Web音遊人(みゅーじん)

ソプラノの佐藤美枝子、第50回ENEOS音楽賞 洋楽部門本賞受賞

1998年6月、モスクワで開催された第11回チャイコフスキー国際コンクールの声楽部門の優勝者は、わが国のソプラノ、佐藤美枝子だった。多くの審査員は第1次予選から彼女の優勝を確信したという。とりわけチャイコフスキーの「子守歌」は聴き手の心を打った。

チャイコフスキー・コンクールでは、体躯堂々とした声楽家たちがダイナミックでスケールの大きな歌をうたい上げる。そのなかにあって、佐藤美枝子の透明感あふれる清らかなコロラトゥーラ(速いフレーズのなかに装飾音やトリルを施し、技巧的で華やかな旋律をいう)・ソプラノは異色の存在だった。

彼女は長年マリア・カラスに憧れ、ドラマティックで情熱的で迫力に富む曲をレパートリーとしてきた。しかし、そうした作品ではどうしてもコンクールで第1位を獲得することはできなかった。声質が違ったのである。恩師の松本美和子に指摘され、コロラトゥーラ・ソプラノに転向。以後、歌唱法、解釈、表現力などすべてを変える努力をし、ついにチャイコフスキー・コンクールで栄冠をつかんだ。

ただし、コンクールではコロラトゥーラ・ソプラノの曲がリストから落ちていたために新曲を3日間で暗譜しなければならないという苦境に立たされたり、優勝後はさまざまなプレッシャーにさらされて思うようにうたえなくなるなど、試練の日々が続いた。

だが、佐藤美枝子は「努力の人」である。コンクール後20余年、自分の声、からだと真摯に対峙し、内面と向き合い、声を磨き上げてきた。《ランメルモールのルチア》《ランスへの旅》から近年は《夕鶴》などのオペラでも真価を発揮、その実力が評価され、2020年の第50回ENEOS音楽賞(旧JXTG音楽賞)の洋楽部門本賞の受賞につながった。

「いまはコロナ禍により音楽家にとって大変な時期ですが、私は低迷している時期に大きな賞をいただくことがあり、勇気を与えられます。チャイコフスキー・コンクールもそうでしたが、今回なかなかステージでうたうことがかなわない時期にこの音楽賞をいただくことができ、大きな喜びを得ました。長年にわたってベルカント(美しい歌の意味。18世紀に成立したイタリアの一種の歌唱法。音の美しさ、むらのないやわらかな響きや節回しに重点が置かれている)歌唱をこつこつ学んできた少数派ですが、じっくり声を作ってきた、それが認められてうれしいですね。あまり演奏される機会に恵まれないオペラをかたくななまでに探求している、そうした姿勢も評価していただけたと思い、感無量です」

これまでは非常に多忙だったが、いまはじっくり勉強できる、新たなレパートリーに取り組むことができる。声を休ませ、人間らしい生活ができると前向きな姿勢を崩さない。

「今後はドラマティコ・ダジリタ(ソプラノのなかでももっとも力強く太さをもった劇的なドラマティコの声に加え、コロラトゥーラでもうたうことができる)をきちんと勉強していきたいですね。ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》、ベッリーニ《ノルマ》《海賊(イル・ピラータ)》などを。近年はみなさんが中間音の響きが増した、深くなったといってくださるため、その発声を拡大していきたいと思っています。声楽家はからだが楽器ですので、心身ともに健康でありたいと願っています」

佐藤美枝子の歌は聴き手の心の深奥に浸透し、その緊迫感と集中力に満ちた歌声はさらに人の心を癒し、活力を生み、生きる力を与えてくれる。2020年9月12日にはやまと芸術文化ホールで「佐藤美枝子のオペラ『蝶々夫人~ハイライト』」が上演される予定。磨き抜かれ、熟成した《蝶々夫人》が披露されるに違いない。

■インフォメーション

佐藤美枝子のオペラ『蝶々夫人~ハイライト』
公演日:2020年9月12日(土)15時開演
会場:神奈川・やまと芸術文化ホール
料金:4,000円 (全席指定・税込)
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:七海ひろきさん「声優の仕事をするようになって、日常の中の音に耳を傾けるようになりました」

12042views

音楽ライターの眼

クラシック・キャラバン2021 クラシック音楽が世界をつなぐ~輝く未来に向けて~コンサート全国ツアーがスタート

2058views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2354views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

64239views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19312views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

9096views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

22232views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7371views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8327views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4953views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5155views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9861views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4655views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

22286views

音楽ライターの眼

連載24[ジャズ事始め]1950年代中頃に穐吉敏子を失望させた日本のジャズ・シーンの風潮とはなんだったのか?

4446views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

29301views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

1043views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

4405views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10287views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5155views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

98033views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10636views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25011views