Web音遊人(みゅーじん)

ハママツ・ジャズ・ウィーク

スチューデント・バンドから世界の重鎮までが出演、 浜松をジャズ色に染める「ハママツ・ジャズ・ウィーク」

2023年で31回目の開催となる「ハママツ・ジャズ・ウィーク」。それに先駆けてヤマハ銀座店とのコラボ・イベント「スチューデントジャズステージ in GINZA」が行われ、スチューデント・バンドが多数出演した。

銀座にフレッシュな演奏が響く

ようやく秋らしい風が感じられるようになった2023年9月30日(土)と10月1日(日)、ヤマハ銀座店1階のイベントスペースで、高校生のビッグバンドがプロのミュージシャンとのセッションを披露する「スチューデントジャズステージ in GINZA」が開催された。
取材スタッフが観覧したのは、10月1日の午後に行われた茨城県立水戸工業高校「BLUE BEGINNERS」のメンバーたちによるステージ。演奏が始まる前から多くのオーディエンスが集まっていたが、一曲目のハービー・ハンコック『Watermelon Man』のグルーヴィーなイントロが響きだすと、歩行者天国になっていた街中を行き交う人たちも次々と店内に入ってきて、高校生たちのフレッシュな演奏を楽しんだ。
彼らの演奏をサポートしたのは、守屋純子(ピアノ)、納浩一(ベース)、高橋徹(ドラム)の3人。当日は、彼らによるクリニックも開催された。
「技術的なことはもちろん、音楽を通して観客に気持ちを伝えることの大切さを学べたのが大きかったです」と話すのは、BLUE BEGINNERSの部長を務める村上大輝さん。「クリニックで教えていただいたことは、今日の演奏にも活かすことができました」。
ステージではボビー・ティモンズによるファンキー・ジャズの代名詞的ナンバー『Moanin’』、そしてデューク・エリントンの『Take the A Train』の3曲を披露した。演奏が進むにつれてメンバーたちの身体もほぐれてきたのか、どんどん熱が入ってきた。そして演奏後は、観客からの大きな拍手が鳴りやまなかった。銀座らしく、外国からの観光客の姿が目立ったのも印象的だった。

スチューデント・バンド

ステージ前に開催されたクリニック(上)と「スチューデントジャズステージ in GINZA」の様子(下)

そして舞台は浜松へ

「BLUE BEGINNERS」のほか、演奏を披露した開成ジュニアアンサンブル「Super Blue Birds」と千葉県立富里高等学校「THE MAD HATTERS」も、来たる10月14日(土)、浜松市で行われる「ハママツ・ジャズ・ウィーク」のイベント「スチューデント ジャズ フェスティバル」にも出場することが決まっている。
「ハママツ・ジャズ・ウィーク」は、10月の9日間、浜松の街をジャズ一色に染める音楽フェスティバル。アクトシティ浜松のように、世界中から一流の音楽家が集まるホールはもちろん、駅前の広場をはじめ街のいたるところに設けられた特設会場やカフェ、ギャラリーまでがライブ会場となり、プロやアマチュア、世代といったあらゆる枠を超え、ジャズの楽しさを謳歌する。1992年、浜松市の音楽を中核とした都市づくり「音楽のまちづくり」事業のひとつとしてスタートし、31回目となる2023年は10月14日(土)から22日(日)まで開催。最終日にアクトシティ浜松・大ホールで行われる「ヤマハ ジャズ フェスティバル」には、ニューヨークを拠点に活躍するピアニスト、海野雅威が自らのレギュラー・トリオを率いて参加するほか、荻野目洋子がジャンルを超えて活躍するミュージシャンたちとともに一夜限りのスペシャルなステージを展開する。トリは日本ジャズ界最大のリビング・レジェンドといえる渡辺貞夫が率いるビッグバンド「渡辺貞夫オーケストラ」が務め、円熟味に溢れる演奏を披露する予定だ。
ハママツ・ジャズ・ウィーク

左から、海野雅威、荻野目洋子

ハママツ・ジャズ・ウィーク

渡辺貞夫

2001年、ハママツ・ジャズ・ウィーク開催10周年を記念してスタートしたスチューデントジャズ フェスティバルが行われるのは、14日(土)。つまりウィークの初日である。会場はアクトシティ浜松・中ホール。それから始まるジャズに彩られた9日間の扉を開ける重要な役目なのだ。

ハママツ・ジャズ・ウィーク

スチューデントジャズ フェスティバル

ステージの終盤には参加団体の代表者によるスペシャルバンドを結成するなど、参加者同士の交流を促進する企画も予定されている。
「日本中から熱のあるスチューデント・バンドが集まるので、みんながお互いを高め合えるようなステージにしたいですね」と前出の村上さんはフェスティバルに期待を寄せる。
新たな出会いが生まれる舞台は整った。あとは彼らがすべてを出しきって演奏するだけ。浜松に新しいジャズの風が吹くまでもう少しだ。

■第31回 ハママツ・ジャズ・ウィーク

日時:2023年10月14日(土)〜22(日)
会場:アクトシティ浜松、かじまちヤマハホール 、クリエート浜松、珈琲紅茶専門店トゥルネラパージュ、サザシティ浜松 中央広場、キタラ(JR浜松駅北口広場)、ソラモ(浜松市ギャラリーモール)、ステージONE、新川モール、葵広場@浜松出世パーク ほか
詳細はこちら

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:伊藤千晃さん「浜崎あゆみさんの『SURREAL』は私の青春曲。今聴くとそのころの記憶があふれ出ます」

4762views

音楽ライターの眼

ホールの空間を広げるピリオド楽器の“怪”と“快”/珠玉のリサイタル&室内楽 ベートーヴェン初期の室内楽 ~鈴木・小倉・岡本が創る新時代の幕開け~

4772views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4732views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1357views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

6873views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30079views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21641views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6553views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8080views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1210views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8211views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28585views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16624views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21542views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.8

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.8

6320views

オトノ仕事人

テレビ番組の映像にBGMや効果音をつけて演出をする音の専門家/音響効果の仕事

1498views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4108views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

6843views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6685views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5230views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20598views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8768views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24484views