Web音遊人(みゅーじん)

調布国際音楽祭2021──多彩なプログラムで有観客での公演を開催する

2013年にスタートした調布国際音楽祭が、2021年の6月27日から7月4日にかけて有観客のスタイルで実施されることになった(調布市グリーンホールほか)。

同音楽祭は鈴木優人がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、さまざまな分野の実力派アーティストが集結することで知られる。今年は、鈴木優人と長年に渡って親交を深めているアソシエイト・プロデューサーの森下唯による2台ピアノの演奏で幕を開ける。

(写真左)鈴木優人、(写真右)森下唯

オペラに関しては、クリエイティヴ・パートナーを務める読売日本交響楽団を鈴木優人が指揮し、メノッティの『電話』が上演される。これはイタリア出身でアメリカのオペラ作曲家・台本作家のジャン=カルロ・メノッティ(1911~2007)が1946年に作曲、翌年ニューヨークで初演された作品。結婚を申し込みにきたベン(バリトン)が、ルーシー(ソプラノ)のもとに次々にかかってくる電話に業を煮やし、最後は電話でプロポーズするというコミカルなストーリー。今回はソプラノの中江早希、バリトンの大西宇宙が大役を担う。

恒例となっている深大寺本堂で行われるコンサートには、チェロの鈴木秀美が登場。チェンバロの上尾直毅とともにヴィヴァルディ、D.ガブリエリの作品を予定している。

フィナーレは鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンの演奏で、J.S.バッハ『ブランデンブルク協奏曲』が演奏される。この協奏曲はブランデンブルク辺鏡伯クリスチャン=ルートヴィヒに1721年に献呈されたという記録が残されており、2021年はそれから300年の記念の年にあたる。

このほか、村治佳織(ギター)、カルテット・アマービレ、木嶋真優(ヴァイオリン)、栗コーダーカルテット、加羽沢美濃(作曲家)らの出演が予定され、キッズコンサートやトークイベントなども組まれている。

2020年はコロナ禍の影響により、同音楽祭はインターネットの動画配信による開催が行われた。鈴木優人は「この経験を生かし、今年はぜひライブのコンサートができるよう尽力したい」と語り、鈴木雅明も「これまで想像できなかった体験をし、活動再開のために模索してきた。今年は安全な形で音楽を提供したい」と決意を新たにする。緑豊かな美しい自然を誇る調布の街が、活気あふれる音楽で満たされることを期待したい。

■調布国際音楽祭2021

日時:2021年6月27日(日)〜7月4日(日)
会場:調布市グリーンホール ほか
詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

 

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:宇崎竜童さん「ライブで演奏しているとき、もうひとりの宇崎竜童がとなりでダメ出しをするんです」

3538views

サルヴァトーレ・リチートラ

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.2

2319views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

96698views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

72163views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10020views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3962views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

8457views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2807views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6644views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

5615views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3560views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6163views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2128views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5208views

音楽ライターの眼

フジロック・フェスティバル 23年の思い出とベスト・アクト<後編>

1657views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

5194views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1873views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

1660views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9041views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3062views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

32147views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5309views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21748views