Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:反田恭平さん「半音進行が使われている曲にハマります」

2015年のデビュー以来、そのエモーショナルな演奏と、圧倒的な存在感で瞬く間に人気を集め、現在、最も注目されるピアニストのひとりである反田恭平さん。レーベルの立ち上げやコンサートプロデュースなど演奏以外にも活躍の場を広げています。そんな反田さんはこれまでどんな曲を聴いてきたのか。音楽に対するどんな考えを持っているのか。知られざる側面をうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

僕は性格的に、ひとつ何かにハマると、とことんハマってしまうんです。例えば食べ物だと、何か気に入ったものがあると、毎日そればかり食べてしまいます。服もそうで、気に入ったものをずっと着る。音楽も同様で、好きになった1曲を聴き続けますね。もちろん、時とともにハマる曲は変わるんですけれど、いまパッと思いつくのは……たしか15歳のとき、ディズニー・チャンネルに『ハイスクール・ミュージカル』という映画があって、そこで使われた「We’re All In This Together」という曲をとにかく聴いていた記憶がありますね。当時僕は高校に入る頃で、映画そのものにも夢中になりました。
あと思い出したのは、TERIYAKI BOYZの「5TH ELEMENT feat.CORNELIUS」。小・中学校と一緒だった友だちが、「君はクラシックしか聴いていないんだろう」と言って教えてくれました。言ってしまえば、僕は200年前の古い曲を漁っているような人間なので、こういう曲を聴くと新鮮で感動していました。
あとはアイドルもよく聴きました。ハマる曲の傾向としては、半音進行が使われているものが多いですね。そういえばショパンもそうだし、ラフマニノフやスクリャービンも半音進行をよく使いますね。

Q2.反田さんにとって「音」や「音楽」とは?

うーん……、至福の時間を作ってもくれるし、その反面、狂気も伴うもの、といえばいいでしょうか。
年に何回か音酔いというか、音で気持ち悪くなってしまうことがあるんです。最近でいえば、電車に乗っていて、つり革が動くときのキュッ、キュッという音が気になってしまって、ひとたび気になるとある意味ノイズキャンセルされるというか、その音しか耳に入ってこなくなってしまうんです。こういう体験は、オケとコンチェルトを演奏した帰りとかによくあります。
でも、そんな世界から一転して、モーツァルトやベートーヴェンの曲を弾くと、なんて美しいんだろう、と思います。だから、音や音楽って、至福の時間も狂気の時間も作るものなんです。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

字面だけを見ると、モーツァルトみたいな人を連想しますね。彼の音楽を弾いていると、彼の人生の辛い部分は置いておいて、本当に音楽が大好きで、音楽に愛された人なんだろうな、と思います。「モーツァルトを聴くと頭がよくなる」とか、「お酒が美味しくなる」とかよく聞きますけど、そんなこと言われるのってモーツァルトだけですよね。やはり「音で遊んでた人」というのはモーツァルトですね。尊敬していますし、僕もそういう人間になりたいと思う存在です。
モーツァルトといえば、あの時代の音楽家は、自分で曲を作って演奏していましたよね。僕もこれまでに何曲か作って、観客の前で披露したこともありますが、とにかく恥ずかしいです(笑)。みんなどう聴いているんだろう?と気になりますし、どこで拍手すればいいのか、そのタイミングもわからないんじゃないかな?とも思います。自信はあるけど不安もある。不思議な感覚です。曲を書くというのは、自分が尊敬する音楽家に近づくためには通らなければならない過程だと思いますので、30代、40代には集中して取り組みたいと考えています。

 

反田恭平〔そりた・きょうへい〕
1994年生まれ。2012年、高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞。2014年、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学し、ミハイル・ヴォスクレセンスキーに師事。2015年にはサンクト=ペテルブルクで行われているロシア国際音楽祭に招待され、マリインスキー劇場管弦楽団とのコンチェルトおよびリサイタルを行い、ロシアデビューを飾る。2016年、サントリーホール大ホールでの日本デビュー・リサイタルは完売、2000人の聴衆を魅了した。2019年にはクラシック音楽の新レーベル「NOVA Record」を設立し話題を集めた。現在、F・ショパン国立音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)研究科(3期目)にてピオトル・パレチニに師事している。
オフィシャルサイトはこちら

特集

向谷実

今月の音遊人

今月の音遊人:向谷実さん「音で遊ぶ人!?それ、まさしく僕でしょ!」

5331views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

4664views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

5250views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

4217views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

3895views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

5259views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

9516views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3820views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

14734views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1582views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2239views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12439views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

5275views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4204views

エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

その夜、バセット・クラリネットは“歌った”|エリック・ホープリッチ&ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団~バセット・クラリネットで聴く、モーツァルト『クラリネット五重奏曲』

2367views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

11473views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

2817views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

10414views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

6288views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3657views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

18202views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2553views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3776views