Web音遊人(みゅーじん)

ベートーヴェンの生涯を描いた舞台『No.9-不滅の旋律-』再々演。壮大な音楽表現も大きな見どころ!

卓越した才能ゆえに波乱の人生を送ったベートーヴェン。舞台『No.9-不滅の旋律-』は、そのベートーヴェンが30歳で開いた初の演奏会(1800年)に始まり、“第九”を書き上げたあとの晩年56歳(1827年)までの半生を題材にした作品だ。
2015年、稲垣吾郎主演で初演され、2018年に再演。そして、ベートーヴェン生誕250周年の2020年再々演が決まり、大きな感動を呼んでいる。
狂気と運命、そして歓喜――迫真の演技とともに、魂を揺さぶるダイナミックな音楽表現も大きな見どころだ。演出の白井晃、ピアニストの末永匡、梅田智也に舞台やベートーヴェンへの思いを伺った。

ベートーヴェン役の稲垣五郎(2020年公演の様子)

感情を受け継ぐことで作品が生まれる

舞台の上手、下手に配置された2台のピアノ。舞台上に俳優とともにピアニストを配し、音で共演するという意欲的で新しい演出を立案したのは、クラシック音楽にも造詣が深い白井だ。
劇中では『悲愴』『熱情』、さらに人生最後のピアノソナタである『第32番』など30曲以上のベートーヴェンの楽曲が演奏され、一曲一曲がふたりのピアニストによってリレーのように弾き継がれる。その音色は舞台の上手から、下手から、そしてときにユニゾンしながら美しく響き、20人のコーラスが“第九”を歌い上げてクライマックスを迎える。
「大幅に演出を変えることはしていなくて、初演、再演の成果を積み重ね、よりブラッシュアップしたものになっています。ただ、稽古中にピアニストのおふたりにいきなり頼み込んで、1曲だけ変更しました。それは『第29番』。ピアノソナタのなかでも大変な楽曲だと聞いて、どうしても入れたくなって……。おふたりにはご苦労をおかけしました」と白井は笑みを浮かべる。
そのピアニストのひとり、末永は初演からこの舞台に参加している。
「初演のときは、初めて舞台という作品に携わらせていただき、ベートーヴェンのピアノソナタという自分がふだん弾いているものが、作品にどのように生かされていくのかワクワクしました。今回は再々演ですが、僕には同じ『No.9』とは思えなくて。ストーリーは同じですが、感情というものがさらに深く、ときには鋭くなっていると思います。そういった意味では、これまでとはまったく違う新しいものをつくろうという気持ちでした」
一方の梅田は、今回が初参加となる。
「僕にとっては初演ですから、作品を自分なりに深く理解しようという姿勢は意識しました。役者さんの感情に合わせてこちらの感情もシンクロするように、一緒につくり上げる感覚は大切にして取り組んでいます。また、パートナーからのバトンタッチがあって、その感情を受け継ぐわけですから、それをキャッチできると結果的に自分の演奏も変わってきます。稽古では、それが毎回楽しみのひとつでもありました」
受け渡しをする末永も、またすてきなパートナーに出会えたと顔をほころばせ、こう続ける。
「ピアニスト同士の刺激だけでなく、総合舞台の全員が影響し合い、刺激し合って作品が生まれていくという感覚があります」
それは、演出を手がけた白井が重きを置くところでもあるようだ。
「ピアノの音色を通して俳優も刺激されて感覚が変わったり、逆に俳優の演技によっておふたりが刺激されて、深く入っていったりと変化しますよね。それが魅力であり、生でやっている意味だと感じます」
その白井は、ベートーヴェンの楽曲はすべて彼の生活から生まれた日記のようなものだと捉えている。
「俳優には、今のこのピアノソナタの一音があなたの心象だということを伝えてきました。それは、楽曲のすべてがベートーヴェンの心象がもとになっていると考えるからです。そのことがこの作品での一番大切なポイントになっていて。ピアニストのおふたりにはそれを体現していただいて感謝しています」

