Web音遊人(みゅーじん)

ロシアン・ピアニズムに育まれた異彩を放つイタリア出身の俊英/エマニュエル・リモルディ ピアノ・リサイタル

鬼才ピアニスト、イーヴォ・ポゴレリチに「彼は並外れた才能の持ち主である」と絶賛されたイタリア出身の俊英、エマニュエル・リモルディのリサイタルが、2021年6月20日、ヤマハホールで開催された。前年からのコロナ禍で日本での公演が4回も中止、延期となり、やっと実現したファン待望のリサイタルである。

リモルディはルーマニア人の母とイタリア人の父との間にミラノで生まれ、ミラノ・ヴェルディ音楽院にてピアノと作曲を学んだ後、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院にて、名ピアニストであり名教師のエリソ・ヴィルサラーゼのもとで5年間研鑽を積んだ。トップ・オブ・ザ・ワールド国際コンクール(ノルウェー)優勝、マンハッタン国際音楽コンクール(アメリカ)グランプリ受賞及び審査委員長を務めたイーヴォ・ポゴレリチより特別賞を授与したことなどをきっかけに、国際的な演奏活動を繰り広げている。

ミラノ大学哲学部で音楽と哲学の関係性についての講座を受け持つ彼のリサイタルには毎回コンセプトやテーマがあり、チラシやプログラムのデザイン、曲目解説に至るまですべて彼自身が手がけ、独自の美意識が貫かれている。バッハ『パルティータ第1番』、シューマン『フモレスケ』、ムソルグスキー『展覧会の絵』という今回のプログラム、一見何の関係もないように感じられる曲目が、リモルディの魔術によってどのように関連づけられるのだろうと興味深く会場に足を運んだ。

今回のテーマは、部分(パーツ)に分かれた作品を統合させる妙にあるようだ。プログラムノートに書かれた「バッハは古典舞曲によって、シューマンはユーモア(フモレスケ=ユーモアのある雰囲気)よって、そしてムソルグスキーは絵画によってそれぞれの部分が互いに強烈に結びついています」という彼の言葉に、演奏への期待が高まる。

穏やかな笑みを浮かべてステージに登場したリモルディ。明るく澄んだ音色でバッハ『パルティータ第1番』が生き生きと奏でられていく。時折ハッとさせられるような対旋律が鮮やかに浮かび上がり、このピアニストの洗練された感性を感じさせる。天上に一歩ずつ向かうようなメロディをのびやかに紡ぐプレリュード、疾走感あふれるアルマンドとクーラント、チェンバロを思わせる音色で優雅に歌うサラバンド、装飾音がチャーミングな2つのメヌエット、エキサイティングなジーグまで、愛、喜び、憧れ、苦しみ、哀しみ、さまざまな人間の情感が舞い踊っているように感じられる演奏だった。

続いてシューマン『フモレスケ』。シューマン自身が「気楽さと機知との幸運な融合」と語っている作品だが、絶え間ない感情の移ろいを多彩なタッチでメランコリックに彫琢していく。音の奔流に呑み込まれそうになりながら、細やかなニュアンスあふれる楽想に魅了された。

後半は、ムソルグスキー『展覧会の絵』。ラヴェルが華麗なオーケストラ・ヴァージョンに仕立て直し、以前は管弦楽で演奏されることが多かった作品だが、近年はオリジナルのピアノ作品としての真価が認められ、力量あるピアニストたちが、ピアノという楽器の幅広いダイナミクスと表現力の可能性を追求した演奏を披露している。

この異彩を放つ若者がこの作品にどのように対峙するのだろうかとワクワクしながら聴いた。彼の魅力は、何と言ってもダイナミックな表現力と色彩感あふれる音色のパレットだ。最初の一音から輝きに満ちた打鍵で、ムソルグスキーの親友だった画家、ヴィクトル・ハルトマンの絵画の世界をみずみずしく描き出していく。激情にかられたような凄まじい強音、それとは対照的な精妙な弱音、幅広いダイナミクスと彩り鮮やかな音色を巧みに操り、終曲の『キエフの大門』の絢爛たるクライマックスに至るまで、恐るべき集中力を発揮し、壮大な音楽で聴衆を圧倒した。

鳴りやまない拍手に応えて、アンコールの1曲目はリゲティ『練習曲 第1巻 第5曲「虹」』。興奮冷めやらない客席に静寂をもたらすかのように、フワッと不思議な浮遊感を感じさせる旋律とハーモニーが会場を満たしていく。さらに拍手が続き、ステージに何度か呼び戻されたリモルディの最後の演奏は、チャイコフスキー『四季 6月「舟歌」』。たゆたうリズムに乗せてロシアの抒情を味わい深く聴かせ、幻想的な余韻を残してリサイタルの幕を閉じた。

日本の浮世絵などの文化・芸術や歴史に興味を持ち、宮本武蔵の『五輪書』に心酔しているというリモルディ。今後は日本での活動をさらに広げたいとのことなので、この類まれな天才ピアニストが次はどんな音楽世界を見せてくれるのか、期待に胸が膨らむ。

 

森岡葉〔もりおか・よう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1974年~76年、北京言語学院、北京大学に留学。著書に「望郷のマズルカ-激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン」(ハンナ)、訳書に「ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話」シリーズ第1巻「ピアニストが語る!」、第2巻「音符ではなく音楽を!」、第3巻「作曲家の意図はすべて楽譜に!」、第4巻「静寂の中に、音楽があふれる」(アルファベータブックス)、共著に「知っているようで知らない エレクトーン おもしろ雑学事典」(ヤマハミュージックメディア)。

 

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

6966views

音楽ライターの眼

ルイ・クープランの魅惑的なチェンバロ音楽を自然体で表現するクリストフ・ルセの妙技

2538views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

12421views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

7906views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12550views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

1806views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

3728views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3425views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10221views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8998views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

5607views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24337views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

6697views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

17635views

音楽ライターの眼

連載16[ジャズ事始め]“上海リヴァイヴァル”を象徴する「上海バンスキング」とアジア・ジャズの序章

1557views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

11927views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

6026views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

15510views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

14936views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3906views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

54367views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3425views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7066views