Web音遊人(みゅーじん)

ラヴェル「ラ・ヴァルス」、ワルツ独り舞台/福間洸太朗ピアノ・コンサート

スペインかぜの大流行が追い打ちをかけて1918年11月、4年余り続いた第1次世界大戦が終結した。戦後間もなく、フランスの作曲家ラヴェルが書いた「ラ・ヴァルス」は、いまだ砲煙が立ち込める中から、古き良き戦前のヴァルス(ワルツ)が浮かび上がってくるような音楽だ。2020年2月16日、ヤマハホールで開かれた「福間洸太朗ピアノ・コンサート」は、福間自身がピアノ独奏用に編曲した「ラ・ヴァルス」をはじめ、様々な原曲を他の作曲家やピアニストがどう解釈し、編曲したかという、トランスクリプションを聴く楽しみを広げた。

名前の「洸」の字の通り、水面にきらめく光のような鮮やかな音色を奏でるピアニストだ。「水の戯れ」という作品もあるラヴェルの音楽にふさわしい。確かなテンポの運びとタッチで、細部の弱音に至るまで旋律をくっきりと描き切る。茫漠とした音響の中から19世紀風のワルツが立ち現れ、狂騒の不協和音の中でダンスが昇華する「ラ・ヴァルス」でも、このピアニストの強みが発揮された。

ラヴェルはヨハン・シュトラウスのようなワルツを主題にした曲を作ろうと戦前から構想していたようだ。愛国心が強かったラヴェル。ドイツとオーストリアを敵国にした戦争を経て、ウィンナワルツへの憧れも変質したか。1920年に書き上げたのは、異様にゆがみながらも洗練と気品を失わないワルツだった。

原曲は3種類あり、「管弦楽のための舞踏詩」としてのオーケストラ版が最も有名。2台ピアノ版もしばしば演奏される。さらにラヴェルはピアノ独奏版も書いた。だが福間は「(独奏版は)かなり音を減らしているので、物足りなさを感じていた」と言う。そこで「オーケストラ版と2台ピアノ版を参考にして、自分なりに音を足した」。そもそもロシア・バレエ団主宰のディアギレフの依頼でラヴェルは作曲したが、バレエに不向きとして拒否された作品。戦時中に母を亡くし、健康を害した経験を含め、ラヴェル個人の複雑な思いが不協和音に込められていると捉えることもでき、独奏にふさわしい曲ともいえる。その独り舞台のワルツを福間は豪華で華麗な装いの編曲で聴かせた。

会場ロビーには、ラヴェル作曲・福間洸太朗編曲の「ラ・ヴァルス」(2019年12月発売)の楽譜の表紙に使用されたレオニード・アフレモフによる「DELIGHTFUL WALTZ」(原寸大の複製画)が展示された。

「雲間から城が見えてきて、舞踏会へと降りていく」と福間は曲の始まりを説明する。戦争とは程遠いロマンチックな解釈だ。演奏はクリアでシャープ。ワルツの旋律を鮮明な音色で浮き彫りにした。終結部も狂乱ではなく、情熱の火花を散らしてスタイリッシュに決めた。

リスト編曲のベートーヴェン「遥かなる恋人に」からワイセンベルク編曲のトレネのシャンソンまで、幅広いレパートリーを弾いた。繊細で柔軟なアーティキュレーションに裏打ちされ、どの曲にもロマンチシズムがみなぎる。「左手のためのシャコンヌ」ではバッハの原曲よりも、明らかに編曲者ブラームスの晩年のピアノ曲の叙情が出ていた。このピアニストが原曲に向き合えばどうなるか。2020年生誕250年のベートーヴェン作品による独り舞台も確かめたい。

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社文化部デスク。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

4856views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

5699views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3198views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

25777views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

13408views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

3507views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7264views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

4420views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13828views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

7098views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

4668views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5028views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5767views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16274views

エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

その夜、バセット・クラリネットは“歌った”|エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団~バセット・クラリネットで聴く、モーツァルト『クラリネット五重奏曲』

3067views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3232views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4662views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

2586views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7264views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

3085views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

24035views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3688views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5028views