Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:伊藤千晃さん「浜崎あゆみさんの『SURREAL』は私の青春曲。今聴くとそのころの記憶があふれ出ます」

AAAを卒業し、2018年からソロアーティストとして活動する伊藤千晃さん。2021年6月にミニアルバム『sheer』をリリースし、そのニューアルバムを引っ提げてのZeppツアーも決定しています。常にブラッシュアップされた“今”を見せてくれる彼女に、音楽の原点や現在の音への思いをうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

この業界に入るきっかけにもなった、浜崎あゆみさんの『SURREAL』です。

私は10代で音楽に興味を持ち始め、浜崎あゆみさん、globeさん、Every Little Thingさんなどエイベックス・サウンドを聴いて育ちました。音楽だけでなく、ミュージックビデオもとても好きでしたね。当時は壮大なものが多くて、音楽と映像が融合した何て美しい世界なんだろう何て夢のある作品なんだろうと心を打たれ、この仕事に就きたいと強く思うようになりました。
なかでも『SURREAL』は、曲はもちろんですが、ミュージックビデオの世界観がそのころの自分の興味とぴったりマッチしていて、もう何回も聴きました。それから作詞家や作曲家を調べて、その方がいろいろなアーティストに楽曲提供していることを知り、そこから派生してさまざまな音楽を聴いて……。単に聴くだけではなく、どんな人たちが関わって音楽が生まれているのかに興味を持つようになったのもこの曲がきっかけでした。
『SURREAL』は私の青春曲なので、今聴くとそのころの記憶があふれ出てきて、 “エモい”というか感情をかき立てられるというか……。感情を揺さぶられ過ぎると日常生活に支障をきたすタイプなので(笑)
私にとって聴くのに覚悟がいる曲ですが、初心に戻ったり、気持ちが緩んでいるときに聴いたりするには、とてもいいです。

Q2.伊藤さんにとって「音」や「音楽」とは?

体の一部みたいなものだと最近感じます。あらためてそう思うようになったのは、息子が生まれてからですね。
私が息子に教えてあげられることは何だろう。そう考えたとき、音を楽しむことだと思いました。
20代のときには音楽に振り回されて傷つくこともあったし、本来楽しむべき音楽が楽しくなくなってしまった時期もありました。でも音は自分の人生を豊かにしてくれたし、音楽に救われて楽しい人生を過ごせています。そう考えると、音や音楽はもう体の一部。息子にも同じように、自分に当たり前に備わっていると感じてほしいと思ったんです。
まもなく4歳になるのですが、ピアノやドラムを習わせたり、現場に連れて行ったときに楽器に触れさせたりしているのですが、子どもの吸収力ってすごい!と驚く日々です。ギターはまだ弦を押さえられないので、好きなときに触れられるよう子ども用の小さいギターを家に置いています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

真っ先にOvall(オーバル)さんを思い浮かべました。私はソロになってからバンドの音にハマっているのですが、そのきっかけとなったのがOvallさんなんです。その音楽を最初に聴いたとき、音だけでこんなに楽しくできるの!?と感動しました。
以前は曲の完成形がよければOKという感覚だったのですが、曲を構成する一つひとつの音を細かく聴くようになりました。そうやって音楽をつくっていくことでまた違う世界が開けてくるような気がしています。
彼らに“ドハマリ”することになったのが、奇跡的に巡り合えたライブでした。仕事で大阪に行ったとき、担当してくれたメイクさんに「最近、Ovallにハマってるんですよね」と話したところ、実は彼もOvallファン。その日ちょうど大阪でライブがあると教えてもらったんです。しかも会場はたまたま仕事帰りに行ける場所!急いでチケットを取って行きました。
ライブでお客さんを見ると、みんなものすごく気持ちよさそうな顔で聴いているんです。私が表現してきたのはダンスミュージックだったので、みんな熱量が高くてウォー!というテンション。だから、まったく違う世界を見たような気がして衝撃を受けました。人をこんなにも心地よく楽しませる音があるんだって。
大阪でそんなすごい経験をして戻ってきてから、ますますバンドの音に興味がわいて、自分の音楽の方向性も変化しました。いまは、やっていて気持ちがいい音にしたいとチャレンジしている最中です。

伊藤千晃〔いとう・ちあき〕
2017年AAAを卒業。2018年よりソロ活動を開始。2021年6月、『Be』以来約1年半ぶりとなるミニアルバム『sheer』をリリース。アーティストのみならずモデル、タレントとしても多方面で活躍。そのマルチな才能を活かし、ライフスタイルブランド『KIKI AND DAYS』のブランドディレクターを務める。ファッションやコスメへの興味・知識が豊富で、SNSを通して若者や同年代を中心に幅広い年齢層から支持されている。
オフィシャルサイトはこちら

特集

五嶋みどり

今月の音遊人

今月の音遊人:五嶋みどりさん「私にとって音楽とは、常に真摯に向き合うものです」

12738views

音楽ライターの眼

自分好みの“AIコルトレーン”はジャズの発展に寄与するのか?

1716views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

5636views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

11577views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

8879views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

5809views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

6820views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7458views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

18825views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4873views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

4005views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25659views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

9022views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20389views

音楽ライターの眼

調布国際音楽祭2021──多彩なプログラムで有観客での公演を開催する

2845views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

7840views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

6405views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

1823views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

16185views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

6979views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

13223views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5664views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7635views