Web音遊人(みゅーじん)

連載8[ジャズ事始め]“天下の台所”が呼び込んだ“ジャズで踊る”という最先端の流行

古くは“浪速”と表記されていた大阪は、7〜8世紀には都が置かれたこともあったなど、日本における要所として発展する“地の利”のある土地柄だった。

これには、大阪湾が瀬戸内海航路の港として好位置にあったこと、長く都が置かれた京都に近かったことが関係している。

どちらかといえば政治的よりも経済的な利点を見抜いたのは豊臣秀吉で、彼が大坂城を築いたのは1583年のこと。

徳川政権下では幕府こそ関東に置かれることになったものの、“天下の台所”と呼ばれる日本経済の中心地としての役割を担うことになる。

明治維新後、一時は近代化の波に呑まれて没しそうになるも立て直し、大正末期には市域の拡張もあって東京の人口を抜くほどにもなった。

この人口増加の背景には、前回に触れた関東大震災にともなう関東からの人口移動も大きく関係していたようだ。甚大な被害を目の当たりにして東京に見切りをつけた人々が、続々と関西方面へ移り住んできたのである。

そのなかには、羽振りのいい貿易商人や商社員、そして文化人たちも大勢いたことから、大阪の夜の盛り場がさらに盛り上がることになる。

東京の歓楽街で遊んでいた人たちは、大阪でも同様に楽しめる場所を探すわけだけれど、こうしたニーズにいち早く応えようとするのが大阪の“商人の町”たるゆえんでもある。

例えば、大阪五大花街のひとつとして知られていた難波新地のバー“コテージ”では、白系ロシア人の女性と一緒に踊ることのできる社交ダンス場をしつらえ、これが大当たりしている。

余談だが、白系ロシア人とは、1917年のロシア革命後、新政権に反対して国外に亡命した人たちである。こうした紛争が文化の“かき回し役”を担うのはままあること。

さて、コテージは“日本で初めて専門ダンサーを置いた店”ということになったのだけれど、コテージの盛況を見てほかの店が黙っているはずもない。

1924年(大正13年)には、戎橋や千日前にダンスホールをしつらえたカフェーが続々と誕生。3年ほどのあいだに市内のダンスホールは20カ所にもなっていたという。

こうした“急ごしらえ”であることも理由だったのだろうが、ダンスのための音楽演奏は、主にレコードを蓄音機で再生する方法によっていた。ところが、競合が増えると特色を出すために“専属バンドによる生演奏”を売り物にするホールも出てきたのである。

こうした“大阪ダンスホール文化”を担う音楽演奏=ジャズを先頭で支えた人物がいた。

前回までに触れた横浜・鶴見の花月園舞踏場で、最初の専属バンドの一員だったヴァイオリン奏者、井田一郎だ。

次回は、井田一郎が活躍した大阪のジャズ・シーンを眺めてみたい。

参考:内田晃一『日本のジャズ史=戦前・戦後』スイング・ジャーナル社

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

nokkoさん

今月の音遊人

今月の音遊人:NOKKOさん「私の歌詞の原点は、ユーミンさんと別冊マーガレット」

11221views

音楽ライターの眼

ジャズ・ピアノ6連弾を振り返りながらジャズとクラシックの“分け目”を考えてみる

2656views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

1488views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

36377views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5831views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

2808views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

9003views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

6740views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

22580views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

6205views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3300views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7066views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

8290views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

15196views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

7457views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

11067views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4930views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

976views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6541views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3905views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

10525views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4830views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20521views