Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

ドラマ『のだめカンタービレ』でピアノの吹き替え演奏を担当し、クラシックに新たな光を当てた清塚信也さん。クラシックのみならず、ジャンルを超えてピアノの魅力を伝え続けている清塚さんにとって、音楽とはどんな存在なのでしょうか。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

物心つく前から家ではクラシックが流れていたんですが、中学生のころに聴いたMr.Childrenの曲が自分から意識的に聴いた最初の音楽です。当時、流行っていた『名もなき詩』が、一番聴いた曲かな。
ポップスって、無駄がないんです。クラシックは、学術的にこうあるべきだという理屈や様式美があって、そういう意味では、ダイレクトに人に響きにくいところがけっこうあるんですよね。でも、ポップスはそういうことを全部省いて、いいところだけを聴かせてくれる。どこを取っても人を感動させられるというか。クラシックをずっとやってきた人間からすると、うらやましいという思いがあったんです。
中学生のときは、コンクールで優勝することだけが目標で地獄のようでした(笑)。でも、3年生ぐらいになっていくつか優勝するようになったとき、自分が何のためにやっているのかを考え始めたんです。やっぱり人から求められたいよなって思いましたね。
コンサートもちらほらやり始めていましたが、クラシックはマイナーだというジレンマもあった。
だから、ミスチルもただ単に“いいな”というのではなく、半分勉強のようにして聴いていたかな。人気の理由を解明したかったし、そこから得ようという思いもあって、毎日毎日繰り返し聴きましたね。

今月の音遊人:清塚信也さん

Q2.清塚さんにとって「音」や「音楽」とは?

音楽がなくなるのは想像できないから、人生なのかなあ。
でも、人間にとっての「音」というのは、本当に不思議ですよね。なんで、こんな音を鳴らして喜んでいるんだろうと思いますよ。ほかの動物に聴かせてもここまで喜ばないし、非常に独特なものだなって。別の生き物にとっては、別の範囲の音が心地よかったりする。セミの鳴き声は求愛行動だけれど、人間にとってはうるさいと感じることもあるじゃないですか。
「音楽」は、特定の生物、特定の周波数で同じようなことをやっているだけのあやふやで不安定な世界だなと、すごく怖くなることもあるんです。たかが人間が好きなだけ。でも、だからこそ、インテリジェンスを感じることもあるんですけれどね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

遊び人(笑)!でも、「音遊人」ってうまい表現ですよね。最初に聞いたときには、やられたなと思いましたね。
僕がサウンドトラックをつくるときには、“音”で“遊ぶ”という感覚に近いんじゃないかと思っています。サントラは音楽ですが、いわゆる効果音でもあって、完全なる音楽からはちょっと外れたところにあるんです。映像に収まりきらなかった心境とか空気感、匂い、そういった直接的な感覚を表す音をつくるのは、言葉遊びみたいなところがありますね。
僕は、曲が書けなくて困ることはほとんどなくて、わりとポンと出てくるんですよ。それにはやっぱり、インプットが大事でしょうね。あらゆるものからどれだけ学べるか。道を歩いている人から学べることがあるかもしれない、といつも思っているんです。

清塚 信也〔きよづか・しんや〕
5歳からピアノの英才教育を受け、桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後、モスクワ音楽院に留学。国内外のコンクールで数々の賞を受賞。映画「神童」、ドラマ「のだめカンタービレ」でピアノの吹き替え演奏を担当。テレビ、映画への出演などでもマルチな才能を発揮。現在公開中の映画「ポプラの秋」では出演のほかに音楽を、2015年10月からスタートしたドラマ「コウノドリ」(TBS系)ではピアノテーマおよび監修を手がけるなど活躍の場を広げている。2015年11月4日にアルバム「あなたのためのサウンドトラック」をリリース予定。
清塚信也オフィシャルサイト http://shinya-kiyozuka.com

 

特集

八神純子さん - 今月の音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:八神純子さん「意気込んでいる状態より、フワッと何かが浮かんだ時の方がいい曲になる」

10395views

音楽ライターの眼

ホワイトスネイクが新編成ベスト三部作の完結編『ザ・ブルース・アルバム』を発表

1278views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

11268views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

83012views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

6701views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

8192views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

14274views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4836views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

16959views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

927views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

3386views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24357views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

8299views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5902views

ドイツのバリトンの名手、クリスティアン・ゲルハーヘル、馨しきモーツァルトのオペラ・アリアを歌う

音楽ライターの眼

ドイツのバリトンの名手、クリスティアン・ゲルハーヘル、馨しきモーツァルトのオペラ・アリアを歌う

3672views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

3271views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

3308views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

12427views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

5854views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

5018views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

6896views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4977views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24357views