“人間”ベートーヴェンを感じることで表現に幅が

ピアニストにとって、舞台といういつもと違った環境での演奏は、コンサートやリサイタルとどう違うのか。その答えは意外にも「ふだんとほとんど変わらない」だった。
「BGMじゃないということは意識していますね。もちろんBGMは大切な役割のひとつではありますが、今回は“共演”だと思っているんです。その相手がビオラやクラリネットではなく、声や動きである。表現媒体は違うけれど、そこには必ず感情のやり取りというものがあり、ふだんとまったく違ったものをやっているということはないですね」(末永)
「僕がベートーヴェンの楽曲を演奏するときに、一番気を付けているのは感情です。音楽には必ず感情が付随されていて、それを感じるからこそ自分の指先から出る音色に直結し、お客様にダイレクトに伝わると思っています。台詞に合わせるということ以外では、ソロでやるときも今回もそういう面ではまったく一緒です」(梅田)
そんな梅田にとって、ベートーヴェンは“すばらしいというレベルでは表現できない”特別な存在。一方の末永にとっては長い間、ひたすら偉大な音楽家だった。
「作品があまりに偉大であるがゆえに、音楽的な側面からしかベートーヴェンを見ていなかったかもしれない。その偉大さばかりが先行しがちでしたが、この舞台に携わるようになって“人間”ベートーヴェンを感じるようになりました。それは、余白とか人間的な温もりといった音がもつ幅広い表現を僕に与えてくれました」

もうひとりのパートナーはヤマハのピアノ

今回の『No.9-不滅の旋律-』ではヤマハのグランドピアノS3Xが使用され、調律もヤマハがサポートすることになった。よりよい響きを求めた結果だと白井はいう。
「レンジも広いですし、タッチも整っていて。楽器は僕たちのパートナーですから、いい表現につながればと思っています」(梅田)
「いろいろな感情や表現を生むことを可能にしてくれるピアノだと思います。音づくりは楽器やピアニストだけがするものではなく、調律師さんの力添えがないと絶対に超えられない壁があります。ベートーヴェンの楽曲を演奏するにあたり、すばらしい技術をお持ちの調律師さんにお願いして、あえて音を揃えずにいろいろな楽器を連想させる音が出せるようにお願いしました。そうした変化が可能なすばらしいピアノでもあります」

2020年公演の様子

生ならではの感動を共有したい

今回の再々演にあたり、『No.9-不滅の旋律-』は2020年11月にウィーンでの開幕を予定していたが、世界情勢を考慮して中止を決断。細心の注意を払っての東京公演は、生の舞台を体感できる待ちわびた機会になるだろう。
「ライブでしか味わえない魅力をもった作品になったと自負しています。こういった時代なので、生で見ていただく最大の喜びをお渡しできればと思っています」(白井)
「作品は生き物のように変わっていきます。初演、再演を観劇してくださった方も、新しい『No.9』を楽しんでいただけると確信していますので、それをぜひ同じ空間で味わえたらと思います」(末永)
「名曲とともにいろいろな感情を、ご自身の心に照らし合わせて聴いていただけたらと思います」(梅田)

2020年を締めくくる“第九”は、かつてない特別なものになるはずだ。

2020年公演の様子

■インフォメーション

舞台『No.9-不滅の旋律』

公演期間:2020年12月13日(日)〜2021年1月7日(木)
会場:TBS赤坂ACTシアター
料金:S席13,000円、A席10,000円(いずれも税込)
演出:白井晃
出演:稲垣吾郎、剛力彩芽、末永匡(ピアノ)、梅田智也(ピアノ)ほか
曲目:ベートーヴェン/ピアノソナタ第8番『悲愴』、ピアノソナタ第23番『熱情』、ピアノソナタ第32番、交響曲第9番 ほか
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:七海ひろきさん「声優の仕事をするようになって、日常の中の音に耳を傾けるようになりました」

6069views

音楽ライターの眼

『ヤマハのオト〜奏でる匠のオト〜Ⅲ』アルバムレヴュー

1600views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

4811views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

10897views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

8236views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

26432views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

13377views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7404views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14837views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

3683views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3038views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21126views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

6825views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14837views

音楽ライターの眼

連載33[ジャズ事始め]オスカー・ピーターソンを完コピしていた佐藤允彦が本人を前に冷や汗を流して学んだこと

999views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

528views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

7219views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

36589views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12899views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3190views

楽器のあれこれQ&A

目指せ上達!アコースティックギター初心者の練習方法とお悩み解決

47823views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5193views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21126views