Web音遊人(みゅーじん)

沖仁

ギターの多彩な音色が楽しめるデビュー20周年記念アルバム『20 VEINTE~20年の軌跡~』/沖仁インタビュー

ポップス、ジャズ、クラシックから純邦楽まで、各界とのコラボレーションによって、フラメンコギターの世界を広めてきた実力派フラメンコギタリスト沖仁。20代の頃は、「生きたフラメンコ」を吸収しながら日本とスペインを往復して過ごした。自主制作盤の発表から20年。演奏活動はもちろん、楽曲提供、プロデュース、執筆と活躍の場を広げる沖が、デビュー20周年記念アルバムを2022年9月21日にリリース。

頭の中で鳴っている音を形にしたい

スペイン語で「20」を表す「VEINTE(ベインテ)」がタイトルの『20 VEINTE~20年の軌跡~』。自身の作曲によるオリジナル8曲と、カバー2曲の全10曲に、沖の追求する世界が凝縮されている。
「20周年記念ということで何か集大成的なものを、という気持ちもありましたが、それはあまり意識せずに、今、自分の頭の中で鳴っている音を形にできれば最高かなと思いました。シンプルでありながらすごく難しい目標でもあるのですが、一貫するコンセプトとしてはそんな思いがありましたね」
頭の中で鳴っていた音は、「かなり明確に鳴り止まなかった」という。
「その感じはインディーズの頃もそうだったので、それで自分の原点に戻っているようにも思いました。自分がいいなと思える演奏を人に聴いてもらいたい、というシンプルな思いは変わっていませんが、デビュー当時よりは遠くが見えている気もします」

沖仁

それぞれの曲に「なぞかけ」が潜んでいる

オリジナル曲のタイトルが個性的。3曲目の『カジャオ』、7曲目の『ススペ』は、いずれも地名。どのような思いが込められているのだろう。
「カジャオはマドリードの地区の名前で、僕が住んでいた場所です。ススペはサイパン島の町の名で、戦争の爪痕が残る街。でも太陽の光と波と風がすごく爽やかな、穏やかな街で、その印象を自分なりの鎮魂の意味も込めて作りました」
地名のほかにも、別の意味があるという。
「カジャオには”黙っている”という意味もあります。それで、胸の内にある思いを言葉にせずにずっと秘めている男性のストーリーを曲にする、という重層的な作り方をしました。この曲以外にも、いろいろな小説を題材にして作った曲があります。答えは伏せてあるのですが、そんな謎かけも楽しんでいただければと思います」
また本作では、イギリスを代表する作曲家・ピアニストのアレクシス・フレンチ、日本を代表するタブラ奏者のユザーン、スペインで活躍するフラメンコギタリストのアルベルト・ロペスの3人との共演も注目点のひとつ。こうしたコラボレーションから発想されるプロデュースや、ピアノやバイオリン、フルートを加えた味付けにも、沖ワールドがキラリと光っている。

曲によって厳選したギター

レコーディングでは、楽器選びにもとことんこだわった。実際に演奏してみて、別のギターに替えるといったこともたびたびあったという。その中で、カバー曲『Tombo』(沖のソロ演奏)をはじめ4曲で使われたのが、沖のためにヤマハの設計者何木なにき明男がカスタマイズした“FC50 プロトスペシャル”。
「カラッとした部分と、すごく粘る部分と、どんなフレーズにも応えてくれる感じがします。かき鳴らしも得意だし、単音もすごく説得力がありますね」

沖仁
そして、ギターの音色とともにぜひ耳を傾けてほしいのが、フラメンコ特有の、手を叩く「パルマ」。
「パルマはフラメンコギターの次に身近な楽器。パルマがあると一気にフラメンコの香りが匂い立ってくる感じがありますね。今回のレコーディングでも、パルマをどう録るかについて、とても細かくディレクションしました」
このように、現在の沖仁の魅力がぎっしり詰まった、味わいどころ満載のアルバム。
「フラメンコになじみのない方が、ギターミュージックとして聴かれても楽しめるように工夫しています。いろいろな人に、いろいろな聴き方をしていただけるよう、隠れたアイデアがいっぱいありますので、ぜひ聴いてください!」
秋からは、アルバム発売記念全国ツアーも始まる。収録曲が違ったアレンジで聴けるとのことなので、こちらも楽しみにしてほしい。

■インフォメーション

●アルバム『20 VEINTE~20年の軌跡~』

沖仁
発売元:ソニーミュージック
発売日:2022年9月21日
価格:3,300円(税込)
詳細はこちら

●沖仁 デビュー20周年/アルバムリリース記念ツアー ~20 VEINTE [ベインテ]~

日時:2022年11月23日(水・祝)14:30開演(13:45開場)
会場:第一生命ホール(東京都中央区)
料金:6,400円(税込・全席指定)
出演:沖仁(フラメンコギター)、大儀見元(パーカッション)、藤谷一郎(ベース)、須藤信一郎(ピアノ)、伊集院史朗(パルマ/踊り)、山本玲(パルマ/踊り)ほか
詳細はこちら
そのほかのツアー情報はオフィシャルサイトでご確認ください。
沖仁オフィシャルサイト

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ 宮地たか子

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小曽根真さん「音楽は世界共通語。生きる喜びを人とシェアできるのが音楽の素晴らしさ」

21049views

音楽ライターの眼

渡辺貞夫がバッハの難曲に挑んだ『プレイズ・バッハ』を読み解いてみる

5413views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

7249views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

105872views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9846views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4210views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21895views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8898views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9776views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5687views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8164views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24695views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

8867views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18833views

音楽ライターの眼

連載2[多様性とジャズ]マスク着用率が高い日本で“音楽と個人主義”が語れるのかを考えてみた

1883views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

8056views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1544views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

25275views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8004views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4498views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

105872views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10424views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28939views