Web音遊人(みゅーじん)

Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG

ロックの新時代を告げるフェス/2018年3月31日~4月1日、Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG開催

「Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG」はひとつの時代の終わりであり、新しい時代の始まりである。

2017年3月に開催された「PUNKSPRING 2017 FINAL」は、2005年に始まった日本最大のパンク・フェスが幕を下ろしたイベントだった。オフスプリング、バッド・レリジョン、NOFX、レス・ザン・ジェイクなど歴代最強といえるラインアップが参戦。ステージ上でフェスへの惜別のメッセージを送るアーティストも多く、大いに盛り上がりながらも一抹の寂しさを感じさせた。

だが、ヘッドライナーのオフスプリングのステージが終わると、スクリーンに”SEE YOU NEXT YEAR!”という文字と、どこかで見たイベントのロゴのシルエットが映し出される。これは北米で毎年行われているVans Warped Tourのロゴではないか……!?と場内は騒然となった。

Warped Tourは北米各都市をサーキットするフェスティバル・ツアーで、1995年からスタート。翌1996年からVansがスポンサーに付き、Vans Warped Tourという名称になった。出演アーティストはパンク/ハードコアを主軸としながら、エミネムやケイティ・ペリー、ビリー・アイドルなども含む多彩な顔ぶれで、隆盛を誇ったフェスティバル・ツアーのブーム(ロラパルーザ、リリス・フェア、オズフェスなど)が終わったあとも多くの音楽ファンから支持されてきた。

日本でも1996年9月に「Warp Japan Tour」と題してソーシャル・ディストーション、シック・オブ・イット・オール、Hi-STANDARD、ブリンク182、ドッグ・イート・ドッグらが出演、今は亡き東京ベイNKホールと大阪、名古屋で開催されていた。フジ・ロック・フェスティバルが始まる前年、まだフェス・カルチャーが開花する前ということもあってか日本には定着しなかったものの、海外フェスをそのまま輸入するという画期的イベントは歴史に残るものだった。

そして2018年、北米版Warped Tourはフェスティバル・ツアー形式での開催がこの年で最後になると発表。サム41、シンプル・プラン、ボウリング・フォー・スープ、ザ・ユーズドなどの参加が決定しているが、 パンクの夏の祭典が終止符を打つことに、アメリカのキッズは悲しみを隠せないでいる。

その代わり!……というわけではないが、2018年3月31日(土)と4月1日(日)に千葉・幕張メッセでWarped Tour Japanが開催されることになった。

31日がKoЯnとリンプ・ビズキット、1日がプロフェッツ・オブ・レイジ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン+パブリック・エネミー+サイプレス・ヒルのメンバーからなるスーパーグループ)という、北米版よりもヘヴィ・ロック色が濃いラインアップ。ペニーワイズやゼブラヘッド、スーサイダル・テンデンシーズらPUNKSPRINGに出演してきたバンド、そしてBiSHやBAND-MAID、LOVEBITES、PassCodeらガールズ・バンドも含め、日本ならではの布陣が集結している。出演アーティストの数こそ北米版より少ないものの、超大物ヘッドライナー勢を筆頭に、豪華さは日本が上回るほどだ。

KoЯnとリンプ・ビズキット、1日がプロフェッツ・オブ・レイジ

(写真左)KoЯn(写真右)プロフェッツ・オブ・レイジ

フェスの主催/制作/招聘はサマーソニックやラウド・パーク、PUNKSPRING、POPSPRINGなどでお馴染みのクリエイティブマン。ライヴはもちろん、それらフェス同様、アトラクションや“フェスめし”も楽しめるイベントになるだろう。

Warped Tourは北米では来年以降、単発のイベントとして存続すると噂されているが、フェス名称のTourの部分は残されるという。その理由は、このフェスが世界を股にかけたツアーとして続くことになるからだ。日本の春を彩る新時代のフェスとなるべく、Warped Tour Japanがいよいよスタートを切る。

■Vans Warped Tour Japan 2018 presented by XFLAG

開催日:2018年3月31日(土)~4月1日(日)
場所:幕張メッセ(千葉県)9~11ホール
公演の詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

4572views

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生

音楽ライターの眼

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.2

5900views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

4417views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

6554views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7719views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

5044views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

15448views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2621views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7874views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2867views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3853views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5879views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

4832views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6413views

穏やかに話すギター、救いを感じるチェロ。心ほぐれる空間に浸る/伊藤ゴローとジャキス・モレレンバウムのジョイントコンサート

音楽ライターの眼

穏やかに話すギター、救いを感じるチェロ。心ほぐれる空間に浸る/伊藤ゴローとジャキス・モレレンバウムのジョイントコンサート

2946views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2236views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3184views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

10086views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

5187views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3306views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

47591views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4003views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17325views