Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:村治佳織さん「自分が出した音によって聴き手の表情が変わったとき、音楽の不思議な力を感じます」

クラシックギタリストとして鮮烈なデビューを飾り、現在は映画音楽を含む幅広いレパートリーと聴き手の心を包み込むような音色で、多くの人を魅了し続けている村治佳織さん。音楽活動を中心としてさまざまな経験を積み、演奏も人間力もますます深みを増しているいま、そのバックグラウンドにある音楽観や日常を楽しむ心、さらには心に残る音楽などについてうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

演奏をした曲であれば間違いなく「アランフェス協奏曲」だと思いますが、聴いた曲となると……。小・中学生の頃は光GENJIやドリカム、映画『ボディガード』のサントラなどが大好きでしたけれど、音楽を聴いている時間よりギターを練習している時間のほうが圧倒的に多かったので、あまり“この1曲”というものがありませんね。でもあえて選ぶとするなら、20代のころスペインに滞在したとき、毎日のように聴いていたタック&パティの『ラーニング・ハウ・トゥ・フライ』というアルバムでしょうか。いまでも聴いていると、留学中の暮らしや住んでいた部屋の風景まで思い出すほどです。当時、私はクラシックギタリストとして活動していましたが、タックさんの「これ、本当にひとりで弾いているの?」と思ってしまうほど、多彩なテクニックを使ったギターの演奏がとても新鮮でした。妻であるパティさんの大地を感じさせる温かい歌声も素晴らしいですし、パリのライブハウスで実際に聴いたときには本当に感動しました。おふたりの音楽にはもちろんですが生き方にも感銘を受けましたし、純粋に聴く楽しさを教えていただいたと思っています。

Q2.村治さんにとって「音」や「音楽」とは?

目に見えない不思議な力をもっているものだと思います。世の中には同じく、目に見えないけれど心動かされる大切なものはいろいろあり、だからこそ毎日が新鮮で楽しく感じられるのでしょうけれど、その中で音や音楽は自分にとってもっとも身近なものですね。ですから音楽家である私にとっては、生きる糧のようなものかもしれません。自分が出した音によって聴き手の表情が変わったときなど、まさにその力を感じることがあります。一見すると気むずかしそうな人が音楽を聴いて柔らかな笑顔を見せてくれたり、震災の被災地を訪問して『アルハンブラの想い出』やビートルズの曲を演奏した後、ある方が「ずっと我慢していたけれど、自分の感情を素直に出せるようになった」とおっしゃってくれたりしたときなど、自分が奏でている音楽というものの力を実感させられるような気がしました。
例えば茶の湯では、お招きする方を前もって想定し、おもてなしをすると聞いたことがありますが、私もたいへんお世話になったある方のためにプログラムを考え、その方だけのために演奏したことがあります。そうして心が通い合うことを茶の湯では「直心(じきしん)の交わり」というそうですが、言葉でなくても伝えることができる音楽というのは、やはり素晴らしいと思いました。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

常に好奇心旺盛で、心の赴くままに行動をする人……それは私のことかもしれませんね。日常のさまざまなことを楽しんでいますし、ギターを弾くときも練習のときから楽しんでいます。練習というのは、もちろんコンサートの本番や録音をするために必要な時間ですけれど、同時に自分ひとりの楽しみでもあり、自分のためだけに音を出せる時間でもあります。そういう考えに至るまでは練習がつらいと思ったこともありました。体調を崩してギターを弾きたくても弾けない時期があり、そのときに十分過ぎるくらい休んでいろいろなことを考えました。それは人生における豊かな休養期間になりましたし、練習がつらいと感じるのはもういやだなと思ったのです。きっと、肩の力がうまい具合に抜けて、その状態で新しいものをキャッチすることができるようになったのでしょう。練習を楽しんでいれば、その楽しさをお客様に伝えたり、共有することもできますよね。そうした状態でお客様に演奏を聴いていただくことで自分の音楽が育っていくのでしょうし、どのような会場であってもいつも通りに力を抜いて演奏すれば、ベストの自分を聴いていただけるという確信も持てるようになりました。

 

村治佳織〔むらじ・かおり〕
幼少の頃より数々のコンクールで優勝を果たし、15歳でCDデビュー。1996年にはイタリア国立放送交響楽団との共演がヨーロッパ全土に放送され、好評を得た。フランス留学から帰国後、積極的なソロ活動を展開。N響ほか国内主要オーケストラ及び欧州のオーケストラとの共演も多数重ね、2003年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人として初の長期専属契約を結ぶ。第5回出光音楽賞など受賞歴も多数。2018年9月にリリースしたDECCA13枚目となるアルバム『シネマ』は、第33回日本ゴールドディスク大賞インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。
2019年1月アランフェス協奏曲連続4公演を成功させる。
オフィシャルサイトはこちら

特集

五嶋みどり

今月の音遊人

今月の音遊人:五嶋みどりさん「私にとって音楽とは、常に真摯に向き合うものです」

9551views

音楽ライターの眼

ドヴォルジャークの真の魅力に出合う一冊

2085views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

1454views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

6172views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

4449views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

8356views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2539views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5959views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8519views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

6347views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

3355views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5773views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

4759views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

12881views

音楽ライターの眼

連載31[ジャズ事始め]渡辺貞夫が自らのジャズとして打ち立てた3本の軸

228views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

7625views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2560views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4318views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2825views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3377views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

5833views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

3373views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5773views