Web音遊人(みゅーじん)

リヒテル(Web音遊人)

ピアノの巨匠、リヒテルが東京・上野に甦る!?人工知能と人間が奏でるコンサートを開催

唯一無二の音色で世界を魅了し、20世紀末にこの世を去ったピアノの巨匠、スヴャトスラフ・リヒテル。世界的な名演奏家集団、ベルリンフィル・シャルーンアンサンブル(以下、シャルーンアンサンブル)。両者による共演は、間違いなく聴衆の心を激しく揺さぶるだろう。もっとも、リヒテルが時を超えて現代にやって来れば、の話だ。
タイムマシンは存在しないが、この歴史的演奏家と現代の名奏者の共演が、2016年5月19日(木)に東京藝術大学奏楽堂で開催される「音舞の調べ~超越する時間と空間~」で実現する。それを可能にしたのは人工知能だ。

囲碁トップ棋士を打ち負かしたり、クイズ番組で優勝したり。最近、何かと話題の人工知能だが、今回シャルーンアンサンブルと共演するのは、ヤマハが開発に取り組んでいる「人工知能演奏システム」。
「私もオーケストラ歴が40年ほどありベースをやっていますが、練習するときにピアノの演奏もあればいいなと思うことがあるんです。だからロボットが人間と一緒に音楽を奏でる世界は憧れであり、夢のひとつでもありました」人工知能の技術と今回の企画を結びつけた、研究開発統括部の田邑元一(たむらもといち)さんはそう話す。技術を開発した前澤陽(まえざわあきら)さんも、技術者であると同時にバイオリンの名手でもあり、音楽への造詣が深い。

ベルリンフィル・シャルーンアンサンブル,

ベルリンフィル・シャルーンアンサンブル

今回の試みでは、リヒテルの生前のライブ演奏をもとに、忠実に演奏表現をデータ化した音源を使用。再生には、リヒテルが愛用したヤマハのコンサートグランドピアノの後継機種をベースにした、自動演奏機能搭載アコースティックピアノ「Disklavier™(ディスクラビア)」が使われる。激しいフォルテッシモや疾走するテンポ感など、リヒテル独特の演奏を高い精度で蘇らせるには最適な一台だという。

もちろん、再現を単に自動演奏するだけではない。注目すべきは、人間と人工知能が「対等に」共演することだ。
「人間同士のアンサンブルでは、奏者たちはお互いに相手を見て、音を聴きながら演奏を合わせますよね。それと同じように『人工知能演奏システム』は、アンサンブルの共演者である人間が演奏する『音』と『ジェスチャー』を認識して理解し、次の瞬間の演奏を予測します。これによって、テンポや音のタイミングを合わせて人間の演奏に歩み寄り、協調した自動演奏を行うことができるんです」(田邑さん)
同時に、ピアニストの動きを映像で伝える機能も備えており、人間は演奏音だけでなく、そのジェスチャー見て合わせることが可能。人工知能と人間による息の合ったアンサンブルが展開される。

人工知能演奏システム Web音遊人

人工知能演奏システムの概要

ご存知のように、アンサンブルはひとりでもメンバーが変わると音楽性は変化する。そのため、今回シャルーンアンサンブルと共演することで、元にしたリヒテルの演奏とは異なる新しい音楽が生み出されることになる。

「公演に先立ってベルリンでリハーサルが行われましたが、シャルーンアンサンブルのメンバーはチャレンジングなこの試みを非常に面白がり、東京での『リヒテルとの再会』を心待ちにしているそうです。新しいことに挑戦するときには、新しいことをしたいと思っている人とやることが重要なんだと実感しました」と田邑さん。

ベルリンフィル・シャルーンアンサンブル,

ベルリンで行われたリハーサルの様子

「演奏するのは、シューベルトのピアノ五重奏曲『鱒』の第4楽章と第5楽章。人間同士が行っている高度なアンサンブルをシステムの機能を駆使してさりげなくステージ上で実現していますが、今回の演奏を単に新しい試みの実験の場にはしたくないんです。私たちが目指しているのは、人工知能のことはいっさい忘れて、唯一無二の音楽を純粋に楽しんでいただくこと。20世紀を代表するピアノの巨匠と世界最高峰のオーケストラのメンバーが息を合わせて共演するわけですから、これの演奏会の価値はすごいものだと思います」(田邑さん)

新しい音楽を生み出し、未来の演奏会のあり方に影響を与えるほど大きな意味を持つ今回の共演。人工知能と人間が協調し、対等に音楽を奏でる時代の幕開けに胸が踊る。
※「人工知能演奏システム」についてはこちらでもご紹介しています。

■ 音舞の調べ~超越する時間と空間~

日時:2016年5月19日(木)19:00開演(18:00開場、 18:15~ プレトーク)
会場:東京藝術大学奏楽堂(大学構内コンサートホール)
入場料:5,000円(全席指定、税込)
公演の詳細・チケットの購入についてはこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

12630views

音楽ライターの眼

国際的に活躍を続ける三浦文彰、ピアノ界の新星との共演/三浦文彰 モーツァルト:バイオリン・ソナタプロジェクト Vol.1

12454views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

23002views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

38009views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12177views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5896views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

23380views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8463views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9884views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4820views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5364views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9737views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11248views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22000views

音楽ライターの眼

UKパンク・ロックの伝説ザ・ダムドがオリジナル編成で2021年に復活

7957views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

17484views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1400views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

8693views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

14088views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4435views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

6132views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2789views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9737views