Web音遊人(みゅーじん)

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

シンガー・ソングライターとして日本で確固たるキャリアを築きながら、アメリカでジャズピアニストに転身した大江千里さん。2008年から暮らすニューヨークの空気を運んでくれるかのように、音楽への思いをとびきり陽気に語ってくれました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

バッハのインベンションですね。その中でも、シンプルで一番基本となる「1番」です。ピアノを学ぶ上での入り口であり、いまだに完璧に覚えているほど刷り込まれています。
ジャズピアニストになった今改めて思うのですが、バッハはジャズに通じる部分があって、無駄がなく、構成力があって、バリエーションが豊か。また、スペースの作り方がすごくうまくて、ボイシング(和音の構成)が素晴らしい。そして、実際に移動している音域より、音感的にはもっと膨らんでいるようなイメージをもたらしてくれるんです。ある意味、ポップス的ともいえますね。その手法は、僕がかつて光GENJIに提供した『太陽がいっぱい』という曲で、応用させてもらっています。アイドル歌手なので、歌える音域は限定されてしまうのですが、その中でキャッチーに聴こえるように転調を多用して、ガラッとイメージが変わるようにしてみたんです。
インベンションは本当にミニマムだけど、美しい。そして、深くて難しい。ポップスの要素もジャズの要素も、もちろんクラシックという素晴らしい芸術の極意も入っていますし、ちょっぴりレゲエっぽいフレーズも感じます。本当に盛りだくさんで“ありがとう”って感じですよね。

Q2.大江さんにとって「音」や「音楽」とは?

音に耳が敏感なんです。だから、タクシーに乗った時などは耳を休ませたくて、BGMをかけないでくださいとお願いしているんです。家でも、音楽をなるべく流さないで過ごしていますね。必要があってネット上の音楽を聴き始めたりすると、一気に聴き漁ってしまうのですが、心地良いのは無音の状態なんです。
そもそも、日常生活にはただでさえいろいろな音の要素があふれていますよね。僕はそれにいちいち反応してしまうんです。例えば、ニューヨークのLトレインに乗ろうとする時、駅に入ってきた電車の車輪が線路とすれる音が「ア~ハハハハハハア~ラ~ア~ハ~ラ~ア~ハ~」と聴こえ、「あ、この音と音の間隔はメジャーセブンだ」という風にね(笑)。だから、無音になった時は、それを大きなスペースとして楽しみたい。無音の中にいる時の方がむしろ、ふとしたアイデアが湧いてくるんですよね。

大江千里 さん- 今月の音遊人 

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

自分と音がつながることはもちろん楽しいですが、それ以上に、聴いてくれる人がいて、拍手や笑顔が返ってきて、音楽が回っていく瞬間が好きです。
以前、ニューオリンズでアフロアメリカンの常連さんばかり集うライブハウスで演奏した時のこと。全身全霊を込めて作った『answer july』という曲を弾いていたんですが、いかんせん転調が多い曲だから、なかなか客席の雰囲気が盛り上がっていかない。『聖者の行進』のような馴染みのあるノリのいい曲じゃないとダメなのかなと思っていると、突然マイケル・ジャクソンの『BAD』が大音量で流れちゃって!退屈した人がジュークボックスをいじっていたんですね。それでも、最後までめげずに弾いたのですが、パラパラとお義理のような拍手をもらっただけでした。やはり厳しかったな~と思いました。
その後、あるキーボーディストの方に「ニューオリンズでは踊れる曲じゃないとダメなんですよね」とアドバイスされて、気付きました。彼らにとっては、音楽は人生なんですね。街を練り歩いて演奏すれば、そこに1人、また1人と加わって音を重ね、踊りの輪が広がっていくような。実際、『上を向いて歩こう』を踊れるように弾いたら、洗濯板みたいな楽器を“ギーツァツァ”って鳴らしながら演奏に加わってきてくれる人がいたんですよ。
だから、その場の空気を読んだうえで、自分をなくさずに変わっていけることが大事なんだと思いました。子どもが多ければ『サザエさん』や『ドラえもん』の主題歌をジャズで弾いたらいい。大江千里のポップス時代のファンがいれば、当時の曲も弾けばいい。「自分がこうなんだ!」と言うばかりじゃなく、その時々の雰囲気に対応して音楽を生み出せる人が、「音で遊ぶ人」なんだと思います。

大江千里〔おおえ・せんり〕
シンガー・ソングライター。ジャズピアニスト。1983年シングル『ワラビーぬぎすてて』、アルバム『WAKU WAKU』でデビュー。翌年、CMソングに起用されたシングル『十人十色』のヒットで注目を集める。90年代も『dear/million kiss』『APOLLO』『格好悪いふられ方』など立て続けにヒットを記録。映画やドラマ出演など、さまざまなジャンルで活躍。2008年以降は、日本での活動を休止してニューヨークに移住。2012年にはジャズピアニストとしてデビュー、2016年9月には4作目となるアルバム『answer july』をリリースした。
大江千里オフィシャルサイト http://peaceneverdie.com/

 

特集

八代亜紀さん

今月の音遊人

今月の音遊人:八代亜紀さん「人間だって動物だって、音楽がないと生きていけないと思います」

5436views

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

音楽ライターの眼

Ulver(ウルヴァー)の“闇のポップ”への進化過程

7018views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

9370views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

14504views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7632views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

2585views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

8037views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7100views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14573views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2285views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3285views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5773views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7155views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14573views

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

音楽ライターの眼

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

2555views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

6605views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4100views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

4362views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2539views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2928views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

763views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2566views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16515views