Web音遊人(みゅーじん)

すでにAIの音楽は小説の世界を飛び出しているという現実

奥泉光さんと対談する機会があり(新潮MOOK『吉祥寺のほん』2017年)、氏の著作にふんだんに登場するファンタジーなジャズの世界を読み返していた時期があった。

なかでも『ビビビ・ビ・バップ』(2016年)では、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーン、マイルス・デイヴィス、ディジー・ガレスピー、スタン・ゲッツ、ジェリー・マリガン、クリフォード・ブラウン、リー・モーガン、ウェス・モンゴメリー、ロイ・ヘインズといったアンドロイドによるドリーム・ビッグバンドが登場したりする。

これらアンドロイド・ジャズメンは、外見が本物そっくりなだけでなく、演奏もモノホンという設定になっている。もちろんそれは、過去の音源をそのまま使用した“再生型の模倣”ではない。リアルタイムでオリジナリティのある演奏を再現することができるのだ。

著者は、AI(Artificial Intelligence:人工知能)がミュージシャンたちの演奏音源を学習することでその設定を可能にしているのだけれど、最初に読んだ時点では「ボクが生きているうちにはこんな時代になるのかなぁ……」とぼんやり思えるぐらいの認識だった。

ところが、それからわずか2年を経ずにSF作品のなかの設定が現実化してしまった。

イマイチと捨てておけないAIのジャズセッション

人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション」というヘッドラインのニュースが流れてきたのは、2019年6月16日。

これは、AIへの理解を深めることを目的とした「UPDATE{OUR}AI」というイヴェントの一環として開催された演奏会。

当日の映像を見ると、中央にスクリーン、両脇にギター、ドラムス、ベース、キーボードの“リアルな”ミュージシャンが配置され、彼らの演奏に対してAIがリアルタイムに音を出す、いや、セッションする様子が映し出される。

正直、このステージにおけるAIの演奏レヴェルはイマイチの感が否めない。

しかし、相手はAIだ。“人工知能による学習”は、人間の能力をはるかに超えるスピードで“人間の演奏に近づく”ことを可能にするのである。

ということは、問題はその先。“AIは人間の演奏を超えるのか、超えられないのか”なのではないのか──。

ボクもAIに先を越されないように、この問題に対する答えの糸口ぐらいには辿り着きたいと思うので、しばらくこのテーマを掘っていきたいと思います。

「AIが拓くジャズの未来」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

山下洋輔さん

今月の音遊人

今月の音遊人:山下洋輔さん「演奏は“PLAY”ですから、真剣に“遊び”ます」

2705views

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

音楽ライターの眼

ジャズの“本丸”にもビートルズの波が押し寄せてきた1966年

1078views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

5357views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

10466views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

4502views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

7518views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

3912views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3080views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

11473views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

3427views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

1812views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

11131views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2868views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

13456views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.8

1736views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

5587views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

4938views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

25181views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

2353views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

2198views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

33250views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1871views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3129views