Web音遊人(みゅーじん)

美しい音を生み出すための身体の使い方、筋肉の鍛え方──科学的根拠に基づいた黒河メソッドの流儀

『ピアノを弾くからだ』『さぷりキッズ』シリーズなど、科学的根拠に基づいた画期的な教材が話題を呼び、全国各地でセミナーを展開している黒河好子さん
ヤマハのディスクラビア(自動演奏機能付きピアノ)を活用し、国内外のコンクールで優勝、入賞を果たす優れたピアニストを生み出している「黒河メソッド」の秘密に迫った。

自分の演奏を聴きたい!その想いを叶えてくれたヤマハの自動演奏ピアノ

札幌を拠点にコンサート活動を繰り広げていた黒河好子さんは、自分の演奏を客席で聴きたいという強い願望を持っていた。そんなときに出会ったのがヤマハの自動演奏ピアノ「ピアノプレーヤ」 。

「自分の演奏が客席にどのように届いているか、ピアニシモがきれいに聴こえているか、フォルテの音が割れていないか、音色などもチェックしたいと思い続け、プロの録音機材などを購入して聴いていましたが、何か違う。1982年に『ピアノプレーヤ』が発売され、すぐに導入しました」

北海道で初めてヤマハのコンサートグランドピアノCFをレッスン室に入れ、さらにS400Bに自動演奏機能を付けた黒河さん。

「家具調度やライフスタイルはいたって質素ですが、とにかくピアノにはお金をかけてきました。S400Bに自動演奏機能を付けたときは、玩具を?道楽?などと言われました(笑)。それでも、私は自分の演奏を生の音で聴きたかったのです。そのおかげで多くのことを学びました。それが私のメソッドの基礎になっています」

自分自身の演奏のためにも、生徒のためにも、役立つものは何でも取り入れようと、自動演奏機能付きピアノを何度も買い替え、レッスンに活用してきた。

「演奏を録音してテンポを50パーセント落として聴くと、自分の演奏の欠陥がよくわかるんです。私の奏法や理論は、すべてヤマハの自動演奏機能に教えてもらいました。生徒たちにも、自分の演奏を客観的に聴くために付けるよう勧めています。とにかく耳がよくなり、テクニックや音楽性が大きく伸びます」

美しい音色と響きを生み出す「黒河メソッド」の秘密

海外の巨匠たちのレッスンを受けて、音色への意識が変わったと語る黒河さん。それを感覚ではなく、奏法として確立しようと研究を続けてきた。

「“こうすればこういう音が出る”ということを、指導者はしっかりと理解して生徒に伝えなければいけません。イメージ通りの音を出すためには“打鍵”だけでなく、“離鍵”への意識がとても重要。タッチ、打鍵のスピード、離鍵のスピード、ペダリングの違いで、音色は変化します。それを自動演奏ピアノの鍵盤やペダルの動き見ながら耳で確かめ、美しい音色と響きを生み出すための身体の使い方、筋肉の鍛え方を徹底的に考えました」

最先端の科学技術を使って成績を向上させるのは、スポーツの世界では今や常識となっているが、ピアノも同じ。合理的な練習によって時間を有効に使い、人間的な成長とのバランスを取りながら上達させるのが「黒河メソッド」だと語る。

「多くの曲を弾くために時間をかけるのはいいけれど、コンクールのために10分の曲を1日5時間も6時間も練習するのはどうかなと思います。私は小さい子には、とにかくバッハ、そしてハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの古典作品を与え、独自のメソッドで手指の筋肉を鍛え、小学5年生くらいからは、近現代作品を積極的に学ばせています。ラヴェル、プロコフィエフ、ラフマニノフなどを弾くと、初見力、さまざまな種類のテクニック、音色への感性が育ちます」

ディスクラビア エンスパイアを使い、札幌・東京・大阪をつないだリモートセミナーを開催

2020年10月、自動演奏機能付きピアノ「ディスクラビア エンスパイア」を使い、札幌・東京・大阪をつないだリモートセミナーが開催された。これは、札幌の黒河さんが東京と大阪の生徒に遠隔レッスンをするという試みで、各会場にある「ディスクラビア エンスパイア」の鍵盤やペダルが同時に動くことで、細やかなニュアンスを伝える演奏のやりとりが繰り広げられた。

「私が演奏を交えながら、打鍵、離鍵のタイミング、フレージング、ペダリングなどをアドバイスすると、各会場の生徒たちの演奏がみるみる変わっていき、セミナーに参加したピアノ指導者の方たちが驚いていました」

ペダリングの指導では、黒河さんがペダルを踏み、生徒たちがペダルに足を乗せて直にそれを感じ取っていた。

「ヤマハの自動演奏機能付きピアノは6台購入していますが、『ディスクラビア エンスパイア』は、遂にここまで来たか!というくらい打鍵、離鍵、ペダルの反応が繊細で、遠隔レッスンでも、伝えたいことを充分に伝えることができました」

札幌と東京のピアニストによるリモート連弾の試みも披露され、コロナ禍の中、ディスクラビアを使ったレッスン、アンサンブル、コンクールなど、さまざまな可能性を感じさせるセミナーとなった。

■Disklavier™(ディスクラビア)

自動演奏ピアノを越えたエンターテイメントピアノ
詳細はこちら

特集

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

4976views

スパークス

音楽ライターの眼

ベテランなのに鮮度の高いロック・バンド、スパークスの魅力に迫る

3951views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

9814views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

6469views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

6281views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

7897views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7865views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

6808views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4862views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

7591views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

3752views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5622views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

6840views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8059views

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

音楽ライターの眼

ジャズが“距離感”を重視すべき音楽であることを考えさせたあるデュオのトラウマ

2454views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3650views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

4983views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

20587views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

12661views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

3528views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

26766views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2994views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19480views