Web音遊人(みゅーじん)

サラマンカホール(Web音遊人)

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

スペインのサラマンカ市との交流にちなんで命名された「サラマンカホール」。正面のパイプオルガンは、岐阜県白川町の辻オルガンによって製作されたスペイン様式とドイツ様式が独創的に組み合わされたオルガンだ。地元の工房で、昔ながらの建造法にこだわって造られたパイプオルガンを持つ、全国でも珍しいホールを訪ねた。

交流のきっかけはパイプオルガンだった。旧市街全体が世界遺産に登録されているサラマンカ市。そこの大聖堂にあった16世紀に造られ傷みの激しかったパイプオルガンを、岐阜県白川町に工房を構えるオルガン建造家の辻宏氏が修復し、それを岐阜県などが協力したことから始まった。大聖堂にあった パイプオルガンの特徴を取り入れて造られたサラマンカホールのパイプオルガンは、まさに友好の証。その響きは荘厳そのもので、ルネッサンス調のデザインで統一されたシューボックス型のホール全体が大きな楽器となって、まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれる。オルガンコンサートなどを通じて 岐阜県民に愛される存在となっている。

サラマンカホール(Web音遊人)

サラマンカホールのシンボルとなっている完全なスペイン様式のパイプオルガン(天使像が立つ前面部分、後方はドイツ様式) は、辻宏氏によって新たに構想されたもの

内装に楢材を多く使用し、木のぬくもりと重厚感にあふれるサラマンカホールは1994年のオープン。壁、天井、床などはすべて、直接音と反射音の絶妙なバランスによって繊細な響きを生み出すよう設計され、芯のある柔らかい音が聴く人を包み込む。演奏家の間で「演奏しがいのあるホール」という評判が定着し、CDレコーディングでもすでに50タイトル以上が録音されている。
また岐阜県では合唱が盛んで、多くの合唱団体をはじめ、県内の学校の合唱祭などにも利用され、より幅広い層にホールの響きを体感してもらう絶好の機会となっている。アマチュアにとっても「サマランカホールで演奏したい」という、ひとつの目標になっているのだ。

サラマンカホール(Web音遊人)

(写真左)「岐阜提灯」をイメージして、照明デザイナーの石井幹子氏によってデザインされたシャンデリア
(写真右)ホールホワイエにある3体の石造りのレリーフ。サラマンカ市近郊で産出される石を使い、8人の職人が3年をかけて彫り上げた。どこかに1匹だけ、見つけると幸運に恵まれるというカエルが彫られている

企画面でもサラマンカホールならではの取り組みが目白押し。ひとつは育成プログラムである「サラマンカ少年少女合唱団」の創設だ。地域の子どもたち と音楽の輪を作ろうというもので、公募によって集まった県内の小中高生60人によって2013年に結成された。合唱団としての定期演奏会はもちろん、同ホールで 行なわれる主催公演にも出演する。
ほかに、オーディションで選ばれたメンバーによる「レジデントカルテット」の活動や、フルート奏者・ 工藤重典氏が音楽監督を務め、トッププレイヤーを招いて公開レッスンやコンサートを行なう「夏の特別プロジェクト」など、ホールの響きや特性を活かした要注目の企画が並ぶ。

ホールがあることで人が育ち、長い年月をかけて音楽文化が熟成していく。その発信地となっているサラマンカホール。クラシック音楽に馴染みがない人にもお勧めのパイプオルガンのコンサートはお聴き逃しなく。

■サラマンカホール

所在地:岐阜県岐阜市薮田南5-14-53
TEL:058-277-1113
ホール形式:シューボックス形式
席数:708席

オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

6293views

AKIRA’S Special Live Vol.4

音楽ライターの眼

井上鑑、岡沢章、神保彰。3人のAKIRAとの躍動感あふれる70分/AKIRA’S Special Live Vol.4

2473views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

8435views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

50338views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

4501views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

5246views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7060views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

4989views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13343views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

5868views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2797views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14048views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

2956views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6849views

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.6|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

3509views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

5540views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

3655views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

4710views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

12767views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2858views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

32897views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2605views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14048views