Web音遊人(みゅーじん)

「バンドってええなぁ」凄腕たちと聴かせるクリスマス・スペシャルライブ/綾戸智恵インタビュー

「バンドってええなぁ」凄腕たちと聴かせるクリスマス・スペシャルライブ/綾戸智恵インタビュー

心の奥から絞り出すようなパワーに満ちた声とユーモア溢れるトークで、デビューするやいなやコンサートチケットが入手困難な人気シンガーへと駆け上がった綾戸智恵。衝撃のデビューから20年、かつ還暦を迎えた2017年、集大成ともいえるアルバム『DO JAZZ Gokko』をリリースし、現在このアルバムを中心とするライブ『DO JAZZ LIVE Gokko』で各地をまわっている。2017年12月10日にモーション・ブルー・ヨコハマ行われるライブは、『DO JAZZ LIVE Gokko』のクラブ版のスタートとなるものだ。

アルバムに収録された曲は実に多様で、深くじっくりと歌い上げる『Amazing Grace』から、ドラムが軽やかにリズムを作る『I Wish I Knew How It Would Feel To Be Free』、さらには、ザ・ローリング・ストーンズの『Honky Tonk Women』やプリンスの『kiss』も入っているというバラエティに富んだラインナップ。いわく「これなら喜んでいただけるという曲。歌えるもの」を集めたアルバムだそうだ。
「どんな曲を歌いたいのか。それは洋服を選ぶときと一緒。気分や。誰かが歌ってるのを聴いて、あ、これ歌いたいなぁって。歌ってみて、似合わへんって言われたらもう歌わへん。若いときは似合わんでもええから歌ってみたいと歌ってましたよ。でも、そろそろこれが自分に適した歌やってわかる年齢になってきたからね」

「バンドってええなぁ」凄腕たちと聴かせるクリスマス・スペシャルライブ/綾戸智恵インタビュー

ライブやメディアで垣間見る綾戸の語り口から、年齢など気にせずに我が道を行っているのだと思いがちだが、然にあらず。60歳を迎えて歌手としての自らのあり方をシリアスに考え尽くした。それは「ゆっくり降りてゆく」ことだという。
「60歳らしくおらなあかんと思ってます。アホなことばっかりは言うてられません。音楽業界にまだまだ貢献してくださいって言われるような、若い人に尊敬されるような年寄りになりたい。そのためには、ゆっくりと坂を降りていきたいんです。登るときはやりたいようにやるけど、降りるときはさすが60歳やねと言われるように。若いときは素材がないから自分を作らなあかんかったけど、この年になったらじわじわと涌いてきます。そのじわじわ涌いてくるもので、ゆっくり降りようと思ってます」

この20年で自分に合う音楽を十分に見極めてきたということだろう。だからこそ、『DO JAZZ Gokko』に収められた曲は誰の曲であっても、綾戸節になっている。似合う服をさらっと着こなして颯爽と出かけてゆく、イキのよい女性の姿が浮かんでくるようだ。

今回のライブはバンド編成であることが聴きどころだ。集まったミュージシャンは凄腕ばかり。演奏に関しては全面的に信頼し、任せているという。
「ここでこう鳴ったらええなぁという音が、所々で入ってくる。その瞬間、あぁ、バンドってええなぁ、って思います。思わぬ所から音がでてくる、千手観音の感覚やね(笑)。コードがわからんでも、これこれって弾くとすぐにわかってくれる。そういうメンバーがうしろにビチッといてくれるから、バンドの音がしっかりできるんです」

モーション・ブルー・ヨコハマのライブは「クリスマス・スペシャル」とも謳っているので、クリスマスシーズンならではの雰囲気も楽しみなところ。さらに、ステージと客席が近いだけに、綾戸とバンドのメンバーがどのように音のやりとりをしているのか、間近で感じられるのも楽しみだ。
61歳になるまで続くという『Do JAZZ LIVE Gokko』。デビューから20年を経てどんな歌を選び、歌っていくのか。まずはヨコハマの地で見て、聴いて欲しい。
「60歳らしく、やりまっせー!」

■アルバムインフォメーション

『DO JAZZ Gokko』
綾戸智恵 DO JAZZ Gokko
発売元:MYDO
発売日:2017年6月21日
料金:3,240円(税込)
詳細はこちら

■綾戸智恵 DO JAZZ LIVE Gokkoクリスマス・スペシャル@モーション・ブルー・ヨコハマ

日時:2017年12月10日(日)
   1st 16:30開演(15:15開場)、2nd 19:30開演(18:15開場)※入替制
会場:モーション・ブルー・ヨコハマ(神奈川県横浜市)
詳細はこちら

■待望のライブハウスツアー決定!

2017年3月3日(土)ブルーノート名古屋、3月24日(土)大阪ロイヤルホース
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小山田圭吾さん「唯一の趣味が音楽だった」

11827views

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10x10』が遂に発売

音楽ライターの眼

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10X10』が遂に発売

2655views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

4448views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

32747views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

4157views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

27201views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5378views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

2088views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

13207views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

4720views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

1879views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10951views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

1810views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

10923views

反田恭平 - Web音遊人

音楽ライターの眼

ユニークな個性が演奏に反映し、聴き手の心をわしづかみにする反田恭平のピアニズム

3588views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

4850views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

2979views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

5696views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

10720views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

2823views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

14733views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1206views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2641views