音”を披露した。カヴァコスはそのときのインタビューで、近年指揮を始めたと語っている。その話題になると、がぜん目の光が増したような感じがした。幼いころから指揮者に憧れていたそうで、指揮に関する話はなかなか止まらず、「すみません、指揮の話になるとヴァイオリンのことよりもたくさん話したくなってしまって……」と苦笑していた。

「昔のオーケストラはそれぞれの音をもっていました。でも、いまはいずれのオーケストラもテクニックは昔よりも優れているかもしれませんが、音の特徴は薄れてきてしまった。私はそれを取り戻したいのです。もちろん、ヴァイオリンでも特別な音を奏でたい」

その指揮に関しては、すでに各地のオーケストラを振り、オファーが絶えない状況だ。

アテネ在住のカヴァコスは音楽一家の生まれで、現在もアテネを拠点にしている。いまは世界中を飛び回る超多忙な身だが、2017/18シーズンは、アムステルダムのコンセルトヘボウと、ウィーン楽友協会のアーティスト・イン・レジデンスを同時に努めている。
そのカヴァコスが2021年10月20日、久しぶりに来日し、東京オペラシティコンサートホールでリサイタルを開いた。プログラムはオール・ブラームスで、ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」、第2番、第3番(ピアノは萩原麻未)。

まず、「雨の歌」が滋味豊かな響きとゆったりとしたテンポで始められ、カヴァコス特有の渋く落ち着いた詩的な世界が展開される。とりわけ第2楽章の「アダージョ」が心に深く響く。第2番はおだやかで明るい空気が横溢する作品で、作曲家がアルプスの山並みを眺めながら曲作りをした様子が伝わってくる。第3番は親友の死が影響し、内省的かつ諦観の音色が色濃く表現されたソナタ。こうした曲想こそカヴァコスの独壇場。ブラームスの重厚で深遠な音色をていねいに紡ぎ、ピアノとの対話をじっくりと進めていく。

カヴァコスの演奏は真のヴァイオリン好きに愛されるもの。派手な動作や華麗な超絶技巧とは距離を置き、作品にひたすら寄り添う。それゆえ、充実感に満たされた一夜となった。

新譜は「ついに登場した!」という思いが募るJ.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」(全曲、ソニー)。カヴァコスの長年に渡る研鑽と研究と分析と「神への感謝」が凝縮した印象深い演奏。何度も繰り返して聴きたくなる愛聴盤の登場である。

もう1枚はピアノのエマニュエル・アックス、チェロのヨーヨー・マとの「ベートーヴェン・フォー・スリー」(ソニー)。交響曲第2番(ベートーヴェンの弟子フェルディナント・リース編にベートーヴェンが修正を施したもの)と交響曲第5番(コリン・マシューズの新編曲)という画期的な選曲。聴きなれたシンフォニーが、3人の名手の手にかかり、新たな生命を帯びたようなみずみずしい作品として蘇り、ベートーヴェンの偉大さを伝えてくれる。

今後もカヴァコスの挑戦に目が離せない。

■インフォメーション

アルバム『J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲)』

発売元:ソニークラシカル
発売日:2022年2月9日
詳細はこちら

アルバム『ベートーヴェン・フォー・スリー~交響曲第2番&第5番「運命」』

発売元:ソニークラシカル
発売日:2022年3月2日
詳細はこちら

レオニダス・カヴァコス オフィシャルサイト

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:下野竜也さん「自分を楽しく表現できれば、誰でも『音で遊ぶ人』になれると思います」

847views

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.3

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.3

2173views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

13333views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

34157views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6652views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

3813views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

18090views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

5256views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

18800views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

8244views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

4436views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25638views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

8415views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11876views

音楽ライターの眼

戦争の苦境、郷愁誘う希望の光/小菅優&佐藤俊介デュオ・リサイタル「第一次世界大戦とクラシック音楽~作曲家に想いを馳せて~」

497views

一瀬忍

オトノ仕事人

ピアノとピアニストの絆を築く、アーティストリレーションの仕事

785views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

8096views

REVSTAR

楽器探訪 Anothertake

いまの時代に鳴るギターを目指し、音もデザインも進化したエレキギターREVSTAR

2940views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

15090views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

6964views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

18595views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3853views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7620views