Web音遊人(みゅーじん)

Ichiko Aoba solo concert 2024 at Yamaha Hall

やわらかな雰囲気と強い個性で、魅力的な世界へ誘う/Ichiko Aoba solo concert 2024 at Yamaha Hall

クラシックギターの趣ある音色と繊細な歌声で世界中のファンを魅了するシンガーソングライターの青葉市子が、2024年2月16日にヤマハホールに初登場。やわらかで懐かしく、幻想的でもある青葉のステージは“親しみのある非日常”とも言うべき不思議な魅力を放っていた。

まるで“自然”を奏でるよう

ライブ開始前、主のいない舞台にはグランドピアノと椅子、譜面台のほかに、ランプがいくつか置かれている。舞台セットと呼ぶには簡素なのに、そこが“誰かの場所”であることを教えてくれている。ヤマハホールの木調の壁面も影響してるのか、森の奥にある隠れ家を見ているような気分にさえなる。

そんな興味をかきたてる舞台に、全身を羽根で包んだようなふわっとした衣装の青葉が登場。静かに椅子に腰かけると、ハミングをしながら演奏の準備を進める。いや、鼻歌といったほうがいいだろうか、それくらい自然なふるまいでいるものだから、こちらも自然と肩の力が抜けてくる。

Ichiko Aoba solo concert 2024 at Yamaha Hall

ギターをポロンと爪弾きはじめると、鼻歌はハッキリとしたメロディへと変わり、1曲目の『ココロノセカイ』が始まった。透きとおった歌声。ゆったり鳴らされる深みのあるギターの音色。それらが形作るあたたかい旋律は、やさしく降り注ぐ陽射しのようだ。

続く『Sagu Palm’s Song』はテンポがあがり、歌声もギターも躍動的に。オープニング曲で感じたのが陽光だとすれば、こちらは吹き抜ける風や波打つ草原といったイメージ。演奏中にはさまれる口笛も鳥のさえずりのようで、まるで“自然”を奏でているみたい。

Ichiko Aoba solo concert 2024 at Yamaha Hall

演奏が続くたびに新たな世界が生まれていく

青葉のギターの奏法はクラシックや民族音楽の要素が強く出ているが、メロディーはポップスのような親しみやすさを持っている。地声からファルセットまでを自由に行き来する歌声も、思うがままに流れる風のようで心地よい。

ジャズの香りがほんのり漂う『太陽さん』や、10分以上の長尺ながらドラマチックな展開で耳を引き付け続ける『機械仕掛乃宇宙』、青葉の音楽表現の礎となった山田庵巳のカバー『旭をつれて』や、喪失の心模様をピアノとともに紡ぐ『海底のエデン』など、演奏が続くたびに新たな世界が生まれゆき、それぞれが魅力的な音を放ち、その世界へと誘ってくれる。

Ichiko Aoba solo concert 2024 at Yamaha Hall

どの曲も鮮烈な個性を放っているが、青葉本人の醸し出す雰囲気は実にやわらかく、ライブの最後のほうで「いまさらですけど、本当自由に聴いてください」なんてMCをするところに、なんともいえない愛嬌が感じられたりした。

本編ラストの『ひかりのふるさと』では、ステージ背景に装飾されている植物を、青葉が演奏しているあいだにスタッフが切り取り、それをライブ後に来場者に持ち帰ってもらうという試みもあり、青葉の自由な世界は、最後まで楽しませ、こころ潤し続けてくれた。植物を受け取った人であれば、家でその緑を眺めながら、この夜の響きを再びこころに芽吹かせることができただろう。

Ichiko Aoba solo concert 2024 at Yamaha Hall

飯島健一〔いいじま・けんいち〕
音楽ライター、編集者。1970年埼玉県生まれ。書店勤務、レコード会社のアルバイトを経て、音楽雑誌『音楽と人』の編集に従事。フリーに転向してからは、Jポップを中心にジャズやクラシック、アニメ音楽のアーティストのインタビューやライヴレポートを執筆。映画や舞台、アートなどの分野の記事執筆も手掛けている。

photo/ Konatsu Yamaguchi、Takako Miyachi(4枚目)

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:富貴晴美さん「“音で遊ぶ人”たちに囲まれたおかげで型にはまることのない音作りができているのです」

4138views

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

音楽ライターの眼

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

5457views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

7223views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

15137views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9868views

鬼久保美帆

オトノ仕事人

音楽番組の方向性や出演者を決定し、全体の指揮を執る総合責任者/音楽番組プロデューサーの仕事

1902views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4298views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7191views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21764views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6286views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4626views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24722views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10504views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29728views

音楽ライターの眼

キャリアの最終章に入ったドミンゴが「音楽の力」で聴き手の心を魅了する

3141views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

8938views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

4212views

REVSTAR

楽器探訪 Anothertake

いまの時代に鳴るギターを目指し、音もデザインも進化したエレキギターREVSTAR

5624views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6816views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8180views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37788views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6653views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28998views