Web音遊人(みゅーじん)

新たな相棒「エレクトリックバイオリン」とともに、ニュープロジェクト始動/牧山純子インタビュー

ジャズとクラシックの融合をはじめ、バイオリンを手にさまざまなジャンルとのコラボレーションを繰り広げる牧山純子。クラシックのバイオリニストとして研鑽を積みながら、20代後半でバークリー音楽大学に留学し、ジャズの世界に飛び込んだという異色の経歴を持ち、独自のスタイルで幅広い層のファンを魅了してきた。そんな彼女が「牧山純子ニュープロジェクト」名義でリリースした新作『アレグリア』は、フュージョンやスムース・ジャズに大きく舵を切った新境地と言うべきアルバムである。

「私自身はあまりジャンルにこだわりがないというか、ずっとクラシックだけをやってきて、ほかの音楽に出会ったのが遅かったので、いつまでも新鮮な気持ちでいろいろな音楽にトライできているのだと思います。ここ数年はヨーロッパとのつながりが強かったので、ジャズとクラシックを融合させたスタイルが自分としても生み出しやすかったのですが、インディーズ時代にやっていたスムース・ジャズのような音楽を、いつかまたやりたいとずっと考えていました。そして今回、レコード会社を移籍するタイミングで“牧山純子ニュープロジェクト”を立ち上げ、打ち込みやエレクトリック楽器を使ったバンド編成で、新しいことにトライしようと。もっとも、これまでのアコースティックな路線は“牧山純子”名義で並行して続けていきます」

今作はサウンドプロデューサーに安部潤とKay-ta Matsunoを迎え、2019年11月にロサンゼルスでレコーディングが行われた。現地のスタッフやミュージシャンと四つに組んで収録された音は、西海岸の陽射しのように明るく、アーバンな色彩を帯びている。

「メールやデータのやり取りだけでなく、現地のミュージシャンと顔を合わせて録音したかったのと、あの乾いた土地でバイオリンがどう鳴るのかを試したかったのもあり、思いきってロサンゼルスに飛びました。ヨーロッパで弾くのとは違い、カーンと明るく、エンタテインメントな音になっていると感じましたね。その場の楽しい空気を震わせているような。バイオリンというと一般的には哀愁漂う深い音色というイメージがありますが、まわりの人たちやその場の雰囲気によって引き出されるものも多分にあると思います。今回はレコーディングエンジニアも現地のスタッフで、マイクの配置やピアノの調律などにもスタジオごとのこだわりがあるなかで録ったので、ロサンゼルスの音になっているのではないでしょうか」

Junko Makiyama New Project「Brisa de Alegria」(MV)/牧山純子ニュープロジェクト「ブリザ・デ・アレグリア」

収録曲は、牧山オリジナルのほか、牧山と安部の共作曲、Kay-Ta Matsunoの曲、そしてイーグルスやT・レックスのカバーなど、多彩なラインナップとなっている。
「今回はスムース・ジャズやファンクなど、あまり私に馴染みのないリズムがありましたので、まず安部さんにトラックを作っていただき、そこにバイオリンでメロディを考えて乗せるという方法もとりました。一方、アルバム冒頭の『ラ・フェット・デュ・モール』はKay-Taさんになにもリクエストせずに書いていただいた曲ですが、音符で埋めつくされて真っ黒になった楽譜が届いて、“え、これ私が弾くの!?”と青ざめたり(笑)。でも、自分で作曲するとどうしても手癖が出たり、バイオリンで無理なく弾けるほうに流れてしまいがちなので、いい挑戦になりました。『スコッチ・ミスト』は、知り合いのミュージシャンのライブでビートがズレた感じの曲を聴いて面白いなと思ったことをKay-Taさんに話したら、“ローファイ・ヒップホップというジャンルがあるんですよ”と教えていただき、“私、こういうのやってみたいのですが、書いていただけますか?”とリクエストして書いていただいた曲です」

なかでも、レコーディングにいちばん時間がかかったのは『ホテル・カリフォルニア』だったという。やはり万人の知る曲だけに、どこまで原曲に手を入れてよいかの判断が難しかったと語る。同じくカバーの『20th センチュリー・ボーイ』では、エレクトリックバイオリンをギターのように鳴らしているのが印象的だ。
「この曲ではヤマハのエレクトリックバイオリンにエフェクターをつないで弾いたのですが、弾ききっても思いのほか音が長く続くのです。これは、今までにまったく体感したことのない感覚でした。
そういう意味でも、普段弾いているアコースティックのバイオリンとはまったく別物として使おうと思いました。それならば、とことんオシャレで、とことん遊べるものがいいと、ヤマハさんに無理を言って指板を赤く塗っていただいたり。プロの演奏家としては“とことん遊べる楽器”という考え方になりますが、バイオリンにはじめて触れる初心者にとっても、エレクトリックバイオリンの方が音を出しやすいので、良いきっかけになると思います」
このアルバムをもとにしたライブも計画されているとのこと。そちらも楽しみに待ちたい。

牧山が愛用するヤマハのエレクトリックバイオリン。本人のリクエストで指板を赤く塗った特別モデルだ。

【2020年4月8日発売】牧山純子ニュープロジェクトNEW ALBUM「アレグリア」トレーラー映像(ラ・フェット・デュ・モール/インフィニティ/ブリザ・デ・アレグリア)

■アルバムインフォメーション

牧山純子ニュープロジェクト『アレグリア』

発売元:キングレコード
発売日:2020年4月8日
価格:3,000円(税抜)
詳細はこちら
牧山純子オフィシャルサイト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:七海ひろきさん「声優の仕事をするようになって、日常の中の音に耳を傾けるようになりました」

5515views

音楽ライターの眼

自分好みの“AIコルトレーン”はジャズの発展に寄与するのか?

975views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3635views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

17528views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

14044views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

4670views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3077views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3639views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

14547views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

3924views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3233views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5506views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10955views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14117views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.13

1471views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

14392views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

1466views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

8930views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2572views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2828views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

23454views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

6506views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19099views