Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:MORISAKI WINさん「音は感情を表すもの。もっと音楽を通じたコミュニケーションをして、世界を見る目を広げたい」

俳優として多忙な日々を送る中、2020年にメジャーデビューし、歌手としても本格的に活動しているMORISAKI WIN(森崎ウィン)さん。グローバルに活躍している彼だけあって、音楽の捉え方にも広い視野が反映されています。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

撮影などの現場帰りに運転しながら聴くと、めちゃめちゃ癒される曲があるんです。『不得不愛(ブ・デ・ブ・アイ)』っていう曲で、元は韓国のFreeStyleというラッパー2人と、女性のシンガーで歌っている曲なんですけど、それを中国語でカバーしているんです。
原曲を知ったのは21、2歳ぐらいの時で、仲の良かったクラブのDJさんがお開きの時にかけていた曲でした。R&Bとかで盛り上がった最後に、その曲がスッと体に染み入ってくる感じで。だから、1日の終わりといったら、これに戻るっていう自分がいたんですよね。後に中国語バージョンがあることを知り、それがこの『不得不愛』でした。歌っている弦子(Xian Zi)というシンガーは、「アイ・ラブ・ユー」というところを、「アイ・ラブ・“フュー”」って歌うんです。「F」が入るんですよね。これがかわいくて!サウンドの響きもなじみのある感じです。ミャンマーは中国のドラマとか時代劇とかが昔から入ってきていたので、そのBGMの雰囲気を感じるんですよね。

Q2.MORISAKI WINさんにとって「音」や「音楽」とは?

音は、感情を表すものという気がしています。例えば「いや、全然怒ってないから……バンッ!(とテーブルをたたく)」。こういうのに、僕すごく敏感なんです。ドアの閉め方などもそうですね。人間の行動によって生まれるものだから、音って感情だなあって思います。コロナ禍の今は、マスクをしていて表情がわかりづらいから、なおさら音には敏感になりますよね。音楽も同じで「きっとこいつ、このパートをイライラしながらレコーディングしてるな」って、すぐわかります。あ、自分のことですよ(笑)。うまく歌えなくて、イライラしながら録っているなあって。いくらエフェクトをかけようが、そこに人間味が出てしまう。いいことでもあると思うんですけどね。
好きな音?僕、寝るときに窓を開けていることが多いんです。車の走る音とか嫌いじゃないし、ちょっと風が吹いていたりするのもすごく好きなんです。安心感が生まれるというか。むしろ無音だと色々なことを考えちゃって眠れない。窓が開けられないホテルだと、ユーチューブなどで何か音を流しながら寝ることもあります。きっと、音自体が好きなんですね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

「音遊人(みゅーじん)」って、いいネーミングですよね。すてきだなあ。考えた人、誰ですか?(笑)。この言葉で連想したのが、動物です。生物って言った方がいいかな。僕ら人間は言葉というものがあって、それで意思を伝えたりするけど、動物は言葉がなくても木をたたいたりして何かを知らせますよね。鳥も木をつついたりして、ね。彼らにとって音は、コミュニケーションツール。だから、音で遊んでいるのは生物全般だと思うんですよ。それが発展して、音楽、ミュージックになっていく。人類も最初は太鼓をたたいているイメージですよね。僕も暇になると、こうやって遊んでますよ(と言って、テーブルをリズミカルにたたく)。そうそう、今、ドラムをやりたくて、電子ドラムを買おうか迷ってるんですよ。(「いいものを取り揃えてますよ」と、ヤマハスタッフの声)。そっか!それ、MIDI入力もできるんですか?いくらですか?(……と、しばし脱線)

僕にとっても、音楽活動はコミュニケーションの一つになっていると思います。ゆくゆくは、ギター1本持ってアジアを回ったりしたいな。弾き語りツアーみたいなのをしたいです。武者修業ですね。この間、ナオト・インティライミさんが話してくれたんですけど、知らない土地に行っても、サッカーと音楽ができれば大丈夫だよって。いきなり乗り込んでも、すぐライブできるからって。だから、もっと音楽を通じたコミュニケーションをして、世界を見る目を広げていきたいなと思っています。

MORISAKI WIN〔もりさき・うぃん〕
1990年8月20日生まれ。ミャンマーで生まれ育ち、小学校4年生の時に来日。中学2年生の時にスカウトされ、芸能活動を開始。2008年にダンスボーカルユニットに加入し、メインボーカルを担当する。俳優としては、2018年に公開されたスティーヴン・スピルバーグ監督の映画「レディ・プレイヤー1」で主要キャストに抜擢され、ハリウッドデビュー。2020年、映画「蜜蜂と遠雷」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。同年7月、『パレード – PARADE』でメジャーデビュー。全世界に向けた配信ライブなど海外を視野にした音楽活動を積極的に実施する。2021年5月、ファーストアルバム『Flight』を発売し、同年10月には新曲『Me,Myself and I』を配信リリース。
オフィシャルサイト

photo/ 阿部雄介

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

5941views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

2889views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

2237views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

1704views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2940views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

6959views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

14400views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4066views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6011views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

5711views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

4256views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20829views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12712views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

19538views

音楽ライターの眼

英国ハード・ロック・バンド、バッジーの受け継がれる伝統

675views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4233views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

2592views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

12555views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

10312views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3759views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

11872views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4742views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7199views