Web音遊人(みゅーじん)

究極の声の響きをつくり上げることが永遠のテーマ/秋川雅史インタビュー

朗々としたドラマチックな歌声で、聴き手を魅了するテノール歌手、秋川雅史。多岐にわたって活躍するなか、コンサートは「来てくださる方と一緒につくり上げていくもの」だという。2018~19年にかけての年末年始も各地でコンサートが開かれ、秋川ならではの世界観を存分に楽しませてくれそうだ。

クラシックの歌声の響きは、なぜ聴く人の心を揺さぶるのだろう。秋川はいう。
「何百年という歴史のなかで人間の肉体の限界を研究してつくられた発声法であり、人間がふだん出さない声を、歌い手がつくり上げて磨いていったものなんです。そこには、他のジャンルには絶対に出せないエネルギーがあると思っています」
その魅力を少しでも多くの人に伝えたい。そして、歌を通してエネルギーを届け、元気を持ち帰ってもらいたい──。秋川は、そんな思いをコンサートに込める。

現在、秋川は大きく分けると3種類のコンサートを行っている。ひとつは、マイクを使わない“生音”でクラシックの曲を歌う、いわば王道のクラシックコンサート。『聴いてよく分かるクラシック』と題し、2015年から公演を続けている(2018年に内容を一新し、『聴いてよくわかるクラシック2』と名称変更)。
ふたつめは、クラシックの枠を超え、歌謡曲など幅広いジャンルの楽曲を歌うコンサート『ザ・ベスト』。とはいえ、伝えたいのはあくまでもクラシックの歌声。だから、発声方法を変えることなく、多彩な楽曲を通じてその魅力を表現する。
そして、もうひとつが、「お客様とより一体感が生まれるし、いろいろな挑戦ができて面白い」と語る『ディナーショー』だ。

秋川雅史

2018年を締めくくるのは、12月26日に帝国ホテル大阪で開催される「イヤーエンド ディナーショー」。
「ディナーショーではエンタテインメント性を意識して、純粋に楽しんでいただけるよう心がけています。客席のなかで歌ったりするなど、コンサートではやらないことをやります」
2018年で11回目を迎える帝国ホテル大阪でのディナーショーは、毎年大好評。2017年は、子どものころから憧れていたという沢田研二の『勝手にしやがれ』を歌い、帽子を投げるあの演出までこだわった。
「ジュリーの声の印象が強すぎて、自分のなかでは他の人の声になってはいけないという思いがずっとあったんです。でも、去年それを打ち破って歌ってみたら、意外といけたかな(笑)。ディナーショーだから、それができたという感じです」
秋川にとって、ディナーショーはチャレンジングな場でもある。2018年は、やはり憧れだった西城秀樹の楽曲を歌う予定だそう。また、イタリアのテノール歌手をゲストに招き、華やかな共演が行われるというから、圧巻のパフォーマンスに期待が膨らむ。

さらに、2019年1月27日(日)には山口県光市で、2月17日(日)は奈良県大和郡山市で「聴いてよくわかるクラシック2」が開催される。
「『千の風になって』という曲を通じて秋川雅史に興味を持っていただき、コンサートに足を運んでくださる方が増えてきました。そんな方たちにクラシックの魅力をわかりやすく伝え、身近に感じていただきたいと思って始めたコンサートです」
その歌声は言わずもがなだが、軽快なトークも醍醐味。秋川が紡ぎ出す世界にいつの間にかぐんぐん引き込まれていくことだろう。
「そもそも何曲も連続して歌える発声法じゃないんです。だからクラシックの歌い手は一度舞台の袖に引っ込んだりしてインターバルを取りながら歌うわけですが、歌っていない間も楽しんでもらうことはできないかとしゃべりの研究をし始めたんですよ。最近では、何を歌うかよりも、どんな話をするのかを楽しみにしてくださるファンの方もいらっしゃるぐらいです(笑)」
歌は、歌い手が聴き手に感動やエネルギーを届ける一方通行のイメージがあるが、コンサートではそれがインタラクティブになるという。
「たとえばお客さまが感動して、その気持ちを拍手に込めてくださったりすると、それが歌うエネルギーになるんです。巡っているんですよね」
究極の声の響きをつくり上げることが永遠のテーマだという秋川。進化し続けるその響きとコンサートならではのエネルギーをぜひ体感してほしい。

⬛公演インフォメーション

秋川雅史 イヤーエンド ディナーショー

日時:2018年12月26日(水)ディナー18:30開演/ショー20:00開演
会場:帝国ホテル大阪 孔雀の間(3F)
料金:39,000円(お料理、お飲物代、サービス料、税込)
※インペリアルクラブ会員 37,000円

秋川雅史 コンサート 〜聴いてよく分かるクラシック2〜

日時:2019年1月27日(日)15:00開演(14:30開場)
会場:山口県 光市民ホール 大ホール
料金:3,500円

日時:2019年2月17日(日)14:00開演(13:00開場)
会場:奈良県 DMG MORI やまと郡山城ホール 大ホール
料金:4,000円(前売)/4,500円(当日)

公演の詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

8575views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase16)リスト「詩的で宗教的な調べ」、超絶技巧の果ての高い精神性と旋律美

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase16)リスト「詩的で宗教的な調べ」、超絶技巧の果ての高い精神性と旋律美

1216views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

131299views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

38429views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

10161views

オトノ仕事人

テレビ番組の映像にBGMや効果音をつけて演出をする音の専門家/音響効果の仕事

2346views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

14080views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7444views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8396views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1776views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4527views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25155views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19418views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19557views

音楽ライターの眼

歌えて、泣けて、踊れるサウンド。映画『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』公開

2101views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

3526views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

4864views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44529views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

14247views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5470views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

3001views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9230views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25155views