Web音遊人(みゅーじん)

ショパンのマズルカは、ピアニストにとって特別な意味をもつ魅力的な作品

ショパン国際ピアノコンクール(以下ショパン・コンクール)には、優勝や入賞とともに、マズルカ賞、ポロネーズ賞、ソナタ賞、コンチェルト賞という副賞が用意されている。とりわけマズルカ賞はピアニストにとって大きな意味をもち、歴代の受賞者が「とても誇りに思う」と語っている。

それではショパンのマズルカとは、いったいどのような作品なのか詳しく見ていきたい。

美しい緑に囲まれた生家、夏季にはサロンでコンサートも行われる

マズルカとは本来ポーランドの一地方「マゾフシェの」を意味するポーランド語で、ショパンは古くからこの地方に伝わる国民的舞曲をもとにして生涯50曲以上のマズルカを生み出した。そして、マズルカに祖国への思いを託したともいわれる。

ショパンはポーランドに伝わる多くの民族舞踊のなかで、マズル(マゾフシェ地方の舞曲。快活なテンポの楽しい曲で、しばしば付点リズムをもつ)、オベレク(シロンスク地方の舞曲。急速な踊りで、回転を繰り返す)、クヤヴィアク(クヤヴィ地方の舞曲。ゆったりとしたテンポで、メランコリックな表情をもつ)の旋律とリズムを選び、それを発展させてマズルカを書いた。

通常、マズルカの速度は中庸でワルツと同じく3拍子をとるが、2拍目または3拍目にしばしば鋭いアクセントがつき、独特のリズム構造を備えている。

作曲は少年時代から死の年まで生涯にわたっており、最初はシンプルで優雅で親しみやすい曲想をもっていたが、徐々に様式や作風が変化し、晩年のマズルカは和声や形式が充実して独創性も増している。

この付点リズムを多用したマズルカは、そのリズム感覚を把握するのが非常に難しく、楽譜通りに弾くと跳ねるような感じが失われ、重くなってしまう場合がある。ショパン・コンクールに賞が設けられ、全参加者のなかからもっともすぐれたマズルカを演奏した人に賞が与えられるわけだが、ポーランド人にとってもショパンにとっても、マズルカは大切な意味合いをもっている。ショパンは折りに触れて日記を綴るようにマズルカを書き、3分ほどの短い曲のなかにあらゆる心情を盛り込んだ。

ショパン・コンクール開催時(10月)のワルシャワは《黄金の秋》と称され、黄葉が街全体を包み込む

マズルカは楽譜の出版社によって収録曲の順番や通し番号などが著しく異なるため、混乱を招く場合があるが、ショパンの心の日記とも称されるマズルカ、さまざまなピアニストが演奏しているため、聴き比べも面白いと思う。ぜひ、ショパンに思いを馳せながら、マズルカに触れてほしい。

 

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

10749views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#023 ジャズ界の“彗星”が遺したハード・バップからの決別宣言~エリック・ドルフィー『アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.1』編

901views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11020views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3702views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

11868views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

7736views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13053views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7063views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12388views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5233views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5090views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9436views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4256views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14245views

カスタム・ウィンズ木管五重奏団

音楽ライターの眼

アルファ波で満たされた、心温まる冬の一夜/カスタム・ウィンズ木管五重奏団 Vol.4

5207views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

12311views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

6709views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

4700views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

9803views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5707views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3702views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8228views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24504views