Web音遊人(みゅーじん)

REVSTAR

いまの時代に鳴るギターを目指し、音もデザインも進化したエレキギターREVSTAR

バイクをカスタムするように、「自分だけの一本」を

2016年に発売され、イギリス発祥のバイクカルチャー「カフェレーサー」をコンセプトにしたデザインで注目を集めたヤマハのエレキギターREVSTARが、6年振りにフルモデルチェンジ。今回も、その洗練されたデザインに目を奪われる。
そもそもREVSTARがカフェレーサーをデザインに取り入れたのは、「自分だけの一本」という気持ちでギターを手にしてほしかったからだと、初代REVSTARから携わっているマーケティング担当の松本明久さんが明かしてくれた。
「オートバイといえばアメリカンバイクをイメージすることが多いですが、1960年代のイギリスで、カスタマイズして自分だけのバイクを作り上げるバイクカルチャー『カフェレーサー』が流行りました。それがギターにおける『自分だけの一本』というイメージと重なったので、このデザインコンセプトに行き着いたんです」(松本さん)

ユーザーからも高い評価を得ていたREVSTARのデザインだが、商品企画を担当する太田裕介さんによれば、最新のREVSTARは初代の感性を残しつつ、カフェレーサーのバイクの構造的特徴である“平行のライン”をより意識したものになっているのだそうだ。
「カフェレーサーのバイクには、一直線に並ぶタンクとシートが地面と平行なラインを形成するという特徴があるのですが、REVSTARではそれを“縦のライン”で表現しています。今回のフルモデルチェンジではそのラインをより強調するよう、初代よりも濃いストライプを入れたり、逆にうっすらと透かしのように入れたり、あるいはオリジナルなテールピースを付けるなどしています。なかでもサンセットバーストというカラーリングは、右から左へと色が変わっていくデザインなのですが、この方向のグラデーションは他社でもやってなく、2022年3月に市場に出したところ高い評価をいただきました。ちなみに初代ではストライプのデザインはエントリーモデルにはなかったのですが、今回はすべてのモデルで縦のラインがなにかしらの形で入っています」(太田さん)

REVSTAR

(写真左)ボディ中央のストライプが印象的なRSP20 SWB(スイフトブルー)。(写真中)縦方向のグラデーションという、今までになかったユニークな表現を取り入れたRSS02T SSB(サンセットバースト)。(写真右)タンクとシートが一直線に並ぶ、カフェレーサータイプのバイク。

音の進化をデザインでも表現

“縦のライン”にこだわる理由、それは今回のフルモデルチェンジがデザインはもちろん、サウンド面でも最新の音楽シーンに合わせた進化を果たしているからだ。
「昨今の音楽シーンはベースなどの低音がしっかり鳴るサウンドが主流で、それに対してギターはスッキリとクリアで抜けのある音が求められていると感じていました。最新のREVSTARでは音の部分もクリアで抜けがよくなり、また演奏性の部分でも取り回ししやすくなるなど、スピード感やキレのよさが感じられるものに進化しています。今回のデザインには鋭角的な要素がありますが、そういった音の進化を外観で表現したいというデザイナーの意図があったからなんです」(太田さん)
ユーザーからも要望があったという「いまの時代に寄り添うサウンド」を実現するため、今回新たに採用されたのが「チェンバー構造」。ヤマハが誇る膨大なデータと技術が惜しみなくつぎ込まれていると、開発を担当した山中伊顯これあきさんは語ってくれた。
「今回のフルモデルチェンジでは、楽器の本質であるギターそのものの“鳴り”と、演奏に没頭できる演奏性、この2つの両立を突き詰めるため、ヤマハ独自の音響解析を用いて本体構造を根本的に見直し、ギターのボディ内部の一部をくりぬいたチェンバー構造を採用しました。くりぬく形状や位置、深さなど、一つ一つが緻密に計算された構造になっています。また“鳴り”だけでなく軽量化にも寄与しており、身体への負荷を軽減しています」(山中さん)

REVSTAR

本体内部の「チェンバー構造」。くりぬきのパターンの設計、3Dシミュレーション、試作品での試し弾きなど、いくつ もの工程を経て新たなREVSTARの音が誕生した。

REVSTAR

(写真左)ギター戦略企画グループの太田裕介さん。国内営業を経てエレキギターなどの企画・開発に長く携わり、2019年にはギターアンプTHR-IIの企画も担当。(写真中)ギター開発部ギター開発グループの山中伊顯さん。生産技術部門を経て2001年からエレキギターの開発を担当。海外のギター工場駐在も経験している。(写真右)ギターマーケティング&セールスグループの松本明久さん。複数の部署を経て2008年以降はギター部門を主に担当。初代REVSTARのマーケティングにも携わっている。

自分だけのアーティスティックな表現を

ほかにもネックやボディの剛性の向上、それにともなう音質向上を目的としたカーボンファイバー素材使用の新工法や、好みのサウンドが作れることを可能にしたスイッチ群のバージョンアップなど、さまざまな進化を遂げているREVSTAR。プロフェッショナルシリーズ、スタンダードシリーズ、エレメントシリーズの3シリーズ7モデル、23品番という豊富なラインナップが用意されているので、きっと“自分だけの一台”を見つけることができるだろう。

REVSTAR

プロフェッショナルシリーズとスタンダードシリーズでは、音の位相をわずかにずらしたフェイズサウンドも得られる5ポジションセレクターを搭載。初代REVSTARでは3ポジションだったが、多様な音楽や演奏スタイルに対応できるよう新規開発された。

「宣材写真の撮影時、アーティストの方々に好みのギターを自由に選んでいただいたんです。僕らはプロフェッショナルシリーズだけ選ばれたらどうしようと思っていたのですが、意外とばらけて、それぞれが好きな色、ご自身が表現できる音が出せるものを選ばれていました。ですので、実際にお客さまも、そういう選び方をされるのではないかと思いました。リーズナブルなエレメントシリーズでも必要十分な機能が備わっていますので、自分だけのアーティスティックな表現を追求していただけると思います」(松本さん)

多彩な音楽があふれる今の時代だからこそ、自分だけの音や個性を出したいと思う人は多いだろう。そんなプレイヤーたちの思いに、新しくなったREVSTARはきっと応えてくれるはずだ。


Yamaha | Revstar Series Electric Guitars – Introduction

エレキギター「REVSTAR」

新開発の回路システムとチェンバー構造を採用。カフェレーサースタイルのバイクにインスピレーションを受けた、REVSTARの新モデル。
詳細はこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

9471views

音楽ライターの眼

なぜカプースチンは、東西冷戦のソ連でジャズよりもジャズらしい曲を作れたのか?

6666views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

12387views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

47721views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

7602views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

3477views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

11015views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5373views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

12165views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3907views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4517views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25986views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13493views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

11090views

演奏と語りの名手たちが、詠み、演じ、そして踊った。NHK交響楽団メンバーによるストラヴィンスキー「兵士の物語」

音楽ライターの眼

演奏と語りの名手たちが、詠み、演じ、そして踊った。NHK交響楽団メンバーによるストラヴィンスキー「兵士の物語」

4287views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

15449views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

396views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

41390views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10977views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4003views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

41230views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5848views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22098views