Web音遊人(みゅーじん)

パワーマン5000

パワーマン5000が新作『Abandon Ship』で訪れる“過去にあった未来”

パワーマン5000(以下略してPM5K)のニュー・アルバム『Abandon Ship』が2024年5月にリリースされ、新旧ファンから注目を浴びている。

1999年のアルバム『トゥナイト・ザ・スターズ・リヴォルト!』でブレイク。フューチャリスティックでディストピアンなメタル・サウンドと世界観、ダンサブルなビート、ヴォーカリストのスパイダー・ワンを中心としたヴィジュアル・スペクタクル(彼の実兄ロブ・ゾンビを思わせる箇所も)が熱狂的な支持を得た。それは1990年代のグランジともラップ・メタルとも異なる、20世紀を総括し新時代へと突入していく音楽性が“21世紀のメタル”を予見させた。

興味深いのは、この時期のメタル・バンドはしばしば1980年代のポップ・ヒット曲をカヴァーしていたことだ。それは過ぎ去りゆく時代への惜別の念も込められていたのだろうか、ディスターブドが『シャウト』(ティアーズ・フォー・フィアーズ)、オージーが『ブルー・マンデイ』(ニュー・オーダー)、ドープが『ユー・スピン・ミー・ラウンド』(デッド・オア・アライヴ)、エイリアン・アント・ファームが『スムーズ・クリミナル』(マイケル・ジャクソン)など、メタル・アレンジに大胆に生まれ変わっていた。PM5Kもそんな流れに乗ってか、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの『リラックス』をカヴァーしている。

(少し間を置いてマッドヴェインもザ・ポリスの『キング・オイブ・ペイン』をカヴァーした。)

新世紀メタル覇権への突然のブレーキ

“21世紀のキリング・マシーン”を標榜する『ボムシェル』を先行シングルに、バンドは『エニワン・フォー・ドゥームズデイ?』(2001)を完成させる。新世紀メタルの覇者となるか?と期待された彼らだが、思わぬところでブレーキがかかった。発売2週間前になって、アルバムが突如発売中止になってしまったのだ。

その原因についてはいくつかの説があるが、『ボムシェル』に思ったほどの反響がなく、アルバムのセールスに期待できなかったこと、マーケティング計画が合意に至らなかったなどが噂されている。ともあれ、本国アメリカ盤のみならず日本盤CDもパッケージ含め完成している状態にも拘わらず発売中止という異例の事態は関係者・ファンを驚かせた(日本盤CDの帯・解説付きの完品は激レアだが、解説の内容が充実していないせいもあってか、プレミア価格はついていない)。

その後『ボムシェル』は映画『フレディvsジェイソン』やWWEプロレスでダドリー・ブラザーズの入場テーマ曲に使われるなど強力なタイアップを得るが、いったん失った勢いを取り戻すことは難しく、彼らは次作『トランスフォーム』(2003)を最後にメジャーを去ることになる。

(『エニワン・フォー・ドゥームズデイ?』は2009年、バンドの自主レーベルからリリースされた。)

PM5Kはそれからも3~4年に1枚というペースで作品を発表。通算11作目のオリジナル・アルバムとなるのが『Abandon Ship』だ。

“過去にあった未来”を見据えたアルバム

スパイダー以外のメンバー交替を繰り返してきたPM5Kであり、本作からギタリストのダン・シッツが加入。マリリン・マンソンのカヴァー・バンドで活動しながらロサンゼルス周辺のジャム・ナイトに参加してきた彼だが、バンドにスムーズに溶け込んでいる。

『Abandon Ship』の音楽性は、バンドの“過去にあった未来”を見据えたものだ。1曲目『Invisible Man』イントロから気合い一発の「ゴー!」。根拠もなく威勢の良いこのかけ声は時代のターニング・ポイントを象徴するもので、『エニワン・フォー・ドゥームズデイ?』の1曲目『デンジャー・イズ・ゴー』やスタティックXの『プッシュ・イット』、オフスプリングの『ザ・キッズ・アーント・オーライト』でも聴くことができた。

『1999』は1999年に想いを馳せた“昔は良かった”系懐かしソングだ。このタイプの曲はボウリング・フォー・スープの『1985』やスタン・ブッシュの『The 80s』など、具体的なバンドや映画、人名などを挙げながらノスタルジアに浸ることが多いが、『1999』では“ロックンロール・ヘア”に言及する程度で、過剰にセンチメンタルに陥ることがない。

さらにジャンクなフューチャリズムに満ちたメタル・ナンバーを軸としながら、イギー・ポップばりの低音ヴォイスを聴かせる『The Company Loves Misery』や未来へのペシミズムを込めた『The Last Chapter』など、起伏に富んだアルバムとなっている。

ラストを飾るのは『ボムシェル』のリメイク・ヴァージョン。大きくアレンジをいじることなく、オリジナルのノリを再現している。

四半世紀前、PM5Kが描いていた“未来”は、我々の生きる2024年とは異なったものだ。『Abandon Ship』に乗って、そんなマルチバースへと旅立っていこう。ゴー!

■アルバム『Abandon Ship』

アルバム『Abandon Ship』

発売元:Cleopatra Records

詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

矢野顕子

今月の音遊人

今月の音遊人:矢野顕子さん 「わたしにとって音は遊びであり、仕事であり、趣味でもあるんです」

6121views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.2

4138views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

13349views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

109565views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9645views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

13902views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10404views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2965views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11282views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1777views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4578views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25157views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19421views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30630views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#021 コルトレーンが“宇宙観の表現”へと駆け上がるタイミングを“味見”してみよう~ジョン・コルトレーン『ソウル・トレーン』編

3615views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

42880views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

7091views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

4568views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

14081views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8158views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

64603views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13749views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29907views