Web音遊人(みゅーじん)

連載19[多様性とジャズ]我が名を付けたアルバムの革新性とミンガスのリーダーシップ

もうひとつのエピソードは、アルバム『ミンガス』について。

チャールズ・ミンガスには“ミンガス”という自分の名前が付いているアルバムがいくつかあって(というか、けっこういっぱいリリースしている)、それもまた彼が“活動家”として最前線に身を置いていた(置こうとしていた)証拠にもなるだろう。つまり、自らの名を晒すことによって“抗議行動”としていたという解釈だ。

なかでもズバリ、『ミンガス』というタイトルのアルバムがある。

レコーディングは1960年、参加ミュージシャンは11名で、オリジナル・リリース(1961年)では3曲が収録されている(後のリイシューでは1曲追加)。

テッド・カーソン、ジミー・ネッパー、チャールズ・マクファーソン、エリック・ドルフィー、ブッカー・アーヴィンら“ミンガス・ダイナスティ”おなじみの面々が、ビバップ~ハード・バップで定型化された“アドリブ”の概念を明らかに打ち壊すかのように、与えられた“曲”という“場”のなかで自由気ままに“おしゃべり”を繰り広げているのだ。

リーダーのミンガスはもちろん、演奏が破綻しないようにまとめる必要性は感じているだろうけれど、それが演奏者の“制約”にならないよう、細心の注意を払っていることが伝わってくる。つまり、手綱の引き方が絶妙なのである。

それがあるからこそ、1曲20分近くの大作『MDM』で示したコレクティヴ・インプロヴィゼーションの進化形と言うべきパフォーマンスも、13分におよぶスタンダード・ナンバーの『ストーミー・ウェザー』における“ジグソーパズルのピースをまき散らしていながらそこに描かれる完成形の絵が見え続けている”という異次元的なメンバー間のコラボレーションも、可能にしているのだと思う。

さて、うっかりチャールズ・ミンガスのアルバム『ミンガス』について熱を込めて語ってしまったのだけれど、実はこのアルバムについて語る予定ではなかった。

『ミンガス』というアルバムが別にあって、それはチャールズ・ミンガスの手によるものではないのだけれど、ミンガスにとても関係が深く、しかしミンガスという存在を抜きにしてもジャズ/フュージョンの歴史に名を残すだけの内容の作品だったことについて語ろうと思っていたのだが……。

それは次回。

「多様性とジャズ」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:反田恭平さん「半音進行が使われている曲にハマります」

15740views

音楽ライターの眼

連載5[ジャズ事始め]日本にジャズが芽生えた大正前夜の音楽事情

5931views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

16029views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17878views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19186views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

5884views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13386views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10532views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8255views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

6922views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

7950views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29257views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8868views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21969views

セイント・ヴィンセント

音楽ライターの眼

セイント・ヴィンセントが切り開くギター・ミュージックの明日

173views

トーマス・ルービッツ

オトノ仕事人

アーティストに寄り添い、ともに楽器の開発やカスタマイズを行うスペシャリスト/金管楽器マイスターの仕事

1216views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

9189views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

24216views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

18814views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5097views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

26177views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5896views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9719views