Web音遊人(みゅーじん)

【優待チケット】武満とベートーヴェンをギターから深掘りする斬新なコンサートを開催/鈴木大介インタビュー

2020年、生誕250年を迎えているベートーヴェン、そして生誕90年となる武満徹。2人の作曲家に対して並々ならぬ思いを寄せている音楽家の1人が、ギタリストの鈴木大介だ。2020年10月24日、2種類のプログラムで2人の作曲家に迫る昼夜のコンサートは「2020年の鈴木大介」を象徴する1日になるかもしれない。

「昼のコンサートでは武満さんのポピュラーソング愛にあふれた『ギターのための12の歌』を全曲弾きますが、実は僕にとっても大切な作品。ザルツブルクでの留学から帰国した20代の自分がデビューできたのは、売り込みのために録音した『12の歌』からの4曲を武満さんが聴いてくれて、推薦をいただいたおかげなのです」

武満はギターという楽器を好んで多くの作品を残したが、ベートーヴェンは事情が異なり、ギターとは一見、結び付きづらい。「ベートーヴェン自身はギターの曲を書いていませんが、同時代やその後に活躍したタレガやマティーカ、カルッリというギタリスト兼作曲家たちが編曲し、作品の普及やギター界における認知向上に努めました。ただしギタリストの編曲なので弾きやすさなどを優先するあまり原曲から離れているところもあるのは事実ですから、自分なりに手を加えることも考えています」

夜のコンサートではタレガ等の手になる『月光』『悲愴』ソナタの編曲、さらにはベートーヴェンとほぼ同時代のマティーカによる、弦楽三重奏曲『セレナードOp.8』の編曲版などが、武満作品を挟むように並ぶ。2020年3月に発売されたシューベルトをテーマにしたアルバム制作を通じ、「19世紀初頭のウィーンなどでは、ギターが市民レベルで親しまれていたのでは」ということに関心を持ったという鈴木。今回のコンサートは、それを追究する過程のワンステップにもなるだろう。

鈴木大介〔すずき・だいすけ〕
武満徹からの賛辞を得て注目を集め、常に斬新かつ幅広いレパートリー(クラシック、新作初演を含む現代作品、映画音楽、ジャズなど)の音楽を演奏。自らも多くの編曲を手がけるなど、ギター音楽界に新しい足跡を刻み続けてきた。ソロでの演奏や数多くのアルバム録音、ギターデュオやギターカルテットなど、活動も多彩。洗足学園音楽大学で客員教授を務めるなど、後進の育成にも当たっている。
オフィシャルサイトはこちら

■インフォメーション

鈴木大介 Back To Roots コンサート ―二人の天才作家に思いを馳せて―

開催日:2020年10月24日(土)
会場:ヤマハホール(東京・銀座)

●12 Songs for Guitar by 武満徹

時間:14:00開演(13:30開場)
出演:鈴木大介(ギター)
曲目:武満徹 /ギターのための12の歌
料金:3,000円(全席指定)
詳細はこちら

●Tribute to Ludwig van Beethoven & Toru Takemitsu

時間:17:00開演(16:30開場)
出演:鈴木大介(ギター)、小暮浩史(ギター)、岩佐和弘(フルート)、鈴木学(ビオラ)
曲目:A.ディアベリ/ベートーヴェンの有名主題によるポプリLv.ベートーヴェン(A.バリオス編)/ピアノ・ソナタ第14番「月光」第1楽章ほか
料金:5,000円(全席指定)
詳細はこちら

■優待チケットの特別販売

本公演の優待チケットを計6名様分ご用意しました。
・14:00公演 優待価格:2,500円(定価3,000円)
・17:00公演 優待価格:4,500円(定価5,000円)
ご希望の方は、下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。
※ご応募の際は、ヤマハミュージックメンバーズの会員登録(登録無料)が必要です。
応募締切:2020年9月13日(日)23:59
応募はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:AIさん「本当につらいときも、最終的に救ってくれるのはいつも音楽でした」

1105views

音楽ライターの眼

ジェフ・ベックとレミー・キルミスター(モーターヘッド)、1986年の“幻”の共演

1839views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

32740views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

6319views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

3263views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

8520views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

3940views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4994views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

11817views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

5869views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

2719views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5015views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7010views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13807views

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

音楽ライターの眼

初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

1898views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

3385views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

4417views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

2578views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

3413views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3025views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

15758views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3666views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17553views