Web音遊人(みゅーじん)

ドナルド・キーンが愛する日本人に贈ったオペラを通じたラストメッセージ

生涯にわたる膨大なオペラ鑑賞の軌跡とともに、オペラにあまり詳しくない読者にも興味がわくような独自の視点でオペラの魅力を紹介した『ドナルド・キーンのオペラへようこそ!』。日本の文学と文化を研究し、コロンビア大学で日本文学を教えていたキーン氏の、もうひとつの顔に驚かされる書だ。
日本の名だたる作家たちと交流を深め、『徒然草』や『奥の細道』、三島由紀夫や安部公房などの著書の英訳書も多く、古典から現代文学まで幅広く日本文学を海外に紹介したキーン氏。東日本大震災後には日本に居を移し、日本国籍も取得して、2019年2月に永眠するまで日本を深く愛した。

キーン氏とオペラとの結びつきは、幼い頃にさかのぼる。父親の蓄音機とレコードで、テノール歌手、エンリーコ・カルーゾの歌声を聴いて育ち、イタリア語の歌詞は理解できなかったものの、カルーゾの歌の魅力に心酔していく。
「わたしが音楽から聴きとったのは、演奏者の魂が自分の魂に直接呼びかける声だったのです。人間の声のもたらす強烈な喜びに匹敵するものは何ひとつなく、一度耳にした歌手の声なら、それが誰の声か言い当てることができると自負しています」(本書より)。

オペラ初観劇は15歳。数人の友だちと連れ立って訪れた、野外劇場での『カルメン』に魅了された。16歳になると、メトロポリタン歌劇場(通称メト)でオペラを観るチャンスが巡ってきた。飛び入学で進学したコロンビア大学の友人からチケットを譲り受けたのだった。演目はグルックの『オルフェオとエウリディーチェ』。
そのときのことを、「天にも昇る心地がした。とりわけ心が動いたのは、オルフェオが愛するエウリディーチェを探しに冥界に下ってゆく場面で、音楽はこれ以上美しくはあり得ないと思うほど魅惑的に響いた」と綴っている。その後、会員となって通いつめたメトは、氏の“第二の家”となり、日本に移り住んでからもMETライブビューイングで、オペラを楽しんだ。

本書は、第1章<オペラとの出会い>で幕を開け、『フィガロの結婚』や『蝶々夫人』ほか11作品を紹介した第4章<オペラへの誘い~作品論>、マリア・カラスやプラシド・ドミンゴほか8人の世界的歌手について語った第5章<思い出の歌手たち>など、氏のオペラへの思いがぎっしりと詰まっている。音楽評論や楽曲解説とは趣のことなるファン目線の熱さと、研究者としての冷静な分析によって、舞台の情景やホールの雰囲気、歌手の息づかい、時代の色合いまでもがリアルに伝わってくる。

「初めて観るならどのオペラ?」の項で挙げられているのは、『カルメン』『トスカ』『トゥーランドット』(本書での表記は『トゥランド』)。そして、「初めて食べる料理の味は意外なもので、美味しいかどうかは即座にはわからないもの。いつかその美味しさを見出せるはずだと信じるべきでしょう。音楽も同じで、2回目、3回目の方がよくわかるということが往々にしてあります」とオペラ初心者をあたたかく励ましている。
巻末には、キーン氏がメトで観たオペラ公演、メト以外で観たオペラ公演、歌のリサイタルなどの公演日、ホール、おもな出演者が表にまとめられている。演目や歌手名を眺めていると、心踊らせながら舞台に見入るキーン氏の満面の笑顔が浮んできそうだ。

■インフォメーション

『ドナルド・キーンのオペラへようこそ!われらが人生の歓び』
著者:ドナルド・キーン
発売元:文藝春秋社
発売日:2019年4月11日
価格:2,000円(税抜)
詳細はこちら

特集

前橋汀子

今月の音遊人

今月の音遊人:前橋汀子さん「同じ曲を何千回、何万回演奏しても、つねに新しい発見や見え方があるのです」

2716views

音楽ライターの眼

二重のイリュージョンにマイケルの声を聴く/SINSKE produce 打楽器アンサンブル

2595views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

8895views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

41253views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9639views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7468views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12407views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7440views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22427views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

4862views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4768views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9955views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15369views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

10045views

音楽ライターの眼

さまざまな音楽、溶け合う楽器の音色、それらが届ける平和の祈り:井上鑑「TOKYO INSTALLATION 2022- Birds of Tokyo『願いを乗せて飛び立つうた』」

1087views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11520views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

7084views

マーチング

楽器探訪 Anothertake

見て、聴いて、楽しいマーチング

15615views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

14373views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8152views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25595views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6706views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9955views