Web音遊人(みゅーじん)

伝説のレーベル“ワックス・トラックス!”その栄枯盛衰を描いた映画『インダストリアル・アクシデント』の海外ブルーレイ発売

インダストリアル・ミュージックの名門レーベル“ワックス・トラックス!レコーズ”の栄枯盛衰を描いたドキュメンタリー映画『インダストリアル・アクシデント〜ザ・ストーリー・オブ・ワックス・トラックス!レコーズ』が海外でブルーレイ/DVD化され、音楽ファンの間で大きな話題を呼んでいる。

ジム・ナッシュとダニー・フレッシャーがコロラド州デンヴァーでレコード店“ワックス・トラックス!”をオープンしたのは1975年のことだった。この店は1978年にシカゴに移転、パンクやニュー・ウェイヴ、“4AD”や“ファクトリー”などイギリスのインディーズを扱う“聖地”として音楽ファンから支持を得る。

創業者であるジム・ナッシュとダニー・フレッシャー

バウハウスのシカゴ公演の招聘なども行った“ワックス・トラックス!”だが、世界にその名を轟かすのは、独自のアイデンティティを持ったインディー・レーベルとしてだった。1981年にパンク・バンドのストライク・アンダー、そして映画『ピンク・フラミンゴ』への主演で悪名高き女装クイーンのディヴァインのシングルを発表。ミニストリーの『コールド・ライフ』『エヴリ・デイ・イズ・ハロウィン』などが地元のクラブ・シーンでヒットしたことで一気に飛躍していく。

エレクトロニックなビートと硬質な演奏のインダストリアル・ミュージックを同レーベルがメジャーに押し上げ、ミニストリーやKMFDM、ナイン・インチ・ネイルズらのメインストリーム市場での成功への突破口となったことが、本作で描かれている。“ワックス・トラックス!”は1980年代末にはレーベル単位での人気を誇り、“ワックス・トラックス!・ナイト”などのクラブ・イベントも行われるようになった。

ミニストリー

ジム・ナッシュの愛嬢ジュリアが監督、彼女の夫で現在の“ワックス・トラックス!”の運営を担当するマーク・スキリコーンが構成・脚本を手がけた『インダストリアル・アクシデント』は、膨大なジャケット・アートやポスター、ライヴ映像、インタビューなどを交えながら、レーベルの軌跡を辿っていく。

インタビューが収録されているのは“ワックス・トラックス!”から作品を発表したアーティスト達が中心。アル・ジュールゲンセン(ミニストリー)、ポール・バーカー(ミニストリー)、パトリック・コデニーズ(フロント242)、リチャード23(フロント242)、グルーヴィ・マン(マイ・ライフ・ウィズ・ザ・スリル・キル・カルト)、マーストン・デイリー(マイ・ライフ・ウィズ・ザ・スリル・キル・カルト)、サシャ・コニエツコ(KMFDM)、エン・エッシュ(KMFDM)、ビル・リーブ(フロント・ライン・アセンブリー)、リュック・ヴァン・アッカー(リヴォルティング・コックス)、クリス・コネリー(リヴォルティング・コックス)、クリス・カーター&コージー・ファニ・トゥッティ(クリス&コージー)らが感慨深げに語っている。

マイ・ライフ・ウィズ・ザ・スリル・キル・カルト

さらにアル・ジュールゲンセンとのプロジェクトで作品を発表した、ラードのジェロ・ビアフラ(ザ・デッド・ケネディーズ)、ペイルヘッドのイアン・マッケイ(マイナー・スレット、フガジ)、1000ホモDJズのトレント・レズナー(ナイン・インチ・ネイルズ)、そして当時のシーンを知るスティーヴ・アルビニ(ビッグ・ブラック、シェラック他)、デイヴ・グロール(ニルヴァーナ、フー・ファイターズ)、デヴィッド・J・ハスキンズ(バウハウス)らの談話も貴重だ。

イギリスの“サザン・レコーズ”やベルギーの“プレイ・イット・アゲイン・サム”と提携するなど急激な規模拡大が裏目に出て、レーベルは赤字に陥り、1992年に“TVTレコーズ”に買収される。ナッシュは1995年に亡くなり、2001年のレーベル閉鎖後、フレッシャーも2010年にこの世を去った。『インダストリアル・アクシデント』は20年ちょっとの短い活動期間、音楽シーンを全力で突っ走った“ワックス・トラックス!”のセレブレーションである。

なお“ワックス・トラックス!”は2014年にジュリアによって復活。2016年から本映画プロジェクトが始動し、2019年から北米のフェスティバルなどで上映が始まっている。ナッシュとフレッシャー、コイルのジョン・バランスとピーター・クリストファーソン、ディヴァインなどは亡くなっており、新規のインタビューは収録されていないが、膨大な量のアーカイヴ資料から選び抜かれた95分は密度が濃い。

さらにブルーレイには75分のボーナス特典映像が追加収録されている。単なるインタビューのアウトテイクの域に留まることなく、ほとんど独立した1篇のドキュメンタリーとして成立しており、“ワックス・トラックス!”関連ミュージシャン達の群像劇として楽しむことが出来る。アル・ジュールゲンセンをひとつの軸として、様々なスタイルのミュージシャン達が影響し合い、刺激を与え合いながらシーンを創り上げた時代が語られている。

2021年夏時点では日本未公開の『インダストリアル・アクシデント』だが、見事に時代の空気を捉えた作品であり、ぜひ映画館で大音量のインダストリアル・ミュージックを全身に浴びたい。

■インフォメーション

DVD/Blu-ray『インダストリアル・アクシデント〜ザ・ストーリー・オブ・ワックス・トラックス!レコーズ』

発売元:Wax Trax! Records
オフィシャルサイト

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:今井美樹さん「私にとって音楽は、“聴く”というより“浴びる”もの」

2478views

音楽ライターの眼

指揮界の革命児、クルレンツィスがベートーヴェン・イヤーに放つ衝撃的な「運命」

2845views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

14162views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

18814views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10531views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

10165views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

16456views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5889views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

10374views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

5878views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5890views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19719views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

5369views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7146views

音楽ライターの眼

自分好みの“AIコルトレーン”はジャズの発展に寄与するのか?

1344views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

8365views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4119views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

7635views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

9082views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3769views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

40232views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4595views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19719views