Web音遊人(みゅーじん)

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

“ガソリンスタンドの角を曲がるといつもそこで待っていてくれた~”
一度聴くと耳に残るメロディに哀愁ある歌詞をのせて、ギター、ベース、キーボード、ドラム、ソプラノサックスそれぞれの音が味わいある曲を生み出す。『センチ食堂』はフォークロックバンドTO-DOトゥードゥーのオリジナル曲だ。
「故郷の歌なんです。宮崎にある実家の食堂が閉店するときに、自分を育ててくれた店と両親と常連さんたちに感謝の思いを込めて作りました」と語るのは、作詞を担当しているボーカルの工藤貴史さん。いつもの場所に当たり前にあった店の温かさと、それがなくなる寂しさが伝わってくる一曲である。

TO-DOは男性6名からなるバンドで、都内を拠点に活動している。メンバーの職業は、俳優や介護補助、大学講師などさまざまだ。
結成は、今から30年程前のこと。元々は別のバンドで活動をしていた斎藤達也さんと工藤さんが一緒に曲を作るようになったことから結成された。当時はコンピュータミュージックが流行し、パソコンで曲を作るようになった時代。斎藤さんがパソコンで音源を作り、そこに工藤さんが歌詞を付けていった。
「歌詞を初めて付けたときに、彼(斎藤さん)がとても感動してくれたんです。当時はバンドとして演奏することはなかったけれども、感動してくれる相手がいたからこそ続けてこられた気がします」と、工藤さん。
曲づくりを始めてからは30曲を一気に作り上げていったという。結成から20年間はバンドで演奏することはほとんどなく、仕事や育児などで毎日忙しく過ぎていった。

TO-DOが本格始動するようになったのは2013年。気仙沼でのボランティア公演をきっかけに「自分たちができることをやっていこう」と思うように。斉藤さんが大学時代に所属していた軽音学部のメンバーに声をかけ、バンド活動を開始した。

(写真上左から)ボーカルの工藤貴史さん、ベースの斉藤達也さん、ドラムの佐々木洋さん(写真下左から)サクソフォンの水野克彦さん、ギターの秦真純さん、キーボードの染野和昭さん

普段の活動はというと、ライブが決定したその2、3か月前から練習を開始。月に2度ほど練習スタジオに入り、ライブで演奏するセットリストの順に音を合わせていく。
「曲のアレンジはメンバー全員でやっています。それぞれ好きな音楽が異なるんです。だからこそ、あらゆるジャンルの曲が融合しておもしろいんですよ」と、斎藤さん。確かにこの日の演奏は、フォークソング、バラード、ハードなロックナンバーなど、幅広いジャンルを奏でていた。
「東日本大震災以降は被災した方への想いを曲に込めたり、環境問題を考えたり。この時代を一緒に生きている人たちに向けて作る曲が多くなりました。頑張ろうぜとか、気楽にやっていこう、とかね」と、工藤さん。
「これからも練習が終わったあとにおいしいお酒が飲めるよう、健康でいることも大事にしたいね」と話しながら、メンバーは楽しそうに笑い合っていた。

定期的なライブはクリスマスライブなどを含む年2回。詳細はこちら >

活動のための工夫やノウハウを紹介!われらのTips

Q.メンバー同士の連絡はどうしてる?
Facebookに非公開のグループページを作り、メンバー全員でやり取りをしています。曲を作っているのでその音源や、練習時に撮った動画もグループページで共有しています。曲のアレンジについてもグループページで話し合っています。(工藤貴史さん)

Q.ライブのブッキングと集客方法は?
ライブは50名くらいを収容するライブハウスや、メンバーそれぞれが懇意にしているなじみのロック居酒屋などで行います。バンドのファンクラブを設けており、現在は400名程度いますので、Facebook等でライブの告知をしています。(染野和昭さん)

Q.上達するためにしていることは?
サックスの場合だと、練習するにしても音が大きいので、仕事の合間にマウスピースで音出しをしています。運送業をやっているので、運転の合間に吹いて、時間を有効活用しています。わりと皆、人知れず練習してますね。(水野克彦さん)

バンド紹介

●バンド名:TO-DO
●結成時期:1990年頃
●モットー:同じ時代を生きる人に向けて応援ソングを演奏する
●練習頻度:ライブ前は月2回程度
●平均年齢:59歳
●メンバー:工藤貴史(ボーカル、エレアコ)、秦真純(ギター)、斎藤達也(ベース)、染野和昭(キーボード)、佐々木洋(ドラム)、水野克彦(ソプラノサックス、ウインドシンセサイザー)
●活動内容:年に2回のワンマンライブ開催と、年2~3回の対バンライブを出演。

仕事を持ちながら音楽を楽しむ「われら音遊人」大募集!

音楽情報誌「音遊人」とWebマガジン「Web音遊人」にご登場いただける、仕事をしながら活動を続けているアマチュアバンドや楽団を募集しています。ジャンルは問いません。ぜひ、取材にご協力ください。
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:ROLLYさん「曲の素晴らしさや洋楽との出会いなど、大切なことはすべてフィンガー5から学びました」

4966views

音楽ライターの眼

ビオラの歌、共鳴するピアノ/伊藤恵&今井信子デュオ・コンサート

430views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

2499views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

36390views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

5337views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

7475views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

4074views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

3260views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8320views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

6247views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

3396views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5626views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

3911views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

18800views

音楽ライターの眼

メトロポリタン歌劇場の130年のドラマを詳細に描き出した著作が登場

1294views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

18045views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2194views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

11369views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2677views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3180views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

36087views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5131views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5626views