Web音遊人(みゅーじん)

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 交響曲第5番≪宗教改革≫ イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)パブロ・エラス=カサド(指揮)、フライブルク・バロック・オーケストラ

新メンデルスゾーン全集に根差した迫力に満ちた「宗教改革」と、研究を重ねた味わい深いヴァイオリン協奏曲

いま、ドイツのライブツィヒで創業したヨーロッパで長い歴史をもつ楽譜出版社、ブライトコプフ&ヘルテル社が、「新メンデルスゾーン全集」の校訂・出版を進めている。これは1960年代に旧東ドイツで始められたプロジェクトを引き継ぐもので、2017年には交響曲「宗教改革」の新全集版が出版された。

2017年はマルティン・ルターの宗教改革(1517年)の500年記念にあたり、メンデルスゾーンの交響曲「宗教改革」は、ルターのアウグスブルクの信仰告白から300年にあたる1830年に完成された。

今回、この新たな版に基づいて「宗教改革」を録音したのは、パブロ・エラス=カサド指揮フライブルク・バロック・オーケストラ。エラス=カサドは1977年スペインのグラナダ生まれ。ルネサンス、バロック音楽と現代音楽を専門に演奏し、いまヨーロッパで注目を浴びている指揮者である。

パブロ・エラス=カサド

フライブルク・バロック・オーケストラは、「ピリオド(オリジナル楽器)・オーケストラのベルリン・フィル」とも称される実力派。「宗教改革」では疾走するようなテンポで、主張の強い圧倒的な存在感を放つ演奏を繰り広げている。人気の高いヴァイオリン協奏曲においても、古楽器からモダンまであらゆるスタイルと多岐にわたるレパートリーを誇るソリスト、イザベル・ファウストとともに、聴き慣れたコンチェルトに新風を吹き込んでいる。

ヴァイオリン協奏曲の楽譜は最新のものではないが、ファウストがさまざまなドイツの都市で初演を手がけた名手たちの書き込み資料などを丹念に研究した演奏となっている。

イザベル・ファウスト

フェリックス・メンデルスゾーン(1809年~1847年)は、作曲家としては珍しく裕福な家に生まれ、恵まれた結婚生活を送り、生前からその音楽が人々に認められた稀有な存在である。父はユダヤ人の裕福な銀行家だったため、彼は幼いころから十分な音楽教育を受け、類まれな才能を発揮した。こうした環境のもとで作曲された音楽は、洗練された感覚と気品とおだやかさに満ちあふれている。

若いころから完成された作品を書いたメンデルスゾーンは、時代的にはロマン派に属するものの、作風は古典派様式を踏襲しているため、「ロマン的な古典派」と呼ばれている。彼は同時代の音楽家よりもJ.S.バッハ、ヘンデル、モーツァルトから多大な影響を受けた。それが証拠にメンデルスゾーンは1827年3月10日、バッハの没後初めて「マタイ受難曲」を指揮し、バッハ復活の第一歩を記すという偉業を成し遂げている。

演奏家としては、幼いころからピアニストとして「神童」と呼ばれるほどの腕を備え、長じて旅好きとなって各地を旅行してその印象を作品に投影させ、まずピアノで演奏した。こうしたピアニストとしての技量がさまざまなピアノ作品に色濃く映し出され、華やかな技巧と表現力が盛り込まれ、ロマンあふれる作品として開花している。

バッハ復活に尽力し、「マタイ受難曲」のすばらしさを世に知らしめたメンデルスゾーン。今度は、21世紀に生きる音楽家たちが、メンデルスゾーンの新たな魅力を発信することに力を注いでいるようだ。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

■アルバムインフォメーション

『メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第5番「宗教改革」』
発売元:KING INTERNATIONAL
発売日:2017年8月8日
価格:3,000円(税込)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:佐渡裕さん「音楽は、“不要不急”ではない。人と人とがつながり、ともに生きる喜びを感じるためにある」

2506views

音楽ライターの眼

連載12[ジャズ事始め]フィリピンが“ジャズ・ミュージシャン養成所”となったのは大航海時代の植民地支配が関係していた?

1329views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

100812views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

9641views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5771views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2742views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

4919views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6784views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6873views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

2940views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3663views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19033views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

11973views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6873views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

6276views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

8109views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

6808views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

10651views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

13733views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5189views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

38868views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4388views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22770views