Web音遊人(みゅーじん)

2人の名手だからこそなしえた“大人の音楽”/マイケル・コリンズ クラリネット・リサイタル -小川典子(ピアノ)とともに-

フィルハーモニア管弦楽団で長らく首席クラリネット奏者を務め、現在はソロや室内楽、さらに指揮者としても活躍する巨匠マイケル・コリンズ。今回は彼の盟友で、国際派ピアニストとしてもおなじみの小川典子による豪華デュオが、2022年8月13日、ヤマハホールで実現した。

演奏されたのは、2019年に彼らが録音した名盤『パリのクラリネット』の収録曲が中心で、いずれも19世紀後半以降のフランスで書かれた傑作。さらに、その合間や締めにコリンズの母国イギリスの現代作品も配置することで、多様性と緊密性とが巧みにバランスした構成になっていた。

前半冒頭のヴィドール『序奏とロンド』は、パリ音楽院の卒業試験用作品ということもあり、歌心と技巧の調和が求められる。速いパッセージからロマンティックな旋律へと歌い継いでゆく変奏を、2人は実に悠々と見通しよく紡いでいた。

続くフィンジ『5つのバガテル』は、イギリスの自然や童話などを想わせる5つの小品。第1曲『前奏曲』の清々しい駆け上がりや、第5曲『フゲッタ』の弾むようなパッセージでコリンズが見せた技巧的な完璧さは圧巻の一言に尽きた。だが、それ以上にみごとだったのは、中間の3曲における甘美な歌の数々。中でも、第2曲『ロマンス』でコリンズと小川と歌い交わした、青春時代のほろ苦い恋愛の回想に心を打たれた聴き手は多かったことだろう。

この作品に続いて演奏され、前半を締め括ったのが、プーランクのソナタ。作曲者の死の前年に書かれ、親交の深かった作曲家オネゲルの墓前に捧げられた名曲だ。ふざけ合うような楽想から、ふとした瞬間にしみじみと悲しいメロディに変わり、その交錯によって充実したひとときが流れてゆく。それを聴き終えた後に残る不思議な郷愁は、2人の名手にしかなしえない“大人の音楽”の賜物だったと思う。

休憩を挟んだ後半は、ドビュッシー『クラリネットのための第1狂詩曲』から。クラリネットの魅力である甘美な音色が、半音階的な動きなどにより繊細極まりない変化を見せながら、最後は揺るぎない音像となって結ばれる。そんな超のつく難曲を、コリンズは一筆書きのような遊び心としなやかさで描き切っていたのが素晴らしかった。

この後のサン=サーンスのソナタでは、第1楽章ののびのびとした牧歌、第2楽章の鮮やかな跳躍、第3楽章の重厚なコラール、第4楽章の快活なフィナーレという多彩な流れの中でも決して失われなかった、2人の澄み切った音色と音楽性が秀逸。

そして、トリを飾ったアーノルドのソナチネの第1楽章と第3楽章でも、2人が前曲で見せた切れ味の鋭さを継承しつつ、次第にパワーアップまでさせてみせる。その神業的な歩みは、ゆったりとした中にも切れ味鋭い所作で茶を点てたという茶人・千利休の姿に重なるものがあり、終演後は、彼が伊達政宗に語ったと伝えられる「相手に殺されてもよいという覚悟で臨むのが茶でございます」という言葉を思い出していた。

 

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:中川晃教さん「『音遊人』のイメージは、雲を突き抜けて、限りなくキレイな空の中、音で遊んでいる人」

5120views

音楽ライターの眼

渡辺貞夫がバッハの難曲に挑んだ『プレイズ・バッハ』を読み解いてみる

4258views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

23362views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

9285views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

7680views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

14869views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

8124views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9145views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

6062views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6849views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7447views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6044views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

17815views

音楽ライターの眼

日本のジャズ・ピアノ界を代表する3人のクラシック観についての私感

5447views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

19873views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

5964views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

16908views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

9708views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

4156views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

37312views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4295views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21369views