Web音遊人(みゅーじん)

May J.

映画の名曲をオーケストラや弦楽四重奏にのせて歌い上げたニューアルバム『Cinema Song Covers』/May J.インタビュー

2017年、オリジナルアルバム『Futuristic』をリリースし、新録曲すべての作詞作曲を自身で手がけるなどアーティストとしてさらなる進化を見せたMay J.。2018年7月25日には、累計100万枚を突破したカバーシリーズの第4段『Cinema Song Covers 』をリリース。誰もが知る映画の名曲をオーケストラや弦楽四重奏、アコースティックな演奏にのせて歌いあげる。

子どものころからずっとロングヘア。トレードマークであるその髪を、新作アルバムのジャケット撮影のためバッサリ切った。「ロングヘアじゃないと自分じゃなくなるとか、うまく歌えないかも、とか……これまで髪がお守りみたいな感じでしたが、徐々に髪に支配されなくなりました。髪を切ったのは20代最後にやり残したことだったのと、30代に向けての新たな挑戦です」。ショートカットのMay J.は、そういって涼やかに笑う。

『Cinema Song Covers 』は、May J.が20代最後に仕上げ、30代最初にリリースする作品。挑戦が結実したアルバムには、小さいころから映画音楽が大好きだった彼女が厳選に厳選を重ねた洋画、邦画の映画音楽全18曲が収録されている。
「子どものころから歌っていた曲のほか、大人になってから観た映画の音楽もあります。『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』の音楽は、映画館で聴いた瞬間に歌いたい!と思いました」。今の自分が出せる絶望感をどうしても表現したくて収録し直したという『I Dreamed A Dream(レ・ミゼラブル)』も注目だ。

May J.

実は、このアルバム誕生の背景にはフルオーケストラとの共演があった。
「ここ4年ぐらい、フルオーケストラでライブをさせてもらうことが多くなったんです。最初は戸惑いましたが、いまとなっては本当に贅沢です。弦楽器の音色も大好きで、バイオリンやチェロも歌っていると思っています。2017年は、初めて単独のコンサートもやらせていただきました。その経験が自分のなかでは大きくて……」

初の単独フルオーケストラコンサート『billboard classics May J. Premium Concert 2017~Me, Myself & Orchestra~』では、圧巻のパフォーマンスで会場中を魅了。コンサートはDVD、Blu-rayで映像化もされているが、これがMay J.の第2チャプターが幕を開けた瞬間だった。
「同じ曲でもオーケストラをバックに歌うと、まったく違った世界観が生まれるんです。もっともっとやりたいと思いました。フルオーケストラと共演するときは映画音楽が欠かせなかったのですが、これを音源にできたら……と思ったんです。それで、今回のアルバムはオーケストラの感じを残しながら大好きなシネマソングを歌うというテーマでつくりました」

新たな命を吹き込まれた名曲の数々は、映画の名シーンや思い出を蘇らせてくれるだけでなく、見たこともない景色を引き連れてきて心に響く。
オリジナル、カバーと分けて考えてはいないというMay J.は、カバー曲を歌う際には歌詞1行ずつに自分の経験をもとにイメージしたシーンを設定し、ストーリーにしていくという作業を、時間をかけて行う。だからこそ、唯一無二のMay J.ワールドが生まれるのだ。
8月には全国ツアーも開催され、『Futuristic』や『Cinema Song Covers 』を中心した楽曲が披露される予定だ。
「生で聴いていただきたいという思いは強いです。これまのでツアーは5ピースバンドでやっていたのですが、今回は弦楽四重奏も入ります。フルオーケストラまではいきませんが、感動を全国の方に少しでもお届けできたらと思い、この編成に初めてチャレンジします」
30代が楽しみだと語るMay J.の挑戦は止まらない。

■アルバムインフォメーション

『Cinema Song Covers』
Cinema Song Covers
発売元:rhythm zone
発売日:2018年7月25日
料金:3,780円(税込)
詳細はこちら

■ コンサートインフォメーション

2018 年7月28日(土)〜9月16日(日)、全国8か所で「May J.Tour 2018」を開催。
詳細はこちら

 

特集

沖仁さん

今月の音遊人

今月の音遊人:沖仁さん「憧れのスターに告白!その姿を少年時代の自分に見せてあげたい」

7092views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.2

4314views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

3540views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

50052views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

1398views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

8871views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

11449views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2258views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4074views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

4170views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2777views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

13986views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

4425views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

15710views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

1587views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

6623views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3003views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

自宅で一流アーティストのライブが楽しめる自動演奏ピアノ「ディスクラビア エンスパイア」

28867views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

13054views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2447views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

12988views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

1740views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16539views