Web音遊人(みゅーじん)

桑原あい

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

ピアニストの桑原あいです!今日はバイオリンに挑戦するために〈ヤマハミュージックアベニュー渋谷cocoti〉にやって来ました。ピアノは鍵盤楽器であり、弦楽器、打楽器でもあるのですが、私はいつも弦楽器であることを意識して弾いているんです。楽器のなかでも弦楽器が好き。木でつくった楽器は、響きがナチュラルなのが魅力です。

「今日のレッスンは、最後は第九の『歓喜の歌』を演奏するところまでやりたいと思います」と、指導してくださる竹内絵美先生。せ、先生、本当ですか?
まずは、楽器の構え方と弓の持ち方を教わります。「構えがピタッと決まっていてオケの人みたいですね」。バイオリニストを真近で見る機会があるせいか、先生にそう褒めら
れましたが、弓の持ち方は思っていたよりも難しい!
続いて、左手で弦を押さえない「開放弦」の音を出してみます。手首の力の入れ方がピアノとはまったく違うので、なんだか不思議な感じ。弓を元から先まで使って、ダウンとアップを繰り返し、音源に合わせて弾いていきます。
最初は弓の力の入れ具合がよくわからなかったのですが、先生に「もっと圧力をかけると厚みのある音になりますよ」と言われて弾いてみるとびっくり。思っていた以上に響くんですね。実は子どものころ、一度だけ家にあったバイオリンを弾いてみたことがあるんです。ギコギコで終わったのですが、きちんと教わればちゃんと鳴るんですねえ。
4本の弦を弾きわけたところでいったん楽器を置き、先生が音を響かせるしくみを説明してくれます。弦の振動が駒(こま)から表板、魂柱(こんちゅう)、裏板に伝わり、ボディが共鳴して華やかな音になるのだそう。「弦をひっかくというより、楽器を鳴らすイメージで弾くと、もっと深い音が出ると思います」と先生。その言葉を意識し、次は左手で弦を押さえて音を出していきます。今回、一番難しかったのがこれ!鍵盤があるピアノと違って、音程を自分で調整していくのは大変なんですね。
最後は、全員で『歓喜の歌』をアンサンブル。生徒は下、先生が上のパートを担当するということで、安心しました(笑)。

私が今やっているプロジェクトにコントラバス奏者の方がいて、その方のアレンジ譜も私が書いたりしているのですが、今日は弓の動きによる音の違いなどがよくわかりました。今後の活動に生かしていきたいと思います!

桑原あい

■桑原あい(くわばら・あい)

1991年生まれ。幼少よりヤマハ音楽教室でエレクトーンと作曲を学ぶ。多くのコンクールで入賞を果たし「天才エレクトーン少女」として注目される。中学生後半よりピアノに転向。2010年4月にファーストライブを行い、企画・演出・作曲のすべてを自身で手がけ好評を得る。現在も自身のトリオ・プロジェクトを中心に、さまざまなジャンルの活動を行っている。
オフィシャルサイトはこちら

●アルバム情報

『Love Theme』
桑原あいトリオ・プロジェクトの4枚目にして初のカバー・アルバム。ジャズのスタンダード・ナンバーから映画音楽、キング・クリムゾンまで、幅広い選曲を「心から楽しんでレコーディングできた」という好盤。
発売:ewe records
価格:2,500円(税抜)
発売日:2015年4月1日

●ライブ情報

2015年10月4日(日)JAZZ HOUSE alfifie(東京・六本木)
桑原あい(ピアノ)、須川崇志(ベース)、石若駿(ドラム)

■今回の体験レッスン会場

ヤマハミュージックアベニュー渋谷cocoti
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti 6階
最寄り駅:JR/東急ほか 渋谷駅から徒歩4分
TEL:03-3409-2671
営業時間:平日10:00~21:30/土曜10:00~20:00/日曜10:00~18:30
※祝日の営業時間は曜日に準じます

■無料体験レッスン受付中!「ヤマハ大人の音楽レッスン」

TEL:0120-329-808(9:30~17:30/土・日・祝日休)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:さだまさしさん「僕にとって音楽は、最高に好きなものであり、最強に嫌いなもの」

8114views

音楽ライターの眼

世界観もさまざまに、4人の名手たちが紡ぐギターの音色に酔いしれる/Acoustic Guitar Festival Special Concert Vol.1

2772views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

8402views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

160767views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

8448views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

36646views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10193views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

6387views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

15409views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

2594views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4111views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7201views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

9003views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10303views

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

5045views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

12142views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3465views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

12482views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

17745views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

5815views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

11876views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5128views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7201views