Web音遊人(みゅーじん)

CASIOPEA 3rd

続けることが新しいこと。一発録音、全曲書下ろしのニューアルバム『A・KA・RI』/CASIOPEA 3rdインタビュー

1979年のレコードデビュー以来、フュージョンシーンのトップを走り続けるCASIOPEA。華やかで超絶テクニカルなプレイと親しみやすいメロディーを両立させた、唯一無二の“カシオペア・サウンド”が多くのファンの心をとらえてきた。
2014年からは「CASIOPEA 3rd」として、野呂一生(ギター)、鳴瀬喜博(ベース)、大髙清美(オルガン)、神保彰(サポートドラム)のメンバーで精力的な活動を展開。2018年7月18日には待望のニューアルバム『A・KA・RI』がリリースされ、サマーツアーもスタートする。さらに進化した“カシオペア・サウンド”について、野呂、鳴瀬、大髙の3人に伺った。

2017年はCASIOPEA結成40周年、野呂が率いるもうひとつのスーパーバンド「ISSEI NORO INSPIRITS」結成10周年、そして野呂の還暦が重なったアニバーサリーイヤーだった。このトリプル・アニバーサリーを祝して2組のバンドがジョイントする一夜限りのライブが行われ、大きな反響を呼んだ。3時間にも及んだライブはBlu-rayに完全収録され、2018年5月に『CASIOPEA 3rd&INSPIRITS Both Anniversary Gig「4010」』のタイトルでリリース。会場が一体となった白熱のライブを臨場感たっぷりに味わわせてくれる。

そんなスーパーバンドの次なる飛躍を象徴するのが、今回リリースされる『A・KA・RI』だ。『A・SO・BO』『I・BU・KI』に続く三文字シリーズの完結盤であり、今回のテーマは希望。
「光だとまぶしすぎる。温かさや優しさという気持ちを込めたタイトルです」
野呂はそう話す。収録されている全11曲はすべて新曲。野呂を筆頭に全メンバーが書き下ろした。幅広いタイプの曲を集めつつも、それぞれが希望の“あかり”をまとって美しく調和する。

CASIOPEA

「シンプルにメロディーを重視したつくり方なので、メロディー部分をぜひ聴いてほしい」(野呂)というが、なかでも注目すべきは『LAST DANCE』と『FLOWER OF LIFE』。
「CASIOPEA 3rdでは8分の6拍子をやることはあまりなかったのですが、今回それを全面的に出したのが『LAST DANCE』。一番遊び心がある曲だと思います」(野呂)。
一方の『FLOWER OF LIFE』は、CASIOPEA初のディスコだ。
「これがいいんですよ。そしたら、『ギター・マガジン』最新号(2018年7月号)の特集はディスコ天国だっていうから……部長(野呂)はさすが時代を先取りしている(笑)」と鳴瀬も太鼓判を押す。
分業では音楽にならないというこだわりから、いつものようにライブ感覚で“せーの!”の一発録音で行われた今回のレコーディング。野呂はメンバー全員がスキルアップし、どんどん変わっていることをひしひしと感じたという。その思いはメンバーも同じ。大髙もこう話す。
「みんな、絶対止まっていない。それは、常に思いますね。私も今回、相談しながらレジストを新しくつくり直してみたりしました」

CASIOPEA

ニューアルバムの曲とともに、2018年7~8月にはサマーツアーも開催される。
「初々しさを出したライブにしようと思っています。止まりたくないという思いがあるので、これからもどんどんいろんなことにチャレンジしていきたいし、気持ち的な若さは今の若者に勝っていると思います!」と野呂。鳴瀬も「自分にとっては続けることが新しいこと。毎回、あれだけステージでデカイ音を出して、8弦ベースを弾きまくって……こんな幸せはないよね」と意気込みを語る。
大髙もライブで新曲を演奏するのが楽しみだと笑顔をみせる。
「CASIOPEA はテクニック的にはものすごいのですが、なぜかすごく聴きやすくて踊れるという、私にとっては不思議なバンドなんですよね。ふつうはテクニックを見せられると踊れなくなりますよね。でも、なぜかこのバンドはそのふたつが共存しているんです。今回もてんこ盛りの楽しいライブになると思うので、ぜひみなさんに来ていただきたいです」

重ねた年月とともに深みを増しつつも、常に遊び心旺盛でチャレンジングなCASIOPEA 3rd 。新作につけられた「伝説のスーパーバンド」のコピーを見た鳴瀬は「伝説になっちゃったよ。まだ生きているのに」と笑う。決して止まることなく魅力を放ち続ける彼らの音楽を、アルバムでライブで、ぜひ堪能してほしい。

■ニューアルバム『A・KA・RI』

A・KA・RI
発売日:2018年7月18日
料金:3,000円(税抜)
発売元:ハッツアンリミテッド

■Blu-ray『CASIOPEA 3rd&INSPIRITS Both Anniversary Gig「4010」』

CASIOPEA 3rd&INSPIRITS Both Anniversary Gig「4010」
発売日:2018年5月9日
料金:5,926円(税抜)
発売元:ハッツアンリミテッド

■CASIOPEA 3rd~2018 SUMMER TOUR~

2018年7月28日(土)~8月25日(土)
広島、福岡、名古屋、大阪、神奈川、仙台、鳥取で開催。

詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

3283views

音楽ライターの眼

日本のジャズ・ピアノ界を代表する3人のクラシック観についての私感

1701views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

5056views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

10558views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

3135views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

6237views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2909views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1525views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4063views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1471views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2218views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3543views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

8761views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

5727views

ニューイヤー・コンサート2018

音楽ライターの眼

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2018は、14年ぶりにムーティが指揮台に立つ

3662views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

2374views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

2629views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

1532views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

2181views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

2403views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

8495views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3147views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12018views