Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#022 メンバーの死を乗り越えて拓いたピアノ・トリオの深化形~ビル・エヴァンス『ムーンビームス』編

当シリーズ第1弾でも登場したビル・エヴァンスのトリオ作品。

とはいえ、同系統でも続編でもなく、まったく別のピアノ・トリオによる作品、と言っても過言ではないところが、ジャズのジャズたるゆえんだったりするんじゃなかろうか、と思ったりするわけです。


The Bill Evans Trio – Re: The Person I Knew (Official Visualizer)

アルバム概要

1962年5月から6月にかけてスタジオで収録され、オリジナルはA面に4曲、B面に4曲を収めたLP盤でリリースされました。

メンバーは、ピアノがビル・エヴァンス、ベースがチャック・イスラエル、ドラムスがポール・モチアンの3名による編成。

“名盤”の理由

本作の録音データを見ると、ビル・エヴァンスはこの時期に4回に分けてトリオを率いてスタジオに入り、アルバム2作分以上のテイクを残していました。

そのなかからミドル・テンポ以下(クラシック音楽で言うところの“アダージョ”でしょうか)の曲を並べたのが本作で、その耳当たりの良さが本作を“名盤”に押し上げる最大の要因だったと思います。

加えてもうひとつの要因として、トリオのメンバー・チェンジが伝えられ、どうなることかと心配していたジャズ・シーンを納得させる内容だったことがあると思います。

1959年リリースの『ポートレイト・イン・ジャズ』でジャズのピアノ・トリオに革新的なスタイルをもたらしたビル・エヴァンスは、同トリオで1961年2月にスタジオで『エクスプロレイションズ』を収録。同年6月にはニューヨークのジャズクラブ“ヴィレッジ・ヴァンガード”に出演して、当シリーズでも取り上げた『ワルツ・フォー・デビイ』、そしてもう一枚の『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』のライヴ・レコーディングを行なっています。

いま挙げたアルバムはすべて、ベースのスコット・ラファロとドラムスのポール・モチアンとのトリオによるもので、ビル・エヴァンスはこの時期における彼のサウンド・アイデアを具現できる、“最高の自身のトリオ”という異次元のサウンド・システムを手に入れていたのです。

ところが、1961年7月6日にスコット・ラファロが交通事故により世を去るというアクシデントが発生。ビル・エヴァンスは数か月にわたって演奏ができなくなるほどショックを受けたことが、周囲の証言によって伝えられています。

そして、この出来事がトリオに与えた大きな喪失感を、ビル・エヴァンス本人はもとより、ジャズ・シーンも受け容れることができないのではないかと憂慮するような状況だったわけです。

しかし、それは杞憂に終わりました。

ビル・エヴァンスは完全復活──というか、生まれ変わって深化させたピアノ・トリオ・サウンドを提示し、シーンもそれに反応したからです。

その最大の功労者は、当時若冠25歳のベーシスト、チャック・イスラエルでした。

いま聴くべきポイント

チャック・イスラエルは“スコット・ラファロの死がもたらした穴”を埋めたわけではなく、ビル・エヴァンス・トリオを新たなサウンド・システムへと導くきっかけを作った、と考えるべきなのです。

スコット・ラファロによるトリオは、彼のベース・プレイ・スタイルが先鋭的であることを活かす意味もあって、ピアノのメロディとぶつかり合いながら“音楽を成立”させることを厭いませんでした。

これはある意味、ビバップのオリジネーターであるチャーリー・パーカーやバド・パウエルといった“天才”たちが“個人芸”としてやっていたことを、リアルタイムでリミックスしてしまおうという試みだったのかもしれないと思うのです。

そしてそれは、スコット・ラファロというベーシストの“個人芸”を活かした“試み”であり、その“試み”は一定の成果を得ることができたわけですが、彼を失ってなお追い求めるべきものなのかという迷いがあったのではないか──。

ビル・エヴァンスがその試練を乗り越えて、次の“試み”を見つけたことが本作で明らかになったことを、シーンも歓迎したのではないか、と考えてみたわけです。

もちろん、本作全体を覆う“リハビリテーション感”とも表現すべき“ゆったりとした空気感”に共感するリスナーが、いまも昔も多いからなのだろうということを、無視することはできないのですが……。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

Web音遊人 - 牛田智大さん

今月の音遊人

今月の音遊人:牛田智大さん「ピアノの練習をしなさい、と言われたことは一度もないんです」

62797views

音楽ライターの眼

カプースチンを紐付けるためのオーヴァーチュア

3809views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

14148views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20603views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

7936views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

18506views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12775views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10302views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9662views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

7754views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5396views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28594views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16628views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21554views

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

音楽ライターの眼

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

20401views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

2466views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

4590views

楽器探訪 Anothertake

ピアニストの声となり歌い奏でる、コンサートグランドピアノ「CFX」の新モデル

4357views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13383views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

4980views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

95533views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2764views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9422views