Web音遊人(みゅーじん)

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

大阪市内にある練習スタジオの扉を開けると聴こえてきたのは、ドラムのビートに合わせてベース、ギター、キーボードが重なり合った、重厚かつ華やかなバンドサウンド。だが、それが聴きなじみのある曲だと気付いて思わず耳を疑った。ミュージカル映画『オズの魔法使い』の名曲『Over the Rainbow』のフレーズが、ロック調で演奏されていたのだ。実は、これはイギリスのハードロックバンドRainbowのライブコピーなのだが、曲はいつの間にか、小田和正の『ラブストーリーは突然に』へと変化。そこに色気のあるハスキーなボーカルが加わり、誰もが知っている名曲がハードロックのサウンドで奏でられていく。
「演奏する曲は、誰もが知っているロックの名曲をベースにしていますが、イントロを演奏したあと、そこにお客さんが歌えるような昭和の名曲や歌謡曲をのせるんです。2つの曲をハイブリッドさせるのが、私たちのバンドの特徴ですね」と話すのは、メインボーカルを担当するバンドリーダーの岩瀬薫子さん。

バンド演奏は本格ハードロックで。クオリティの高い演奏でライブを盛り上げる。

大阪市内を中心に活動しているハードロックバンド「破裏拳女王(はりけんじょおう)」は、女性2名、男性4名の計6名。職業は行政書士や整体師、メーカー勤務、カメラマンなどさまざま。
バンドの結成は2014年。大学で所属していた軽音サークルのOBライブに出演しようと岩瀬さんがメンバーを募ったことから始まった。その後メンバーは変わりつつも、現在は6名で活動している。ちなみに、インパクトのあるバンド名“破裏拳女王”は、岩瀬さんが大ファンだというカリスマハードロックバンド、VOW WOWの楽曲『HURRICANE』に由来する。
「結成当初はOBライブが年に一回あるだけでしたが、うれしいことに今では年に3、4回と、ライブに出る機会が増えました」と、ギター担当の山田幸造さんは話す。

彼らがライブで大切にしていることは、“皆で歌える。踊れる。笑える。”だ。「ライブ中は会場から笑いが起こるんですよ。あの歌謡曲をこうアレンジしたのか!って。お腹抱えて笑ってくださる人もいるんです」と、岩瀬さん。「おもろい!」と言って聴いてもらえるのが、何よりうれしいと笑顔で教えてくれた。

ハードロックといっても、叫んだり爆音を鳴らしているわけではない。演奏するうえではバンドのアンサンブルを大事にしている。
「演奏は、ハードロックバンドのクオリティでかっこよくします。そのうえでお客さんに歌を聴いてもらえるよう、どうやったらボーカルが映える演奏ができるかなと考えているんです。全員が指揮者感覚でやっていますね」と、ドラムの飯岡忠昭さん。打ち解けた仲ではあるが、お互いをリスペクトしていることが伝わってきた。

左から、キーボードの岡村順一さん、ボーカルの岩瀬薫子さん、ベースの有田高史さん、ドラムの飯岡忠昭さん、パフォーマーの福島美幸さん、ギターの山田幸造さん。大阪市内のスタジオを借りてのバンド練習。中心にモニターを置き、向かい合わせでお互いの音を聴きながら演奏していく。この日はライブリハーサルを兼ねて入念に確認。

今は大阪市内のライブハウスで演奏しているが、今後は大きな舞台で演奏するのが目標だ。
「武道館や京セラドームで演奏してみたいんです!ちょうど夏のライブが終わったところなので、次の新年ライブに向けて頑張ります」と、メンバーは目を輝かせ、笑いながらバンドの展望を語り合っていた。

■メンバーに質問!

Q. 仕事や家庭との両立はどのようにされていますか?
平日は仕事が忙しく、練習する時間が取れないので、休みの日に練習をします。家族との時間も大切なので、練習したいときは、家族に断ってから一日時間をもらっていますね。
(キーボード:岡村順一さん)

Q. 演奏上達のために行っていることは?
月に3回、ヤマハ大人の音楽レッスンに通い、ボーカルのレッスンを受けています。バンドで演奏する曲も先生に相談させてもらっています。
(ボーカル:岩瀬薫子さん)

■活動のための工夫やノウハウを紹介!われらのTips

運営費はメンバー全員で割り勘
主な運営費は練習スタジオの使用代。メンバーが割り勘で支払っている。ライブに出演するとチャージバックが発生するので、リーダーの岩瀬さんが管理をしておき、メンバーでの飲み会や打ち上げの際に使用している。

バンド活動の日程調整はスケジュール調整サービスサイトを使用
メンバー間の連絡は、Facebookのグループメッセージを利用。練習の日程を決めるときは、「伝助」や「調整さん」などのスケジュール調整サイトを使う。メンバーが参加できる日に丸印を付けてもらい、日程を決めていく。

ライブへの出演依頼は音楽仲間から
ギター担当の山田さんは顔が広く、ほかのバンド仲間や音楽仲間からブッキングを受けることが多い。依頼を受けたら、ライブ日程をメンバーで共有し、参加できる人が出演する。ライブ日程が決定したら練習の日程も決めていく。イベントなどの告知に使うロゴ入りフライヤーの用意もあり。

バンドで集まるときはライブリハーサルを想定して行う
メンバー全員で集まれる時間が少ないため、スタジオでのバンド練習の前に、それぞれが時間を作って個別練習をしておく。バンド練習は基本、ライブのリハーサルとして、演奏曲を通しで行う。その際に、アイデアを伝え合ってアレンジを決めていく。

バンド紹介

●バンド名:破裏拳女王(はりけんじょおう)
●結成時期:2014年
●モットー:皆で歌って踊れるライブを!
●練習頻度:ライブの2か月前から本番までに4~5回
●平均年齢:50代
●メンバー:岩瀬薫子(ボーカル)、福島美幸(コーラス、パフォーマー)、岡村順一(キーボード)、飯岡忠昭(ドラム)、山田幸造(ギター)、有田高史(ベース)
●活動内容:大阪市内のライブハウスで年に3~4回のライブを行っている。練習は、ライブ本番2か月前から4~5回程度、スタジオで行う。

■仕事を持ちながら音楽を楽しむ「われら音遊人」大募集!

音楽情報誌「音遊人」とWebマガジン「Web音遊人」にご登場いただける、仕事をしながら活動を続けているアマチュアバンドや楽団を募集しています。ジャンルは問いません。ぜひ、取材にご協力ください。
詳細はこちら

特集

五嶋みどり

今月の音遊人

今月の音遊人:五嶋みどりさん「私にとって音楽とは、常に真摯に向き合うものです」

12697views

奏者と楽器と空間、三者がみごとに交わり、メシアンの音楽を包み込む/スティーヴン・オズボーン

音楽ライターの眼

奏者と楽器と空間、三者がみごとに交わり、メシアンの音楽を包み込む/スティーヴン・オズボーン

4120views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

9040views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

18020views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

5635views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5974views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

6442views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10162views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10928views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

8238views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

4571views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25623views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

16946views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7983views

音楽ライターの眼

クシシュトフ・ペンデレツキ(1933 – 2020)追悼と映画音楽への貢献

5472views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

8999views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

3712views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

5651views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

15066views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

4241views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

37650views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

8356views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25623views