Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:Crystal Kayさん「音楽がなかったら世界は滅びてしまうというくらい、本当に欠かせない存在です」

ブロードウェイミュージカル『ピピン』のリーディングプレイヤー役をはじめ、多彩な表現力を持つシンガーとしてマルチなフィールドで活躍するCrystal Kayさん。音楽に対する真摯な想いを伺いました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

難しいですね……。もしかするとボン・ジョヴィかもしれない。ママが超好きで、カー・オーディオの中に『Livin’ On a Prayer』などの曲が入っていて、車に乗るたびに聴いていました。だから、回数で言えばボン・ジョヴィだと思います。彼は私が最初にちゃんと聴いたロックアーティストですし、“イントロダクション・トゥ・ワーク(仕事への入口)”だったのかもしれません。特別に意識してというわけではありませんが、今でもよくかけますね。
意識的に聴く曲ということなら、マイケル・ジャクソンの『Human Nature』かな。子どもの頃から親しんできましたけど、時代を経ても色褪せない、大人になった今でも大好きな曲です。

Q2.Crystal Kayさんにとって「音」や「音楽」とは?

とても単純だけれど、私生きていく上で欠かせないものです。良くも悪くも気分を左右してくれるし、感情を浄化してくれる力もあると思います。その時その時の気持ちを整えたり発散させたりもしてくれるし、人生のBGMにもなってくれる。大切な表現手段でもあるし、音楽がなかったら世界は滅びてしまうというくらい、なくてはならない存在です。
20代後半の2013年から2年くらい、ニューヨークで一人暮らしをしたんですが、そのことで“歌に対する想い”は変わりました。日本という守られた場所から出て、いきなりニューヨークに住んでみたら、それまでは“出る杭は打たれる”という感じだったのが、ここではみんなが出る杭。だから「あなたは何がスペシャルなのかをもっと出して」と言われる。そんな場所に飛び込んだことで、人生の最初の壁というか、どうしたらいいかわからない、ちょっとしたクライシス(危機)にぶつかって、孤独や葛藤も感じました。でも、そのおかげで自分を見つめ直すこともできたんです。自分の弱さも強さも見えましたし、私が感じた孤独や葛藤は、歌を聴いてくれるみんなも感じていることじゃないか、と考えるようになって。こういう部分でリスナーとつながりたい、みんなが感じている辛さや想いを代弁して歌おう、と思いました。
それまでは、歌うことは自分のためと考えていたんですけど、ニューヨークで暮らしたことで「人のために歌うんだ」と気付き、プラス少しだけ自信を付けて帰って来ることができた。“私はどうして歌うのか”ということに関する意識が、そこで変わったんです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

パッとイメージするのはジェイコブ・コリアーというイギリスのミュージシャンです。ピアノをはじめどんな楽器も弾けて、一人で、多重録音で作品を作ってしまう、いい意味でちょっと変態みたいな人。まだ若いけれど何度もグラミー賞を受賞している、まさに天才です。
ジェイコブ・コリアーのことは、友達から「知り合いがライブをやっているから行こう」と誘われて行ったブルーノート東京で初めて知りました。その時はまだそれほど有名ではなかったけれど、パフォーマンスを観て「なんだ、この人は?」と思ったのを覚えています。この時すでに素晴らしいアーティストでしたが、その後にもっと凄い人になっていきました。
彼は、見た目は幼いイメージだけど、声がすごく大人っぽい。すべて一人で演奏するという人間離れした印象なのに、すごくハッピーにパフォーマンスするから、本当に好きなことをして遊んでいる感じがするんです。天性の“音遊人”なんでしょうね。

Crystal Kay〔くりすたる・けい〕
1986年生まれ。神奈川県横浜市出身。1999年『Eternal Memories』でデビュー。『Boyfriend -partⅡ-』『恋におちたら』などのヒット曲で大ブレイク。2015年にCrystal Kay feat. 安室奈美恵『REVOLUTION』『何度でも』を含むロングヒットアルバム『Shine』のリリース後も、ライブなど精力的な活動を続ける。2022年7月6日にDaichi Yamamotoと共作した話題の新曲『Gimme Some』を配信リリース。 2019年、トニー賞4部門受賞のブロードウェイミュージカル『ピピン』日本版に出演し、読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。2022年8月『ピピン』が東京・大阪で再演される。
オフィシャルサイト

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram
オフィシャルtiktok

photo/ 阿部吉泰
スタイリスト/NARUMI OKAMURA
ヘアメイク/KIYO IGARASHI (SIGNO)

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:山田和樹さん「エルヴィス・プレスリーのクリスマスソングから『8割の美学』というものを学びました」

922views

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会

音楽ライターの眼

バッハ生誕333年、名手25人が秀逸な響きで333の客席を包んだ/J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲全曲演奏会

6251views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

5073views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

670views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

7946views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

422views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

9748views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

5017views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7734views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4605views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6725views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7315views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8129views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10541views

音楽ライターの眼

FUJI ROCK FESTIVAL’19開催。多彩な顔ぶれと新しい発見への旅

3935views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

20977views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3980views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

1371views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

15448views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

4441views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

2162views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5311views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24963views