Web音遊人(みゅーじん)

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

ジャズを専門とするライターを名乗っていると、「初心者にもわかるように」という依頼を受けることが少なくない。特に、ラジオやテレビへの出演や講演のオファーでは、そうした趣旨であることを前提に企画を立て、選曲をすることがほとんどだったりする。

これは、ジャズという音楽ジャンルの人気が衰えることなく、「聴いてみたい」と思う“初心者”が後を絶たない“事実”がなければ成り立たないのだけれど、その波及効果として、ライター風情にまで助けを借りなければその世界へ導き入れることが困難であるという阻害要因を内包するほどの“こじらせ方”が本当に必要なのかという所感がありながら、一向に解消される気配を見せない異常な状況をなんともできないライターとしての自分が間違っているのではないかという疑念を払拭しなくていいのか--との職業倫理に突き動かされるという“動機”も大いに影響している(はずだ)。

端的に言えば、「ジャズは難しい」→「だから解説(ガイド)が必要だ」という帰納的な側面をもって、この状況を処理したつもりになりたいところなのだけれど、残念ながらこの論法には2つの大きな欠点がある。

それは、「ジャズは難しい音楽なのに人気が衰えない」ことと、「難しいジャズを解説(ガイド)するネタが腐るほど提示されているのに解消される気配がない」ことだ。

人間が難しいものに興味をもつのは、珍しいことではない。しかし、それがポピュラリティを得るかどうかとなれば、話は変わる。

親しみやすいメロディや曲構成に腐心する“過酷なポピュラー音楽”業界が厳然と存在する現状があるにもかかわらず、逆行する“難解なジャズ”が(ポピュラー音楽と同等の、とは言わないまでもそれ相応の)支持を得るという状況は、理論的には“あってはならないこと”と言われても仕方がないわけである。

この問題を解決してしまうと、いちばん困るのは“波及効果の恩恵”を最も受けているはずのライター、すなわち自分であるという不安を感じないわけではないのだけれど、とりあえず論を進めてみたい。

<続>

なぜジャズのハードルは下がらないのか?<全編>

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

6501views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

1960views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

10154views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

9581views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

1562views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

4070views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

7530views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

5221views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16027views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3268views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

4485views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17118views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

3419views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4912views

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

音楽ライターの眼

クランベリーズ/ドロレス・オリオーダン追悼。あらゆる枠を超えて愛された音楽

3105views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

5401views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2968views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4157views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

2584views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2896views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

15744views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2675views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17118views