Web音遊人(みゅーじん)

富士山河口湖ピアノフェスティバル

辻󠄀井伸行をはじめ世界的ピアニストたちが登場する「富士山河口湖ピアノフェスティバル」がいよいよ開催!

雄大な自然に囲まれた富士山の麓で、ピアノのさまざまな魅力が堪能できる「富士山河口湖ピアノフェスティバル」。2021年にスタートし、新しいカタチのピアノフェスティバルとして注目を集めてきた。
第3回を迎える2023年は、9月15日(金)~18日(月・祝)の4日間にわたって開催。さらにパワーアップしたプログラムが楽しめそうだ。

それぞれに特色ある会場で多彩なピアノの魅力を届ける

「富士山河口湖ピアノフェスティバル」の醍醐味のひとつは、豊かな自然との融合だ。会場となるのは、風光明媚な河口湖を抱き、富士山の雄姿が間近に迫る富士河口湖町(旧河口湖町)。古代ローマの野外音楽堂を模したすり鉢型の客席を持ち、富士山の眺望をバックステージにする3,000人収容の野外大ホール「河口湖ステラシアター」でのコンサートを中心に、逆さ富士の名所にたたずむ「河口湖円形ホール」での100名限定のプレミアム・リサイタル、広々とした芝生に座って気軽に楽しめるピクニック・コンサートなどそれぞれに特色ある会場での公演が予定されている。

富士山河口湖ピアノフェスティバル

河口湖ステラシアター

第1回からピアニスト・イン・レジデンスを務める辻󠄀井伸行をはじめ、世界的ピアニストたちがジャンルを超えて集結するのも大きな魅力だ。
2023年に登場するのは、日本のクラシック界を長年にわたって牽引してきた清水和音、トルコ出身のピアニスト&作曲家として目覚ましい活躍を続けるファジル・サイ、兄弟ならではの息の合った演奏で楽しさ満点の演奏を繰り広げる1台4手連弾のレ・フレール、新進気鋭のピアニストとして人気上昇中の三浦舞夏という豪華なピアニストたち。さらに、日本を代表するバイオリニストの三浦文彰、ウィーンを拠点に世界的に活躍する指揮者ロッセン・ゲルゴフ率いる東京フィルハーモニー交響楽団も出演する。

ピアニスト・イン・レジデンスとして、より一層充実したフェスを目指して尽力してきた辻󠄀井は、今から心がわくわくしていると語る。
「ピアノは、ジャンルに関係なく音楽の中心的な役割を果たせる素晴らしい楽器です。このフェスティバルでは、ピアノ・ソロはもちろん、1台4手連弾、弦楽器やオーケストラとの共演などさまざまなピアノの魅力を、世界で活躍するみなさんによる演奏でお楽しみいただけます」

今回、辻󠄀井自身はソロ演奏のほか三浦文彰との共演、さらに最終日の「辻󠄀井伸行・清水和音ラフマニノフGALA」ではロッセン・ゲルゴフ率いる東京フィルハーモニー交響楽団とラフマニノフのピアノ協奏曲第3番に臨む。
「協奏曲第3番は、ピアノ協奏曲の中でもむずかしいと言われていますが、ラフマニノフの壮大な思いが込められていて、聴き応えのある曲だと思っています。またむずかしいと言われているからこそ、ピアニストとしてはひとつの挑戦だとも思っています」
ラフマニノフ生誕150年の2023年にふさわしく、清水和音は同コンサートでピアノ協奏曲第2番を演奏。ロマン溢れるラフマニノフの人気曲を体験できる贅沢なプログラムだ。

辻󠄀井は「河口湖ステラシアター」でのコンサートでヤマハのコンサートグランドピアノCFXを使用してきた。
「とても弾きやすくて良かったです!ピアノは、簡単に持ち運びができない楽器ですが、ピアノの特徴を生かした、自分らしい音色を追求していきたいと考えています」

富士山河口湖ピアノフェスティバル

河口湖ステラシアター(2022年の様子)

富士山河口湖ピアノフェスティバル

河口湖円形ホール(2022年の様子)

出演者とオーディエンスが一緒に作り上げるピアノフェス

2021年のピクニック・コンサート当日は雨が降っていて開催が心配されたものの、コンサート直前から奇跡のように太陽の光が降り注いだ。そして昨年2022年は天候の影響で、ピクニック・コンサートの日程が翌日に変更された。
「大自然の中で行うフェスティバルならではだと思いました。昨年は急な予定変更にもかかわらず、多くのみなさまにお越しいただけてうれしかったです。また、出演してくださった山下洋輔さんと『ボレロ』の連弾をおこなうなど、みなさんにサプライズのプレゼントをすることもできました。日程変更やサプライズも含めて、出演者とお客様みんなで作り上げるのがピアノフェスだと感じています」

豊かな自然とピアノの多彩な魅力を体感できる「富士山河口湖ピアノフェスティバル」。世界にも類を見ないこのイベントを、ともに作り上げていく歓びを味わってみては?

富士山河口湖ピアノフェスティバル

ピクニック・コンサート(2022年の様子)

富士山河口湖ピアノフェスティバル

河口湖ステラシアター(2022年の様子)

■富士山河口湖ピアノフェスティバル

会期:2023年9月15日(金)~9月18日(月・祝)
会場:河口湖ステラシアター、河口湖円形ホール、河口湖総合公園、河口湖美術館 展望ラウンジ
出演:辻󠄀井伸行、清水和音、ファジル・サイ、レ・フレール、三浦舞夏、三浦文彰 他
詳細はこちら
2022年開催レポート(ピアニスト・ラウンジ)

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤田真央さん「底辺にある和音の上に内声が乗り、そこにポーンとひとつの音を出す。その響きの融合が理想の音です」

14088views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#024 ジャズを“復古”させた圧倒的な才能の歌声~サラ・ヴォーン『枯葉』編

619views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

7019views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

107299views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4589views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

6476views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10160views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5266views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12644views

横浜レンタル倉庫(YRS)

われら音遊人

われら音遊人:目指すはフェス! 楽しみ、楽しませ、さらなる高みへ

872views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4475views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29293views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12169views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8265views

音楽ライターの眼

仮面ライダーも串刺しに、メタルも恋に落ちた名曲、ジョー・ダッサンの「愛の挽歌」

4280views

オトノ仕事人

テレビ番組の映像にBGMや効果音をつけて演出をする音の専門家/音響効果の仕事

1859views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1398views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

13075views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10160views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4433views

エレキベース

楽器のあれこれQ&A

エレキベースを始める前に知りたい5つの基本

2774views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7285views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24862views