Web音遊人(みゅーじん)

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

展示室の楽器の維持・管理も学芸員が担う仕事のひとつだ。毎日、展示室を見回りながら、楽器の向きや状態をチェックする。
そして、月に2度、館内整理の日に待っているのが楽器の掃除だ。
「ガラスケースに入れていないので、楽器にホコリがつくんです。大きくて重いものもあれば繊細な楽器もあって、神経と体力を使う仕事です。仏具用のはけでホコリをはらうなど、道具も工夫しています」

世界中の楽器が集まっているうえに、現在はもう作られていない楽器も数多くある。浜松市楽器博物館では演奏家に依頼して収蔵品の演奏を録音し、音源として残している。後世に音を残していくことも大きな役割であるからだ。
「先輩方の姿を見て、自分が展示品のことを理解していなければ、お客さまにも伝わらないと気づきました。さまざまな角度から情報を集め深く理解したうえで、専門の用語を知っていてもそれを使わず、誰でもわかる言葉と順序でお話しするようにと、心掛けています」
落語が好きで寄席にも足を運んでいるという松尾さん。わかりやすい言葉と緩急のあるトークで、知られざる楽器の魅力をこれからも伝えていく。

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

何百年も前の楽器ながら、修復等により音を出せるものもある。大切な資料なので、楽器に触れるときのために白手袋を常備。時計やネックレスなどの装飾品も外している。

Q.学芸員の仕事の魅力は?
A.リードオルガン協会の会員の方がリードオルガンのギャラリートークを見学されていて、楽器についてお話を伺えたことがあります。私たちは多くの楽器について広く学んでいますが、ときに、造詣が深い方や専門家の方から深いお話を聞けるのも楽しみなことのひとつです。

Q.学芸員の仕事で大変なことは?
A.楽器の管理ですね。世界中から楽器が集まっていますので、楽器ごとに適した温度や湿度は違います。でも、空調は楽器ごとには変えられません。そうしたなかでコンディションをどのように整えていくのかはむずかしい課題です。また、ひび割れなどが起きた場合、オリジナルの状態を維持すべきか、修復して楽器としての機能を保つべきか、その都度悩むところです。

Q.学芸員にならなかったら、何の仕事をしていたと思いますか?
A.音大で教員免許を取ったので、音楽の先生になっていたかもしれません。小学校から中学校までピアノを習っていて、中学、高校時代には吹奏楽部でフルートを吹いていたんです。フルートはいまも続けていて、演奏活動もしています。

Q.趣味で楽しんでいることは?
A.落語が好きなので、機会があれば寄席などに行っています。大学の寮の近くにあった図書館で落語のCDを聴いたのがきっかけです。朝から夜まで一日中、浅草の演芸場で過ごしたこともあるんです(笑)。普段の仕事とはまったくジャンルの違うものなので、気持ちが解放されますね。美術館や博物館にもよく行っていて、用事で東京に行った折など、上野の美術館などに足を伸ばしています。

Q.美術館や博物館を訪れたとき、どこに着目しますか?
A.それはもう、いろんなところに。壁が移動するものかどうか、展示台が動かせるか、どこから人が入るのかなどなど。大きな展示物があると、どこから搬入したんだろうなどと気になります。絵画などの展示で、展示室の角に人がたまりすぎないよう、余裕を持って配置してあったりすると、「あー、配慮があってうれしいな」と感じます。「これは使えるな」ってアイデアを参考にすることもありますね。

Q.プライベートでよく聴く音楽は?
A.最近はフルートの作品を聴くことが多いですね。洋楽やポップスも聴きますが、結局クラシックを聴くことが多いです。フルートは、フランスのフルート奏者ジャン=ピエール・ランパルや工藤重典さん、それに自分の先生のCDを聴くことが多いです。

Q.最近行ったコンサートは?
A.ピアノコンサートが多いですね。あとはオーケストラも。コンサートではないけれど、落語ももちろん行きますし、歌舞伎やオペラも観に行っています。やはり、ライブを観ることも大事だなあと感じています。CDでは自分が聴きやすい音量で聴きますが、生音だと音量は楽器によってずいぶん違うんです。「意外と小さいんだな」って気がつくこともあるくらい。それに、会場の雰囲気や演奏家の醸し出す雰囲気やオーラを感じられるのは、ライブならではですから。

 >前のページに戻る

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:AIさん「本当につらいときも、最終的に救ってくれるのはいつも音楽でした」

3304views

7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

音楽ライターの眼

2017年7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

3783views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

6148views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

142189views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

6170views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

13028views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

11002views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7446views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

16233views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

5379views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4187views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7619views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3334views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18215views

音楽ライターの眼

若き精鋭ふたりに、耳も目もぐいぐい引き込まれる/三浦文彰&ヨナタン・ローゼマン デュオ・リサイタル

3105views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

6596views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

5444views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

4685views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10733views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3917views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

1136views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7446views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25637views