Web音遊人(みゅーじん)

演奏と語りの名手たちが、詠み、演じ、そして踊った。NHK交響楽団メンバーによるストラヴィンスキー「兵士の物語」

演奏と語りの名手たちが、詠み、演じ、そして踊った。NHK交響楽団メンバーによるストラヴィンスキー「兵士の物語」

N響コンサートマスターの伊藤亮太郎を中心とした同響の7人の名手と、上方落語の実力派・桂米團治が共演した注目の公演。

前半は、グリエールの「バイオリンとコントラバスのための組曲」と、ラヴェル「マ・メール・ロワ」が演奏された。

伊藤と西山真二(コントラバス)による前者は、19世紀末~20世紀前半のロシアで活躍した作曲家が、バイオリンとチェロのために書いた8つの小品が原曲だが、この日はアメリカの作曲家プロトのバイオリン&コントラバス編曲版を演奏。両楽器は音域が離れているため、音色の調和に苦労する難曲だ。だが、日頃からの仲間である彼らは、バイオリンの持続音の上でコントラバスがゆったりと歌い出す第1曲から、実に親密で深みのある掛け合いを展開。バイオリンの美音とコントラバスの音程は常に安定しており、最後のスケルツォではジャズのように軽妙で自在な妙技も聴かせてくれた。

伊藤亮太郎と西山真二

続く後者は、出演者でもある打楽器奏者・竹島悟史の編曲版で、竹島、伊藤圭(クラリネット)、宇賀神広宣(ファゴット)、菊本和昭(トランペット)、新田幹男(トロンボーン)の五重奏。クラリネットは音域の異なる3本を、打楽器はマリンバ、ビブラフォン、パーカッションの3種を弾き分け、トランペットはフリューゲルホルン、トロンボーンはユーフォニアムと各々持ち替える、大変凝った編曲だった。ビブラフォンと4つの管楽器が幽玄に歌い出す「眠りの森のパヴァーヌ」、中国のカンフー映画のような世界を現出した「パゴダの女王のレドロネット」。フリューゲルホルンとトロンボーンが、まさに“野獣”のように激しく活躍する「美女と野獣の対話」、この編成ならではの重厚で骨太な「妖精の園」と、新鮮でオリエンタルな響きに随所で驚き、楽しみ、感嘆した。

打楽器奏者・竹島悟史の編曲版で、竹島、伊藤圭(クラリネット)、宇賀神広宣(ファゴット)、菊本和昭(トランペット)、新田幹男(トロンボーン)の五重奏

そして後半、米團治が加わった「兵士の物語」は、中央に緋毛氈(ひもうせん)で覆った高座を置き、後方には踊り用の舞台を配置。7楽器はその両翼に分かれて上演した(左にバイオリン、コントラバス、クラリネット、ファゴット、右にトランペット、トロンボーン、パーカッション)。クラシックに造詣の深い米團治は、落語とオペラを融合した「おぺらくご」の確立者でもあるが、この日は、語り、兵士、老人、ダンサーなどの全配役を兼任する活躍ぶり。小道具や見台&膝隠しなどを巧みに使い、扇子をバイオリンに、手拭を本に見立てるなど、いい意味で無国籍な自由と精妙、迫力を備えた熱演を繰り広げた。また、病の王女を治すべく王宮に出かける場面や、最後の国境越えでは、台詞を一切排し、日本舞踊にも精通した上方落語の正統派ならではのみごとな踊りを披露。他にも、悪魔からバイオリンを奪い返す指南役を菊本が関西弁でユーモラスに務めるなど、好演出が続く。そして、「タンゴ」「ワルツ」「ラグタイム」の3舞曲では、米團治が舞台左裏に退き、N響ならではの洗練された音楽を前面に押し出す一幕も。「詠まれ、演じられ、踊られる」の副題を持つ本作の新たな真髄が示された衝撃の1時間だった。

米團治「兵士の物語」

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『Vivace』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

 

特集

石若駿

今月の音遊人

今月の音遊人:石若駿さん「音楽っていうのは、人の考えとか行動の表れみたいなものだと思う」

290views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.6

4252views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

6156views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

1152views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3341views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

9370views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

7422views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10196views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

8000views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

4203views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4193views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7632views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6227views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10874views

音楽ライターの眼

シリーズ三度目のショスタコーヴィチはさらなる進化と深化の高みへ/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.8

598views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

9154views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

8111views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

7882views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

11024views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

7001views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

20375views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5197views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7632views