Web音遊人(みゅーじん)

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

Ulver(ウルヴァー)の“闇のポップ”への進化過程

変わらないのが魅力のロック・アーティストがいる。AC/DCやモーターヘッド、ラモーンズなどの作品は毎回ほぼ同じだが、常に最高クオリティのロックンロールが保証されており、世界中のファンから絶対の信頼を勝ち取っている(3バンドとも主要メンバーを失い、今後の活動が期待できないのが残念)。

それに対して、変化し続けるロック・アーティストもいる。デヴィッド・ボウイは作品ごとに異なったスタイルを取り入れてきたし、近年ではクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジやBorisなども新作ごとにファンを驚かせている。サプライズの要素がアーティストの魅力のひとつであるのと同時に、繰り返し聴くに足る音楽の魅力が必要なため、アーティストの力量が求められる作風である。

ノルウェーのロック・バンド、ウルヴァーは後者に属するアーティストだ。1993年に結成、初期はエクストリームなブラック・メタルを志向していた彼らだが、インダストリアル・ミュージックやプログレッシヴ・ロック、ダーク・アンビエント、サイケ/ガレージなど多様な音楽スタイルを取り入れ、2014年にはSUNN O)))とのコラボレーション・アルバム『テレストリアルズ』も発表している。

エクストリーム・メタルから幅広い音楽へと移行していった例としてはアナセマやパラダイス・ロスト、オーペスなどがあるが(パラダイス・ロストは近年メタルに戻ってきた)、ウルヴァーが2017年に発表したアルバム『The Assassination Of Julius Caesar』は、“ポップ”路線にシフトした作品だ。

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

Ulver『The Assassination Of Julius Caesar』(海外盤)

ポップ路線というと、初期のメタル時代から彼らをフォローしてきたファンは眉をひそめるかもしれない。実際、楽曲のバッキングはシンセ主体で、ヘヴィなギターはほぼ皆無だ。だが、唯一のオリジナル・メンバーであるガームことクリストファー・リグを中心としたソングライティングには妥協のかけらもなく、緊張感のみなぎる“ハーシュ・ポップ”が全編を貫いている。時に初期でペッシュ・モードを彷彿させる箇所があり、バンドがイメージする“ポップ”で引き合いに出されているのがトーク・トークやミュージック・マシーンであることからも、そのアプローチが一筋縄ではいかないことがわかるだろう。

また、9分半の「ローリング・ストーン」など、聴く者のイマジネーションを駆り立て、拡散させていく音楽性は、ラジオやMTVで流れるポップとはかなり趣を異にしている。

さらに歴史上の出来事を散りばめた歌詞もインスピレーションに富んだものだ。1曲目「Nemoralia」では西暦64年に皇帝ネロが起こしたローマの大火から、ダイアナ妃の死とローマ神話の月の女神ディアーネを結びつけた様子がポエティックに描写されている。また、「Transverbaration」で歌われている“1981年5月13日の水曜日、ローマに鳴り響いた銃声”は当時のローマ法王ヨハネス・パウロ2世の暗殺未遂事件を指している。

アルバム後半のハイライトといえる「1969」はタイトルの通り、1969年のアメリカ西海岸に思いを馳せた曲だ。伝説のウッドストック・フェスティバルに代表される“ラヴ&ピース”全盛の時代だが、ウルヴァーはその裏に潜む漆黒の闇へと我々をいざなっていく。

“我々は皆、ローズマリーの赤ちゃんを身籠もる。ヘルター・スケルター”という一節は、チャールズ・マンソンのカルト教団“ファミリー”が白人vs黒人の最終戦争を“ヘルター・スケルター”と呼び、映画『ローズマリーの赤ちゃん』(1968年)を監督したロマン・ポランスキーの奥方シャロン・テイトらを惨殺した事件を描いている。また、同年発表されたローリング・ストーンズの『レット・イット・ブリード』のタイトルも歌詞に忍び込んでいる。

最後の1節に “カリフォルニア通り6114番地に、家が建っていた”とあるが、サンフランシスコのその番地にあったのはアントン・ラヴェイ率いる悪魔教団“チャーチ・オブ・サタン”の本拠地、通称“ザ・ブラック・ハウス”だった。

アルバムごとに変化してきたウルヴァーが新たに踏み込んでいった暗黒の世界。『The Assassination Of Julius Caesar』は、我々の知る“ポップ・ミュージック”の定義を一変させかねない、キャッチーなメロディの向こう側に潜む何かを垣間見せてくれる作品だ。

元ホークウィンドのニック・ターナーもサックスでゲスト参加している。

なおウルヴァーは2017年11月に3曲入りEP『Sic Transit Gloria Mundi』を発表しているが、こちらも必聴の秀作だ。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

10588views

音楽ライターの眼

連載16[多様性とジャズ]人種統合施策の歴史的事件をテーマにした『フォーバス知事の寓話』

1066views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

6443views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

18990views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7415views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8211views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11142views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8336views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21893views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5333views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6896views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28968views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8739views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8179views

徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.10

音楽ライターの眼

演奏者たちの個性と作品の情緒がぴたりと合う/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサート Vol.10

365views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7012views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

891views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

11270views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4283views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4422views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17593views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8336views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9591views