Web音遊人(みゅーじん)

英国スペース・ロックの君主ホークウィンドが新作『ソムニア(夢)』を発表

スペース・ロックの覇者として半世紀以上のあいだ君臨してきたホークウィンドが2021年、ニュー・アルバム『ソムニア(夢)』を発表した。

1960年代末、スウィンギング・ロンドンのヒッピー・シーンから登場、1970年代のプログレッシヴ・ロックやハード・ロック/ヘヴィ・メタルのファンからも支持され、1990年代にはトランス/レイヴのリスナー層から再評価を得てきた。現在イギリスでは自らがヘッドライナーを務める夏のイベント“ホークフェスト”も開催されるなど、世代を超えた人気を誇っている。日本でも彼らは伝説的なバンドとして信奉されており、2011年4月に初の日本上陸が発表されるも東日本大震災の影響で中止に。2015年4月に遂に初来日公演が実現、ファンを喜ばせた。

『ソムニア(夢)』はレコード会社の資料によると“オリジナル・スタジオ・アルバムとしては34作目”とされている。デビュー作『ホークウィンド』(1970)から『宇宙の探求』(1971)、『絶体絶命』(1975)などの名盤、元クリームのジンジャー・ベイカーが参加した『宇宙遊泳』(1980)、アシッド/トランス感溢れる『It Is The Business Of The Future To Be Dangerous』(1993)など多くの名盤アルバムを発表してきた彼らゆえ、34作目というのは少なすぎる?……とも思われるのだが、新曲半分&セルフ・カヴァー半分のアルバムやライヴ作品も多く、バンドの不動のリーダーであるデイヴ・ブロックも”公式アルバム”と”コンピレーション”について「正直、自分の中で両者を区別していない」と語っており、正確な数字は不明である。

エリック・クラプトンのゲスト参加が話題を呼んだ『ロード・トゥ・ユートピア』(2018/バンド史上最悪のジャケット・アートともいわれる)、硬派のスペース・ロックとアコースティックの二段構えの『オール・アボード・ザ・スカイラーク』(2019)、ホークウィンド・ライト・オーケストラ名義の『カーニヴォラス』(2020)など、近年もコンスタントに高品質の作品を発表し続けてきた彼らの最新作である『ソムニア(夢)』もまた、世界中のファンの期待に応える作品だ。

執拗に反復されるリフとギターのフィードバック、シンセのスペーシーなエフェクトがせめぎ合う『ストレンジ・エンカウンターズ』、夢見心地のレイドバックした『アルキオネ』、“スペース・レゲエ”とでも呼ぶべき?『羊を数えて』など、それぞれの曲が異なった個性を放っており、それでいてホークウィンド以外にはあり得ないアイデンティティを持っている。かなり緩く“ソムニア=睡眠”をテーマとする本作だが、その軸を成す『イッツ・オンリー・ア・ドリーム』〜『メディテイション』〜『スウィート・ドリームス』の3連曲は、まるでこのアルバム自体が夢の一部であり、パッと目が覚めたら存在しなくなるのではないかと思えるほどだ。

本作のレコーディングはデイヴ・ブロック(ヴォーカル、ギター、ベース、キーボード)、リチャード・チャドウィック(ドラムス、パーカッション)、マグナス・マ−ティン(ヴォーカル、ギター、ベース、キーボード)という、ロック・バンドとしては最小限のトリオ編成で行われた。壮大な外宇宙よりも、どこまでもインナー・スペースを掘り下げていく、“もうひとつの”スペース・ロックを表現したのが本作だといえる。1970年代の“黄金時代”があってこそバンドが神格化されていることは確かであるものの、初めてホークウィンドに触れたリスナーにも十分以上に魅力が伝わる作品だろう。本作を入口にしてバンドの豊潤な宇宙にハマっていくリスナーも少なからずいそうだ。

ホークウィンドに在籍してきたメンバーや作品数は膨大なもので、熱心なファンであってもその情報量をフォローするのは困難だ。それゆえに、2021年だけでも数々の詳細な資料本が刊行されている。Dave Thompson著『Encyclopaedia Hawkwindia』はアルファベット順に人名やトピックを列記したまさに“ホークウィンド百科全書”で、好きなところからペラペラ読むことが出来る。Joe Banks著の『Days Of The Underground: Radical Escapism In The Age Of Paranoia』はメンバー達の異なる視点や時代背景を交えながら、1980年までの軌跡をフォローしている。Duncan Harris著『On Track… Every Album, Every Song』は“全曲解説”本で、さまざまな資料本や雑誌などから丁寧にピックアップしたものだ。さらに2021年10月にはMartin Popoff著『A Visual Biography』が刊行される。これはタイトル通り、テキストとレアな写真やレコード・ジャケット、ポスター、雑誌広告などヴィジュアルを交えている。4冊それぞれ異なった視点からバンドに光を当てており、ぜひ全部押さえておきたい。

さらにファーストから『ソムニア(夢)』まで50年の歴史から全81曲をピックアップしたCD6枚組アンソロジー『Dust Of Time 1969-2021』も発売される。『シルヴァー・マシーン』『ブレインストーム』などの名曲から最新作の『ストレンジ・エンカウンターズ』まで、そのキャリアを一望出来るのが嬉しい。

どこまでもディープなホークウィンドの宇宙、今からでも遅くない。シルヴァー・マシーンに乗って旅立とうではないか。

■インフォメーション

アルバム『ソムニア(夢)』

発売元:BELLE ANTIQUE
発売日:2021年9月25日
価格:2,970円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:川口千里さん「音楽があるから、ドラムをやっているから、たくさんの人に出会うことができて、積極的になれる」

3819views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

5257views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

39547views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

36486views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

6696views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

4757views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

15405views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4830views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

15196views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5855views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

4024views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24333views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

8410views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

19302views

音楽ライターの眼

連載25[ジャズ事始め]ジャズ・メッセンジャーズの初来日が日本のジャズ・シーンの空気感を一変させた

1678views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

2808views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3376views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

5735views

ホール自慢を聞きましょう

「ヤマハ管楽器安心アフターサポート」は、管楽器の「万が一」をサポートする心強い味方!

1235views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3467views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

20413views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4603views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20521views