Web音遊人(みゅーじん)

連載9[ジャズ事始め]日本にジャズの維新をもたらした井田一郎という志士

日本のジャズ史をひもとくためのキーパーソン、井田一郎が生まれたのは東京・浅草。1894年(明治27年)のことだった。

トランペットを手にして、三越呉服店音楽部オーケストラに所属したのが1910年(明治43年)。

東京・日本橋の三越呉服店は、1909年(明治42年)に少年音楽隊を結成。パレードなどで店の宣伝をして人気を集めていた。三越が音楽隊を結成したのは時流に乗ってのことで、この当時、歓楽街には多くのブラスバンドが出現し、人気を集めていたのだ。

人気の職業となったことで人材も必要となり、市中に多くの養成所も設立されていた。貧しくて一般の学校へ進学できない子どもたちにとって、手当付きで楽器演奏を習える養成所はありがたい存在で、そこから将来の日本のジャズを支える人材が送り出されることになる。

井田一郎が三越のオーケストラに入ったのは16歳ごろ。各地を転々として育ったという彼は、子守歌代わりに耳にしていた流行の西洋音楽に興味をもち、手っ取り早く手に職を付けられて稼げる世界へと飛び込んでいったのだろう。

市中の民間バンドは、宣伝目的の演奏会のほか、社交ダンスの伴奏を手がけることも多く、井田もこうしたニーズに対応すべく、最新の音楽に携わろうとする。

そこで出逢うべくして出逢ったのが、アメリカで流行っていたダンス・ステップのための音楽、ジャズだった。

ジャズを取り入れた彼の演奏は評判を呼び、「日本の行進曲の父」と呼ばれた海軍軍楽師の瀬戸口藤吉がその噂を聞きつけてわざわざ観に来た、というエピソードもあるほど。

その後、北米航路の客船・鹿島丸での楽団員生活を送り、アメリカでの経験も加えて、1920年(大正9年)に就任したのが横浜・鶴見の花月園にできたばかりの、ダンスホールの専属バンドだった。なお、このころから彼はヴァイオリンを担当している。

前稿までに触れたハタノ・オーケストラ(花月園ダンスホールで井田が所属していた宍倉バンドの後任)が「ダンスを踊るための演奏」にフォーカスしていたのに対して、井田一郎は「ジャズにフォーカスしていた」ことがうかがえる。

本人談として、同僚のトラブルが原因で花月園から離れ、再び船の仕事に戻ったとあるが、井田一郎がめざそうとした音楽=ジャズは日本においてはまだ時期尚早で、時流に乗っただけのダンスホールという“場”では受け止めきれなかったのであろうことは想像に難くない。その後、井田は拠点を関西に移して宝塚オーケストラに加わるが、ここでも彼のジャズ志向は反発を招き、長続きしなかったからだ。

しかし、宝塚オーケストラの有志でリハーサルを重ねていた彼はジャズへの強い手応えを感じ、1923年(大正12年)に神戸でラフィング・スターズというバンドを結成する。

これが(ダンスのためにではないという意味で)本邦初のジャズ・バンドの誕生といわれている。

このバンドは関西一円の高級ホテルで開催されていたダンスパーティーでも引っ張りだこの人気だったが、井田一郎自身はここでもバンド内のトラブルで職を辞してしまう。

その後も道頓堀の松竹座オーケストラに加わったり、大阪・堺の大浜公会堂で旗揚げした大浜少女歌劇団の編曲・指揮者を務めたり、大阪・戎橋のカフェ「パウリスタ」や千日前の「ユニオン」でレギュラーをもつなど、「ジャズバンドなら井田一郎」といわれるほどの立役者となったが、生来のバンドマン気質なのだろうか、どれもトラブルを招いて長続きせず、“業績”とするには足りない活動だったことは惜しまれる。

まあ、それも「ジャズに魅せられた人らしい」といえば、そうなのだが……。

参考:内田晃一『日本のジャズ史=戦前・戦後』スイング・ジャーナル社

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:AIさん「本当につらいときも、最終的に救ってくれるのはいつも音楽でした」

1969views

音楽ライターの眼

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが2020年、復活/トム・モレロのギターの原点を探る

2962views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

4730views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

9029views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2613views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

17392views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

15900views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4349views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5379views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

2266views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3291views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6421views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

8347views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9965views

音楽ライターの眼

異次元を疾走する山中千尋が結びつけたクラシックとジャズ

2157views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2702views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3445views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

37900views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

15900views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3155views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

21537views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5524views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22618views